Search

これがゲンジブのライブなんだって確立させて、秋ツアーを迎えたい。-原因は自分にある。インタビュー<後編>



自身最大規模となる福岡、東京、札幌、名古屋、大阪の5都市をまわる秋ツアー『げんじぶ空間:case.4』の開催が決定!2022年も止まらぬ勢いで飛躍し続ける、【原因は自分にある。】が昨年1月の初登場から約15ヶ月ぶりに、Emo!miuにカムバック!

今回は、3月から立て続けに新曲3曲を配信リリースしている彼らの単独インタビューを前編・後編でお届けします。

インタビュー後編では、メンバーと同世代だという十代天才マルチアーティスト“izki”が手がけた新曲「キミヲナクシテ」の推しポイントや、現在開催中の東名阪春ツアー『げんじぶ空間:case.3』の見所、今春の目標について、さらにげんじぶで一番エモいメンバーは?といった恒例のEmoトークにも答えていただきました!

インタビューカットは新衣装で撮影。神秘的な雰囲気を纏ったエモいインタビューカットと合わせて、魅力たっぷりにお届けします。



等身大の僕たちが一番表れている楽曲。「キミヲナクシテ」

■4月リリースの「キミヲナクシテ」はどんな曲に仕上がっていますか?

長野凌大 今回配信リリースされる3曲の中で一番、今までのゲンジブらしいサウンド感と、読むだけで苦しくなってしまうくらい切ない歌詞が魅力の曲になっています。

今回曲を作ってくださったizkiさんは、僕と要人と同じ年齢なんですけど、ご自身で作詞作曲を全部やられているんですよ。楽曲を通して、沢山のいい刺激をもらえましたし、同世代の方が作った楽曲ということで、等身大の僕たちが一番表れている曲になったんじゃないかなと思います。それを聴き手の皆さんにも感じていただければ嬉しいです。

■ちなみにizkiさんと直接お話する機会はありましたか?

ゲンジブ してないんですよ。

杢代和人 お会いしてないんですよ。

長野 めちゃくちゃ会いたいです。制作陣としてゲンジブに入ってほしいくらい(笑)。

本当に年下なの!?って思いました。



■この楽曲を通して刺激をもらえたとのことだったんですが、曲を聴いた時、どんな印象を持ちましたか?また、年齢が近いがゆえによかったことはありますか?

杢代 デモを聴いた時に、結構年上の方が作っていると思っちゃたんですよ。

長野 同世代とはまず思わなかったよね。

杢代 うん。まず同世代の方だとは思えなかったです。良かったことでいうと、年齢関係なく、とにかく本当にいい曲を作ってくださって、ありがとうございます!につきるというか(笑)。

大倉空人 歌詞が大人っぽいもんね。

杢代 初めて曲を聴いた時、長年曲を作ってこられている方が描いてくださったと思ったので、同世代だと聞いて本当にびっくりしましたし、凄い才能と感性を持っている方なんだなって思いましたね。

■その衝撃は大きいですよね。

小泉光咲 僕らじゃできない。

武藤潤 凄いよ。

小泉 本当に凄い。僕らはまだまだです・・・。(小声)

■声がどんどん小さくなっていく・・・。

長野 弱気すぎる(笑)。

ゲンジブ (笑)。

小泉 もう圧倒されて。

大倉 凄いよね。

小泉 俺らにはなんもない。

ゲンジブ (笑)。

大倉 でも本当に凄いよね。曲調と歌詞が真逆というか。アップテンポなのに悲しい曲というか。

ポップながらも、悲しい世界観がこの「キミヲナクシテ」にはあって、そこが本当に凄いなって。曲調に引っ張られない歌詞の書き方というか。本当に年下なの!?って思いました。

小泉 僕らには真似できない。

長野 全部ネガティブな方向に持っていかないで(笑)。

ゲンジブ (笑)。

心に沁みる歌詞。+アクセントを意識。



■ちなみにご自身が歌われているところでレコーディング時に意識した点や、特にココを聴いてほしい!というポイントを教えていただきたいです。

武藤 僕は、「⾄って平然の様で 何度もそれに縋っては悔いた 本当は分かっていたんだ」ですね。この一文はメロディーに合わせて歌わずとも、読むだけで、あーこの人後悔しているんだねって思うんですよね。

ゲンジブ (笑)。

武藤 歌というより、セリフというか。聴き手の心に沁みるんじゃないかなって思いました。

■武藤くんのお話を先程から聞いていると、歌詞に感情移入するタイプの方なんですね。

杢代 こういう話の時、目がきりっとしますよね。

武藤 そうですねー。

ゲンジブ (笑)。

武藤 あれ、何の話でしたっけ?

ゲンジブ (笑)。

大倉 僕は「⾎⾊の悪い⽇常に ⾹る コーヒーの 苦さも」の“苦さ”の“が”にちょっとアクセントをつけることを意識しました。それで苦い感を表現できたらなと。ここは仮歌さんもアクセントを入れていて、自分の中でも取り入れたいなと思っていたので、参考にさせていただきました。あとは、“嫌味”の頭の“い”の発音も意識しましたね。

小泉 僕は、2サビの「⽬が覚めた時にはもどっていてよ」を歌う時に、1回1回止めてハッキリ歌いました。音がハッキリしているからこそ、歌う時もハッキリ。一音一音にアクセントをつける意識で、区切って歌いました。僕の中では、この曲はアクセントが大切な曲だなって思うので。

楽曲の最初と最後は長野。-めちゃくちゃ緊張するじゃん(笑)。



(話そうとする吉澤くん)

長野 僕はラスサビの。あ、ごめんなさい(笑)。

吉澤要人 いいよいいよ(笑)。

長野 僕は、ラスサビの「崩れ落ちた この思いも 未来も 本当はどうでも良かった 君のあの⾔葉の意味がもう分かるから」が特にこだわった部分なんですけど、ここは大サビなので、とにかく感情爆発じゃないですけど、楽曲の中で溜めていたものを大放出するイメージで歌いました。

あと、普段はどちらかというと出だしを歌うことが多いんですけど、今回は楽曲の最後を歌うので、曲がしっかり締まるように意識して歌いました。最後は僕だけの声になるので、ライブは緊張すると思うんですけど(笑)。

武藤 この曲は、最初と最後が凌大なんですよ。

長野 そうだ!今回は最初と最後なのか!じゃあ、めちゃくちゃ緊張するじゃん(笑)。

ゲンジブ (笑)。

杢代 頑張れ。

長野 しっかり始まってしっかり終われるように、頑張りました。ライブも頑張ります!(笑)。

(また吉澤くんが話そうとしたタイミングで。)

杢代 僕は、、、

ゲンジブ (笑)。

吉澤 あ、いいよ、いいよ(笑)。

杢代 僕は、「終わらない命に永遠の愛を かけた⽣活は さぞかし美味しいだろ」の後半の間奏明けのところを歌っているんですけど、雰囲気を掴みつつ上手く歌えたかなって思います。

「さぞかし美味しいだろ」の次が光咲なんですけど、ここでパスしていく感じ、繋いでいく感じも上手くできたと思うので、そこは特に聴いてほしいのと、単純にここの歌詞の言葉遣いが凄く好きですね。

今までのゲンジブの曲で一番努力しました。



桜木雅哉 僕は、ラスサビです。「今⽇も変わらずにここにある いつかは朽ちていく 僕の⾝体を無視して笑う(っている)」を歌っているんですけど、今までのゲンジブの曲の中で一番努力しました。

大倉 そうだったんだ!

桜木 普段も努力はしてるんですけど、一番力を入れたというか。最初の歌割りの時に“雅哉or凌大or潤”って書いてあったんですよ。

長野 そうだ。どの声が合うかなみたいなね。

桜木 そうそう。それが僕からしたらもう挑戦状にしか思えなくて。凄い挑戦状を出されてるなって。なら挑むしかないと思って、めちゃめちゃ練習しました。なので、ぜひ、意識して聴いていただきたいです。

■今までで一番ということは、思い入れも強いですよね。

桜木 はい!本当に、一番頑張りました。

■これは集中して聴かないとですね。



杢代 では次の話題にいきましょうか。

ゲンジブ (笑)。

吉澤 俺3回いこうとしていけなかったから(笑)。

ゲンジブ (笑)。

吉澤 僕は「そうやって世界から朦朧と消えていく様に ⽬を閉じる」のところを歌っているんですけど、ここは仮歌さんが縦に凄く刻んで歌っていて、“消えていく”だけは急にリズムが縦じゃなくなってサーッて流れていくような歌い方をしていたので、歌詞とリンクするようにまさに“消えていく”の表現の方法なのかなと思って、そこは仮歌に合わせました。

■歌詞と歌い方が連動しているような。

吉澤 はい。そうなのかなって思って。

アバターと僕たちで、虚像と実像=ニ次元と三次元として、一緒にライブをする



■曲を引っ提げての、春ツアーの見所を言える範囲で教えていただきたいです。

ゲンジブ あれでしょ。

武藤 あれだね。虚像と実像の延長線上な感じで。

ゲンジブ ・・・(笑)。

長野 (笑)。僕たちは二次元と三次元の狭間に存在するというコンセプトのグループとして、今回もモーションキャプチャーと言って、全身タイツみたいなものを着て、アバターみたいなものを作ったんですけど、そのアバターと僕たちで、虚像と実像=ニ次元と三次元として、一緒にライブする予定です。僕たちがステージに立っていない時もそのニ次元の僕たちが踊っていたり、さらに僕たちらしい、僕たちにしかできないような表現方法をわかりやすい形で導入していきます。また新しい【原因は自分にある。】を見させられるかもしれません。



■タイツを着て、実際に踊ってそれをデータ化するってことですよね。

ゲンジブ そうです。

長野 色々つけてね。

武藤 恥ずかしかったねー(笑)。

とにかく、恥ずかしかったです(笑)。メンバーだけじゃなくてスタッフさんにも笑われて(笑)。



■皆さんにとっても新鮮な体験ですよね。

小泉 恥ずかしかったです(笑)。

長野 ピチピチの全身タイツですからね(笑)。

大倉 俺はかっこよかったでしょ。

ゲンジブ 似合ってた(笑)。

長野 要人はめっちゃ面白かった(笑)。

杢代 要人だけ面白かったねー(笑)。



■それはなんで?

長野 要人だけ違ったよね(笑)。

吉澤 みんな専用の黒い帽子だったんですけど、僕だけラグビーの帽子にヘッドギアがついているみたいなデザインで。

ゲンジブ (笑)。

長野 要人だけスーツも違くて、一人だけ『スパイダーマン』みたいだった(笑)。

杢代 なんか網目が多かったもんね(笑)。

ゲンジブ (笑)。

長野 真っ赤でね(笑)。



■身長高いから、高身長用のデザインがそれだったのかもですね。

ゲンジブ あー!

吉澤 とにかく、恥ずかしかったです(笑)。何がって、メンバーだけじゃなくてスタッフさんにも笑われて(笑)。

長野 スタッフさんが一番笑ってたよ(笑)。

■そんな苦労があったとは(笑)。

大倉 どの曲でどう使われるのか。

長野 そうだね(笑)。俺らもまだわかんないので楽しみにしていただければと思います。

2022年は僕たちの顔を見てもらえるような露出も増やしていく



杢代 あと見所でいうと、新しい技術を取り入れながら今回も結構ノンストップでライブが続いていくところですかね。あとは皆さんが大好きなお顔がより見えるライブになっていると思います。

大倉 うん!

杢代 7カメを入れて、モニターで映すので、距離感はこの前のライブよりは近い感じですね。

■楽しいですね。

杢代 みんなの表情も楽しめると思いますし、+アバターもいますし、ゲンジブっぽさを残しつつ、ちょっと2022年は僕たちの顔を見てもらえるような露出も増やしていくと思いますし、このライブを見ていただければ伝わってくると思います。

■ゲンジブのいいところも残しつつ、新しい姿に見えるってとてもおいしいですね。

杢代 めちゃくちゃおいしいです!

■ライブで初お披露目となる衣装についてもお聞きしたいんですが、爽やかでまた今までにない雰囲気ですよね。

杢代 本当に爽やかですよね。

いつもはゲンジブといったら、ジャケットを羽織ったり、ミステリアスな雰囲気の衣装だったんですけど、今回は凄く爽やかで、顔を見せる感じの衣装になっていますね。

■ちなみに、新衣装を始めてみた時どんな印象をもちましたか?

杢代 めちゃくちゃ良かったです。やっぱり各々が凄くいい顔立ちをしているので。

ゲンジブ (笑)。

杢代 それを凄く活かしてくれる衣装だなって。シンプルなんだけど単純なデザインではないですし、凄く爽やかで、春らしくて、楽曲の雰囲気にも合っているので、この衣装でこの配信シングル出したらより盛り上がるんじゃないかなと思いました。

「青、その他」「結末は次のトラフィックライト」のジャケットもイラストではなく、結構寄りの写真で、顔!って感じなので、それもまた新しいなって。だからこの衣装は、今年はさらに僕たちの顔を出していきます!っていう決意の表れでもあるのかなって思いますね。

ゲンジブのEmoメンは?



■メンバーの中で一番エモいと思うメンバーは?

杢代 エモメンバー。

大倉 むずいな。

杢代 エモ担当でしょー。

■エモいって言葉は、人それぞれ捉え方も違いますもんね。

大倉 俺は、写真写りでいうと和人はエモいなと思います。

ゲンジブ おー。

吉澤 確かに。

大倉 綺麗というか、僕、和人の鼻と目が好きで。



小泉 写真のエモいなら要人かもしれない。

杢代 俺は光咲。

小泉 え!?

ゲンジブ (笑)。

武藤 俺も光咲だわ。

小泉 え!?らしいです。

大倉 写真のエモいはそうですね。

■桜木くんは?

桜木 いやー場合によってなんですけど、どっちかですかね。

大倉 和人か要人?

桜木 和人か要人かな。写真によりますね。いやでも、要人かなー。

杢代 あー落選しちゃった。

ゲンジブ (笑)。

僕はエモ人間らしいです(笑)。



■ちなみに内面でいうと?

ゲンジブ 内面のエモさ!?

大倉 ロマンチックとかじゃないけど、俺は要人だと思っていて。まず景色を撮るのが好きっていうのがエモいなって。凌大もそうなんですけど、景色を撮りに街に出る、その行動自体がエモいなって、綺麗だなって思います。青春を感じるというか。綺麗なものを自分の写真で残したいっていう気持ちがエモいんじゃないかなって。

杢代 エモいよなー。

大倉 多分そういう想いと一緒に撮った写真も絶対にエモいですし、内面のエモさならこの2人なんじゃないかなって思います。

吉澤 僕も凌大ですね。もう曲の好みがめちゃくちゃエモいですね。

武藤 それは要人もだよ。俺も同じ理由で要人だと思う。

ゲンジブ 確かに。

吉澤 凌大が勧めてくれる曲は大体エモいんですよ。



■写真に音楽まで!

長野 僕はエモ人間らしいです(笑)。

ゲンジブ (笑)。

杢代 エモいってなんだろう。改めて考えると難しいね。

大倉 エモいってザラザラな画のイメージしかないんだよね。青春の一枚をちょっとザラつかせた感じというか。

杢代 この中だったら僕、凌大かもしれないですよね。なんとなく。

長野 なんでやねん(笑)。理由はあるでしょ(笑)。

杢代 理由はやっぱりこの中だったら趣味っていうか沢山色んなことをしてるなって思うので。

好きなことが多いんですけど、その全部をちゃんと突き詰めていて、ミーハーじゃないんですよ。そういうところに、エモミューを感じますね。

ゲンジブ (笑)。



長野 俺は要人ですかね。なんか近いものを感じます。

吉澤 同い年だもんね。

長野 うん。自分と同い年っていうのもあるし、好きなものが近いっていうのもあるし、静かだからかな。雰囲気が。あと、背がデカいし。

ゲンジブ (笑)。

杢代 いや最後余計やろ(笑)。

大倉 いきなりネタに入ってびっくりした(笑)。

長野 うん。見た目もありますかね。あとは潤くんもあるかもしれない。

杢代 えー!

長野 エモいかどうかはよくわからいんですけど、ただ、まっすぐだから。

ゲンジブは全員エモい!?



■先ほどのざらつきじゃないけど、懐かしい写真や情景をエモいと思う人もいれば、エモーショナルの言葉から感情的なという意味でとらえる方もいるので、それもエモいでもいいかもしれませんね。

長野 そう考えると、潤くんはエモいかな。まっすぐだし繊細というか。

ゲンジブ 確かに。

長野 意外とね。凄く色んなことに感情を動かされるから、いい意味で。

■お話していても、ピュアさが出ていますもんね。

杢代 ピュアなんですよー。

長野 生き様がエモい。

武藤 そっかー。俺はそうなのか。

ゲンジブ (笑)。

杢代 以外とバレてるんだよ。

武藤 ピュアだね。

杢代 ピュアって意外とバレてるんだよ。

(また水を飲み始める武藤くん)

長野 もう水なくなるんじゃない?(笑)

ゲンジブ (笑)。

長野 なんで潤くんが水を飲む瞬間をみんなで見てるの?(笑)

小泉 いいじゃん!(笑)



■もうメンバーさんはほぼほぼエモいってことですね。

長野 もう全員でいいんじゃない?(笑)

■桜木くんは貫禄があるし。

ゲンジブ (笑)。

杢代 そこはもう大御所ですから。

大倉 大御所だね。

■パフォーマンスを見ると、大倉くんも感情面でいうとエモーショナルな人ですよね。

大倉 いやいやいいんですよ、僕は(笑)。

長野 確かに感情とかで話しますし、性格もまっすぐだよね。

杢代 ナイスエモミューて感じですよね。

ゲンジブ (笑)。

これがゲンジブのライブなんだって確立させて、秋ツアーを迎えられたら。



■最後に、ゲンジブとしての今春の目標を教えてください。

大倉 俺の考え言っていい?

ゲンジブ いいよ!

大倉 春ツアーをどうするかっていうのはまだみんなで話し合っていないので、これは僕の考えなんだけど、ライブをもっと固定させる。っていうのを春の目標にしたいって思っていて。まだ言うて、3回しかやってないじゃん。『ゲンジブ空間case:3』だから。

ゲンジブ そうだね。

大倉 ゲンジブのライブ1回目どういうライブにするべきかっていうのは話し合いと、実際にやってみてわかったんですけど、わかってからのライブはまだ2回しかやってないんですよ。

仮に1回目だけ来てくださったお客さんには、まだゲンジブのライブがどういうものなのか、完成形を見せられていない様な気がしていて。

ゲンジブのライブはこういうライブだよねって、まだ確立できてないのかなって。俺たちがじゃなくて、見届けてくれる観測者の皆さんにちゃんと届けられてないんじゃないかなって。だからこそ、この春ツアーを通して、これがゲンジブのライブなんだって確立させて、秋ツアーを迎えられたらなと。
新しいことをどんどん取り入れつつも、曲のチェンジの仕方、7人の雰囲気の変え方、ダンスの踊り方、そういうのをもっと確立させればもっといいライブになると思っています。これが僕の春ツアーの目標でもありますし、今春の目標でもあります。

ゲンジブ 同意です。

■今春が勝負という想い。春ツアーにかける想いや熱量が伝わってきました。

大倉 これがゲンジブだよっていう曲は沢山あるんですけどね。

■ライブとしてってことですよね。

大倉 はい。

杢代 この春の目標かー。バズったらいいですよね。

長野 そうだね(笑)。

杢代 ビジュアルもちょっとずつ出したところですし、徐々にですけどちょっと見せ方も変えつつ、いい意味で、音楽だけじゃないよっていう。新しいことをやっているグループだって認識してもらえたらいいなって。ゲンジブは、夢あるグループだと思っているので、それが世間にも伝わってくれると、いいですね。なので、切にバズりたいですね。

大倉 映画のタイトルみたいだね(笑)。

■ありがとうございました!



★原因は自分にある。サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\原因は自分にある。インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

をEmo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2022年5月1日(日)


<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方から応募すると当選確率UP!!


[Twitter応募方法]
① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼント投稿をRTする。※後日投稿!

③ インタビュー投稿をRTで当選確率UP!



[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。






ーPROFILEー
原因は自分にある。
2019年7月7日のデビューから1ヶ月、「BATTLE STREET」から一新し、「原因は自分にある。」という新たなユニット名に変貌を遂げた、スターダストの新たなユニット!

「ある物事や、ある状態・変化を引き起こすもとになること。」という意味を持つ“原因”という言葉を肯定的に捉え、この名前の響きのように、インパクトを与え続ける前衛的なユニットとして躍進し、新時代のエンターテインメントを生み出している。
[HP] https://genjibu.jp/
[Twitter] @gnjb_music
[Instagram] @gnjb_official

大倉 空人/TAKATO OKURA
メンバーカラーは、黄色。
2002年4月12日生まれ。神奈川県出身。

小泉 光咲/KOHSAKU KOIZUMI
メンバーカラーは、白。
2003年3月11日生まれ。宮城県出身。

桜木 雅哉/MASAYA SAKURAGI
メンバーカラーは、ピンク。
2006年3月19日生まれ。東京都出身。

長野 凌大/RYOTA NAGANO
メンバーカラーは、青。
2003年7月16日生まれ。静岡県出身。

武藤 潤/JUN MUTO
メンバーカラーは、赤。
2001年8月18日生まれ。東京都出身。

杢代 和人/KAZUTO MOKUDAI
メンバーカラーは、緑。
2004年5月20日生まれ。東京都出身。

吉澤 要人/KANAME YOSHIZAWA
メンバーカラーは、紫。
2003年7月12日生まれ 東京都出身


―INFORMATION―
<RELEASE>
Digital Single「青、その他」
リリース日:2022年3月12日(土)

Digital Single「結末は次のトラフィックライト」
リリース日:2022年3月21日(月)

Digital Single「キミヲナクシテ」
リリース日:2022年4月6日(水)

<LIVE>
ワンマンライブ「げんじぶ空間:case.4」
・2022年9月4日(日) 開場 17:45、開演 18:30 福岡・Zepp Fukuoka
・2022年9月9日(火) 開場 17:45、開演 18:30 東京・Zepp DiverCity
・2022年9月10日(水) 1部 開場 12:45、開演 13:30/2部 開場 16:45、開演 17:30 東京・Zepp DiverCity
・2022年9月19日(月) 開場 17:45、開演 18:30 北海道・Zepp Sapporo
・2022年9月23日(金) 1部 開場 13:45、開演 14:30/2部 開場 17:45、開演 18:30 愛知・Zepp Nagoya
・2022年9月24日(土) 1部 開場 13:45、開演 14:30/2部 開場 17:45、開演 18:30 大阪・Zepp Namba

料金:1F 全自由整理番号付、2F 全席指定 6,900(税込)
※ご入場時に、別途ドリンク代をいただきます。
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は必ず大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。
※出演メンバーは都合により変更・キャンセルとなる場合がございます。変更に伴う払い戻し受付はございませんので、予めご了承ください。

新着ニュース

Present

more