Search

謎解きのスペシャリストも「やられました!(笑)」と大絶賛!坂口健太郎&永野芽郁、映画『仮面病棟』公開記念スペシャルイベントで手ごたえを語る



2020年3月6日(金)に映画『仮面病棟』が全国公開されるのを記念して、1月16日(木)に「映画『仮面病棟』公開記念スペシャルイベント」が開催され、主演の坂口健太郎と、共演の永野芽郁、そして原作者であり脚本も手掛ける現役医師作家の知念実希人が登壇した。

本作は、シリーズ累計発行部数100万部を突破し、ポスト東野圭吾と注目される現役医師・知念実希人が描く傑作ベストセラーミステリー『仮面病棟』の実写映画。

人気急上昇中のミステリー作家自ら脚本に参加し、主演には映画単独初主演作となる坂口健太郎、ヒロインに自身初のミステリー映画に挑む永野芽郁を迎え、いま最も旬なふたりが抜群のコンビネーションを見せる。そして内田理央、江口のりこ、大谷亮平、高嶋政伸ら実力派キャストが集結し、病院の謎をより一層深める。監督は「99.9–刑事専門弁護士-」の木村ひさし。疾走感を奏でる主題歌には、UVERworldが本作のために書き下ろした楽曲「AS ONE」。病院の仮面の下に隠された≪衝撃の真実≫とは!?全ての謎を解くまでこの病院からは、決して逃れられない、究極のノンストップ脱出ミステリー!

坂口「とてもスリルだったりスピード感ある面白い映画になりそうです」

イベントでは、<謎>のベールに包まれた本作の緊迫の撮影模様や、劇中で描かれる衝撃の<謎>の数々をメイキング映像と共に初公開。UVERworldが書き下ろした疾走感溢れる主題歌と相まって、期待度がさらにさらに高まる映像をお披露目し、主人公・速水秀悟役の坂口は「とてもスリルだったりスピード感ある面白い映画になりそうです」と自信をみせた。



本作は、原作者である知念が脚本も担当。はじめて脚本を読んだ時の印象を坂口は「本当に面白くてあっという間でした。ただ、これを生身の人間が表現するとなると、どこまでできるか大変だろうなとも思いましたけど、永野さんとご一緒できるというのもあってすごく楽しみになりました」と述懐。そしてヒロイン・川崎瞳役を演じた永野は「原作とは違うシーンもあるんですが、その違いも含めて原作も映画もどちらも面白いので、いままでミステリーにふれる機会ってなかったんですけど、ミステリーって面白いな!って思いました」と本作で初となったミステリー映画出演を喜んだ。自身の小説が映画化されたことについて知念は「映画化されてすごく嬉しかったです。内容を膨らませてといったことは監督とか役者さんの肉付けにおまかせして、僕はミステリーとしての骨格や伏線、トリックとかそういうのを映画に入れさせていただきました」と脚本作成時を振り返った。



そして本作が初の映画単独主演となった坂口は「実際いままでとやっていることはあまり変わらないのですけど・・・」と座長として挑んだ本作について謙遜するも、すかさず永野が「すごい素敵でした!いっつもおだやかで、作品の内容的にはちょっとピリつくところとかも多いだろうなと思っていたんですけど、坂口さんがおだやかで『みんなで作品を作ろう!』という感じでいらしてくださったので、すごく楽しかったです!」と絶賛。知念も「医療器具の持ち方ひとつひとつとか全ての手順が本当にしっかりしていて、本当のお医者さんのようでした」とさらにべた褒め。これには坂口も思わず照れ笑いを浮かべながら「ありがとうございます」と回答。

永野「気づいたら私生活でも脇腹を抑えていて・・・(笑)」



また、撮影中について坂口は「僕は(永野扮する)瞳と謎を解き明かしていく芝居をしながら、『ここでこうなってくるんだ!』と、演じながら気づいて面白いなあと思いました」とコメント。ピエロの仮面をかぶった謎の凶悪犯に撃たれて負傷し、病院に閉じ込められ、速水と共に<謎>を解き明かしながら脱出を試みる女子大生・瞳役を演じた永野は「いろんなところに謎が散りばめられてるので、頭で考えてお芝居をすることも多かったんですけど、一番大変だったのは最初から銃で撃たれた状態だったので、最初から最後まで脇腹を押さえている体勢だったのが大変でした。気づいたら私生活でも脇腹を抑えていて・・・(笑)」と役柄ならではの苦労を語った。そんな永野にとって本作は20代になってはじめての映画出演作。昨年のクランクイン前日にハタチの誕生日を迎え、クランクイン当日には現場でお祝いもされたが、「ハタチだし背筋をのばして坂口さんに寄り添っていければなと思ってのぞみました」と当時の意気込みを振り返り、前作から約5年ぶりとなった永野との共演に坂口は「感慨深いですね。共演したいと思ってましたし前作とはまたぜんぜん違う役なので楽しくやれました」と答えた。



完成が待ち遠しい本作での「注目してほしいポイント」について、坂口は「やっぱり謎解きはとっても面白いと思います。お芝居をしながらもあらためて驚いたところもあって、『これはおもしろくなるな!』と思いましたし、気づいていなかったことが最後に効いてくるところもありますし、一度見ていただいてからまた見ていただくとさらに楽しめるところもあります」とコメント。永野は「謎解きじゃないとすれば私です!(笑)ほんとに頑張りました!いままでも頑張ってましたけどほんとに頑張りました!」と強調。さらに「撮影中にずっと悪夢を見ていました。撃たれた夢とか・・・それを毎日坂口さんに言うのが日課でした(笑)」と答え会場の爆笑を誘う。知念は「最初の1秒から最後の瞬間まで謎が散りばめられていて、瞬き禁止の作品になってますのでそれをぜひ楽しんでほしいです!」とそれぞれ自信たっぷりに注目ポイントをあげた。

また、公式SNSに届いたファンからの「実際に(ピエロに)突然病院に閉じ込められてしまったらどうしますか?」という質問について、坂口は「倒す!隙をついて」と倒すことを強調したが、一方永野は「私は動かない。そこにいろと言われたらそこにいる。でもご飯とかは欲しいからそういうときに許してもらえるように良い子にしておきます(笑)」と回答。知念は「僕は一番最初に殺されそうですよね・・・笑」とオチをつけて笑わせた。

謎解き問題に挑戦!すぐに回答がわかった坂口と知念がニンマリ笑顔



続いて、本作の“ノンストップ脱出ミステリー”にちなみ、謎解きのスペシャリストとして知られる松丸亮吾を特別イベントゲストとして迎えてのトークパートに。脚本を読んでの感想を求められると松丸は「登場人物とその後の展開、この後なにが起こるんだろう!とあっという間に読んでしまいました。ここにお二人の演技が加わると思うとほんとに楽しみです!」と興奮気味に回答。謎解きのスペシャリストながら本作の結末については「僕でも全然外れました(笑)。おかしいなと思っていたところが最後全部つながるのですごい」と大絶賛!そんな松丸も大絶賛する謎解きの面白さと驚きの展開が描かれる本作について坂口は「演じている側としてはしてやったりじゃないですけど嬉しいですね。心強いです」と笑みを見せる。



そしてここで「さんざんしてやられたので仕返しじゃないですけど」と前置きしながら松丸から、本作にちなんだオリジナルの謎解き問題が出される。意味深な絵とテキストを見ながら、坂口を中心に謎を紐解いていく3人。すぐに回答がわかった様子で坂口と知念がニンマリ笑顔を見せると永野は「え、え!?」と困惑し、ヒントをもらいながら「すごーい!すっきり!!」と無事回答にたどりつくと場内は拍手に包まれた。



最後にキャストの二人からの挨拶。まずは永野から「予告とかを見ると怖いのかなと思われる方たもいらっしゃると思うんですけど、ホラーというより謎を解く爽快感や人間ドラマもあります。お友達とかと盛り上がって一緒に見ていただけると嬉しいです」とコメント。そして坂口は「とってもスピード感があってハラハラドキドキしてもらえると思えます。一緒に僕が演じた速水と謎を解いていきながら見ていただくと良いかなと思いますし、一回見てから伏線の部分を『こうなっていたのか!』とかして見るのも面白いと思います。3月6日どうぞよろしくお願いします!」と映画をアピールしてイベントを終えた。

■詳細
<ストーリー>
その日、病院は仮面の凶悪犯に占拠された。閉じ込められたのは、一夜限りの当直医の速水と凶悪犯に撃たれた女子大生の瞳。密室と化した病院から脱出を試みる2人は、次々と不可解な異変に遭遇する。この病院には、何かある――。病院≪なぞ≫の仮面に隠された<衝撃の真実>とは!?謎を解くまで逃れられない、究極のノンストップ脱出ミステリー!

【映画『仮面病棟』】
3月6日(金)全国ロードショー
出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平 / 高嶋政伸
原作:知念実希人『仮面病棟』(実業之日本社文庫)
主題歌:UVERworld 「AS ONE」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:木村ひさし
脚本:知念実希人、木村ひさし
脚本協力:小山正太、江良至
音楽:やまだ豊

©知念実希人/実業之日本社 ©2020 映画「仮面病棟」製作委員会

新着ニュース

Present

more