Search

「青、その他」と「結末は次のトラフィックライト」の推しPOINTトークで、メンバー同士の褒め合いに!-原因は自分にある。インタビュー<前編>



自身最大規模となる福岡、東京、札幌、名古屋、大阪の5都市をまわる秋ツアー『げんじぶ空間:case.4』の開催が決定!2022年も止まらぬ勢いで飛躍し続ける、【原因は自分にある。】が昨年1月の初登場から約15ヶ月ぶりに、Emo!miuにカムバック!

今回は、3月から立て続けに新曲3曲を配信リリースしている彼らの単独インタビューを前編・後編でお届けします。

インタビュー前編では、3月に配信リリースされた【青、その他】、【結末は次のトラフィックライト】の制作秘話や聴き所など、2曲の魅力をたっぷりお届け!さらに2月にSNSで行われていた「げんじぶディスカバリー」のメンバーの投稿の振り返りや、初の2ショットジャケ写撮影の秘話にも答えていただきました。

インタビューカットは新衣装で撮影。神秘的な雰囲気を纏ったエモいインタビューカットと合わせてお届けします。



皆さんが喜んでくださっているのが伝わってきたので、やってよかった。



■2月にTwitterでメンバーさんやファンの皆さんが”#私の原因”と一緒に楽曲のことを投稿されていたのが気になったのですが、あれはどういう企画だったんですか?

大倉空人 2月に【げんじぶディスカバリー】という企画をやっていたんですけど、BATTLE STREETというユニット名で活動していた時代の曲から、12月に発売された2nd ALBUM「虚像と実像」の最後に収録されている「藍色閃光」までのリリース曲を映像とともに公開して、”#私の原因”というハッシュタグをつけて、皆さんがその曲についてどう思っているのかなどをTwitterに投稿してもらいながら、原因は自分にある。を一緒に盛り上げていこうっていう企画になっています。

■メンバーさんも同じハッシュタグで、歌割りの話など、楽曲関する様々な裏話を投稿されていましたよね。

杢代和人 あー自分が歌うと思っていたところが要人だったって話ですよね(笑)。あれ面白かったですよねー(笑)。

長野凌大 自分でいうな(笑)。

杢代 ごめんなさい(笑)。

長野 面白いって周りが言うものだからね。

■投稿する内容からもメンバーさんそれぞれの個性も見えていいですよね。

杢代 そうですね。自分の楽曲に関する思い出だったり、ちょっとした裏話など、ファンの皆さんが知らないことをTwitterで初だしした時にみんなが反応してくれて、嬉しかったです。この企画と連動して、YouTubeでは一日限定のライブ映像が配信されていたんですよ。



■だからファンの皆さんがSNSで「消えるのが嫌だ」ってコメントが上がっていたんですね。

杢代 そうなんですよ。僕たちってMVとかまだそんなに出してないじゃないですか。だからこそ、そのライブ映像がより、貴重なものになったというか。

ゲンジブ うん。

杢代 消えてしまうんですけど、再生数もどんどん増えていましたし、皆さんが喜んでくださっているのが伝わってきたので、やってよかったなって思います。この1ヶ月間の企画が、観測者(ファン名)の中で日課になってくれていたら嬉しいですよね。

長野 そうだね。

杢代 ゲンジブを身近に感じてくれたら嬉しいなって思います。

長野 3月から4月にかけて、3曲の配信リリースや春ツアーもあるので、それまでに知らない曲も知ってもらうきっかけにもなったんじゃないかなって思います。

■確かに。ライブに行ったことがない方にとっても、すでに行っている方にとっても、ゲンジブの曲を振り返れるきっかけになりますよね。

ゲンジブ そうなんですよ。

杢代 結構凄いイベントだったんですよ!

長野 それを踏まえて、ライブに来てもらえたらなって。

筋トレの時は、それぞれの役割みたいなものがあります。



■初見の方にも優しいイベントですね。ちなみに今回の企画の皆さんの投稿で、筋トレしている投稿が気になりました。

ゲンジブ(笑)。

杢代 要人、筋トレ大好きなんですよ(笑)。

大倉 1人だけ腹筋がレベチで。見たいですか?

長野 見せるもんじゃないって(笑)。

小泉光咲 でも本当に凄いよね。

大倉 シックスパックが。

吉澤要人 空人と和人がタイムキーパーをやってくれて、雅哉が好きな音楽を流して、僕はただみんなの前で筋トレをするみたいな。何も言わなくても筋トレの時は、それぞれの役割みたいなものがありますね。



■じゃあ筋トレの時は、吉澤くんが先生みたいになるんですね。

ゲンジブ 先生!

大倉 たまにできない人がいるとちょっと怒ってくる。

吉澤 いやいや(笑)雅哉はすぐに体幹でお尻を上げちゃうので。それはさぼりなので。

■結構厳しいですね(笑)。

吉澤 そこはしっかり(笑)。でもみんなでやれば日課になるので。

杢代 うん!もう慣れたよね。

大倉 最初、1分で始めたんですけど、僕が、タイムキーパーの時に、1分半をみんなに1分って伝えてやったんですよ。だから実際は1分半やっているんだけどみんなの中で1分なんですけど。それで1分半を2セットくらいやったので、めっちゃ進化しているんですよ。

■指導の仕方が上手ですね。

大倉 ありがとうございます。で、1分半2セットが終わった後に、「今の1分半2セットだったよ」って本当のことを言って、そしたらみんなが「うわ、すご!」みたいな。

1分3セット。ライブのリハが近かった時は週7で体幹。



■ちなみに何をどういう風にやっているんですか?コメントで同じことをやりたいと書かれているファンの方が何人かいたのでお聞きしたいなと。

大倉 基本的には体幹です。スタンダードですけど、体幹が大事なんですよ。歌はもちろんなんですが、ダンスも体幹が重要なので、継続的にやっています。1分3セットでやっていますね。

■どのくらいの頻度でやられているんですか?

大倉 レッスンがある日は毎回です。週によるんですけど。

杢代 ライブのリハが近かった時は毎日で、週7でしたね。

大倉 でも基本3分で、長くても5分で終わるので。短い時間でみんなで体幹を鍛えています。

■じゃあ気になるファンの子は一緒に体幹を鍛えてもらって。

杢代 うん!一緒にやってもらって(笑)。

大倉 一緒にやってどうするんだろう(笑)。

■どういうのをどのぐらいやっているのか知りたいってコメントがあったので、きっと一緒に鍛えたいのかと!皆さんがやっていると思うことで、きっとモチベーションもあがりますし。

ゲンジブ 有難い。

「青、その他」また報われない曲なんです。/「結末は次のトラフィックライト」大人でも子供でもない僕たちが歌うとより気持ちが入る。



■3月配信の2曲配信される「青、その他」と「結末は次のトラフィックライト」についてお聞きしていきたいのですが、それぞれどんな楽曲なんでしょうか?

大倉 「青、その他」は夏の教室をイメージされているんですけど、この曲は今回配信リリースされる3曲の中で一番聴く人によって、感じ方や情景が違ってくる曲なんじゃないかなと思いますね。1番が特に聴き手によって変わる印象で、2番でシチュエーションが明るくなるんですが、また報われない曲なんですよ。ゲンジブあるあるで、報われてない曲がまた一つ増えました。

■曲調としては、今の時期により聴きたくなるというか。春っぽい、爽やかな楽曲ですよね。

杢代 そうなんです。

「結末は次のトラフィックライト」は、背伸びしていないというか、大人でも子供でもない僕たちが歌うとより気持ちが入るような曲で。

無数の選択がある中で考えすぎて、結局動けないでいる。その言いにくいことをストレートに歌詞で言っているところがゲンジブらしい曲です。デモを聴いた時からずっと耳に残っている曲でもあります。

この曲も春っぽくて、ちょっとアップテンポで疾走感があるんですけど、「青、その他」の青春感とはまた違った青春感があって、同世代の方々が聴いたら、きっと捉え方が異なるんじゃないかな。当事者だからこそ、それぞれに思うことがあるのかなって。楽曲自体は爽やかななんですけど、結構考えさせられるような歌詞なので、またまたゲンジブのいいところが詰まりに詰まった楽曲ができたなって思います!

ちょうど大雪の日で、レコスタに行くのにめちゃくちゃ時間がかかりました。



■仮に、この2曲で”#私の原因”をつけてツイートするなら、どんなことを書きますか?

ゲンジブ おー!

杢代 裏話ってことですよね。なんだろー。

長野 「青、その他」のレコーディングの時、ちょうど大雪の日で、レコスタに行くのにめちゃくちゃ時間がかかりました。歩くのが大変でした(笑)。

ゲンジブ あったねー。

長野 和人は普通に場所を間違えて遅れそうになってたよね(笑)。

杢代 (笑)。場所を間違えてタクシーに乗ったんですけど、雪で動かないみたいな。

ゲンジブ (笑)。

杢代 でも結局間に合ったんですけどね。

■あの日雪凄かったですもんね。誰も遅刻せず?

ゲンジブ 無事つきました!



吉澤 「青、その他」のレコーディングの日に、曲を作ってくれた方が、お土産を買ってきてくださって。

ゲンジブ あー!!

吉澤 それがめちゃくちゃ美味しいクッキーで。

大倉 小豆トースト?

杢代 小豆トースト味のクッキーじゃない?

吉澤要人 そのクッキーをレコーディング前に見せてくれて「買ってきたから食べて」って。「でもやっぱり終わってからご褒美として食べようか」って言われて、めちゃくちゃやる気がでました(笑)。

大倉 かわいい!

■クッキーを活力に頑張ったんですね!結成当初から楽曲提供されていた方ですよね。

吉澤 そうなんです。徐々に仲良くなれている感じがして、嬉しいです。

「げんじぶ空間:case.2」の大阪公演の帰りに、この曲のデモが送られてきて。



杢代 あ!思い出でいったら「青、その他」と「結末は次のトラフィックライト」のデモが送られてきたのが、大阪の帰りじゃなかったっけ?

ゲンジブ あー!

杢代 「ワンマンライブ げんじぶ空間:case.2」の大阪公演の帰りに、この曲が送られてきて、ライブが終わって、良い感じに脱力している時に、またまた凄く良い曲が来たなって思いながらこの曲を聴いたんですよ。だからより印象に残っていますね。

■ライブ帰りにみんなでデモを聴くってエモいですね。

杢代長野 エモミュー!

杢代 考えてること一緒かよ(笑)。

大倉 仲いいな(笑)。

■ありがとうございます(笑)。

小泉 あと、「青、その他」と「結末は次のトラフィックライト」のレコーディング期間が短かったので、そこは結構苦戦しました。

■期間はどのくらいだったんですか?

長野 「青、その他」を録った2日後くらいに「結末は次のトラフィックライト」を録りました。

■同時進行で入れていく感じ?

ゲンジブ そうです。

杢代 でもアルバムだと、同時に3曲、4曲覚える時もあるので。

■桜木くんはいかがですか?

桜木雅哉 苦戦したのは、「結末は次のトラフィックライト」のサビの「それじゃないかな?まだまだ?様々だな」を単語ごとに区切れを意識して歌ったところです。

長野 イヤフォンで聴くと掛け合いみたいに聴こえるんですよ。

■だからだったんですね!ワイヤレスイヤフォンで聴いたら、左右から順々に聴こえてきたので。

ゲンジブ そうなんです!

「青、その他」と「結末は次のトラフィックライト」の推しPOINTトークで褒め合いに。



■それぞれにどちらの曲か選んでいただいて、この曲のここが特に好きという推しポイントを教えていただきたいです。

大倉 僕は、「結末は次のトラフィックライト」の「街なかで何が為 感じ方 価値観が一方通行で まだ 赤い」ここがめっちゃ好きです。ここの潤くんの声がめっちゃ好きなんですよ。

武藤潤 ありがとうございます(照)。

小泉 僕は「青、その他」の凌大の「あの夏を置いて」の“あーの”です。

ゲンジブ あー!

小泉 感情が溢れ出るような、あの歌い方がめちゃくちゃ好きです。

長野 ありがとうございます。

杢代 いえいえ。

ゲンジブ (笑)。

長野 いや単純に嬉しいですよ。何を言われるよりも。

僕は、「結末は次のトラフィックライト」の2番の最初の「渡れない向こう岸」からの雅哉と要人が混ざるところが好きです。曲そのものの展開も凄く面白いんですけど、2人の声が入った音源を聴いて、よりいいなって、凄く合うなって思って、めちゃくちゃ好きですね。

吉澤 僕は「青、その他」の最後のサビ。光咲のところが大好きです。

小泉 ありがとうございます。

吉澤 デモを聴いた時から、サビは光咲が合いそうだなって思っていたので。

長野 光咲が合いそうなやつわかるよね。

杢代 うん。多分光咲が歌うだろうなって。

■歌割の予想は当たることが多いんですか?

大倉 わかるよね。

杢代 結構当たります。自分で多分ここ俺だ!とかもわかります。

小泉 仮歌さんが合わせているのかなって思うくらい。

杢代 うん。本当そう思っちゃうくらい勘は当たりますね。

長野 でも「半分相逢傘」の時絶対に俺だろって思ってたんでしょ?

杢代 いや、あれは絶対に俺だろうってメンバーも言ってましたからね。

長野 全員言ってたよね(笑)。

杢代 スタッフさんにもずっとアピールしていたんでけど、無理でしたねー。

ゲンジブ (笑)。

杢代 俺、歌割り決まった後、2回ぐらい見返しましたからね。

長野 (笑)。決まるまでは和人っぽい雰囲気出してたよね。

杢代 でも、色んな楽曲でセリフみたいところはやっているので、いいんですけど!

大倉 拗ねるな、拗ねるな(笑)。

ゲンジブ (笑)。



杢代 僕は「結末は次のトラフィックライト」の「また忘れちゃうよ明日の午後」の落ちサビが低いところが好きです。いつもは高く綺麗に歌い上げる感じの落ちサビが多かったんですけど、今回は低く優しい感じだったので、多分ここは要人っちが歌うだろうなと思ったら、やっぱり要人で。

要人の低めなんだけど、徐々にテンションが上がっていく感じが好きです。次のラスサビに繋げる感じが凄く好きで、いいですね。

■実際にそういう風に意識して歌ったんですか?

吉澤 ここはラスサビに向けて上げていこうって自分でも思っていたし、実際に上げていこうかって言われていた部分だったので。

大倉 ディレクションでね。

吉澤 そう。

■それが聴き手にも伝わったんですね。

杢代 伝わりましたね。

吉澤 よかったです。

武藤 僕は「青、その他」のラスサビが好きですね。

「隣で言えないけどずっとそうだった好きだった」あれはもう切ないですよね。何ていうんだろう。やっぱり卒業した時に、ふと思ったりすることなのかなって。聴いた人が共感できるんじゃないかなって。

小泉 学生だからわかる、みたいなね。

桜木 ラスサビですかね。急に静かになって。ラスサビ前が凄く綺麗だなって。和人と要人の声が凄く綺麗だなって思いました。(ゆったり話される桜木くん)

杢代&吉澤 ありがとうございます!

長野 大御所感出てるな(笑)。

ゲンジブ (笑)。

青=春、芝生と青空、海と青空



■「青、その他」の資料に、“青の中に感じるそれぞれの色の温かさと寂しさ”と書いてあったんですが、皆さんは”青”と聞いて、何を連想しますか?

武藤 春ですね。青春。(斜め45°で水を飲みながら)

ゲンジブ 本当にさ。(笑)。

杢代&長野&大倉 こういうところでカッコつけたがるよね(笑)。

杢代 今見ました?水飲みながらさ(笑)。

ゲンジブ (笑)。

小泉 僕は、晴天の真っ青な青空。満点の青空。雲一つない青空が思い浮かびました。

杢代 青と聞いて連想するものですよね。海ですかね。

大倉長野 俺も。

杢代 海を見ると必然的に空も見るじゃないですか。その感じですね。海だけじゃなくてみたいな。

大倉長野 わかる!

大倉 朝の青い空と海。朝の方が青々としているから。

小泉 僕は違いますね。

杢代 別にいいのよ。討論はしてないから(笑)。

ゲンジブ (笑)。

小泉 僕は、芝生と青空です。下が芝生で、上が青空。なので違います!

ゲンジブ (笑)。

青=長野凌大。



吉澤 僕は、、、海ですね。

長野 なんでさっき言わなかったの(笑)。違うみたいじゃん(笑)。

吉澤 そういう海じゃなくて、外側から見る海というか。地球の青いところ。

杢代 宇宙から見た海ってこと?

吉澤 Google_Earthの。

ゲンジブ 本当に!?(笑)。

■発想が凄いですね。

大倉 Google_Earth(笑)。

杢代 雅哉は?”青”って聞いて今頭に何が浮かんでる?

桜木 長野凌大。(長野くんのメンバーカラーが青)

杢代 長野凌大が”青”ってなると、”その他”は俺らになるよ。

ゲンジブ (笑)。

長野 ありがとう。めっちゃ嬉しい(笑)。

ゲンジブ 桜木先生(笑)。

大倉 雅哉は大御所だよ(笑)。

ジャケ写のペアはファン投票で決定!?



■今回3月に配信される2曲は初の2人、2人のビジュアルですよね。

ゲンジブ そうですね。

長野 メンバー2人、2人でね。

杢代 さっきチラッと聞いた話だと、ファンクラブでアンケートをとって、人気だったペアだったみたいです。

長野 そうだね。好きな組み合わせで出てきたっていうのもありますし、それがちょうど曲にマッチしたのもありますね。

■曲のイメージに合ったメンバーでもありつつ、ファンの意見も取り入れつつだったんですね。きっと、ファンの皆さんも気になっていると思うんですけど、今回ジャケ写にいない3人のパターンも出る予定は?

長野 解禁はされてないけど、3部作になっているので。

杢代 いつかはでます!

■ありがとうございます!ジャケ写を撮影する時は最新アー写の撮影日でしたか?

長野 そうです。ちょうどこの時に(新アー写を指さしながら。)

杢代 いや読んでいる人に伝わらないから(笑)。

一番はスタッフさんが頑張っていました(笑)。



■ちなみに今回の2人でのジャケ写撮影で難しかったことはありますか?

杢代 僕は結構言われた(笑)。ミリ単位のズレも言われました(笑)。

吉澤 花のぼやけ具合も大事で(笑)。

長野 カメラと人の間に花を被せて撮っているんですよ。

杢代 「もうちょっと2人寄って」って言われたり。

小泉 「でもこれ以上寄れないです」って(笑)。

■めちゃくちゃアンニュイ表情の4人ですけど、そんなことがあったとは(笑)。

長野 でも一番はスタッフさんが頑張っていました(笑)。

杢代 マネージャーさんも腕がプルプルしてたもんね(笑)。

■いつかでるかもしれない3人ジャケ写も楽しみですね。

大倉 出るかなー。

小泉 出てほしいなー。

長野 知ってるでしょ(笑)。

杢代 それはお楽しみで(笑)。


▼後編インタビューのラストにはプレゼントの詳細も♡




ーPROFILEー
原因は自分にある。
2019年7月7日のデビューから1ヶ月、「BATTLE STREET」から一新し、「原因は自分にある。」という新たなユニット名に変貌を遂げた、スターダストの新たなユニット!

「ある物事や、ある状態・変化を引き起こすもとになること。」という意味を持つ“原因”という言葉を肯定的に捉え、この名前の響きのように、インパクトを与え続ける前衛的なユニットとして躍進し、新時代のエンターテインメントを生み出している。
[HP] https://genjibu.jp/
[Twitter] @gnjb_music
[Instagram] @gnjb_official

大倉 空人/TAKATO OKURA
メンバーカラーは、黄色。
2002年4月12日生まれ。神奈川県出身。

小泉 光咲/KOHSAKU KOIZUMI
メンバーカラーは、白。
2003年3月11日生まれ。宮城県出身。

桜木 雅哉/MASAYA SAKURAGI
メンバーカラーは、ピンク。
2006年3月19日生まれ。東京都出身。

長野 凌大/RYOTA NAGANO
メンバーカラーは、青。
2003年7月16日生まれ。静岡県出身。

武藤 潤/JUN MUTO
メンバーカラーは、赤。
2001年8月18日生まれ。東京都出身。

杢代 和人/KAZUTO MOKUDAI
メンバーカラーは、緑。
2004年5月20日生まれ。東京都出身。

吉澤 要人/KANAME YOSHIZAWA
メンバーカラーは、紫。
2003年7月12日生まれ 東京都出身


―INFORMATION―
<RELEASE>
Digital Single「青、その他」
リリース日:2022年3月12日(土)

Digital Single「結末は次のトラフィックライト」
リリース日:2022年3月21日(月)

Digital Single「キミヲナクシテ」
リリース日:2022年4月6日(水)

<LIVE>
ワンマンライブ「げんじぶ空間:case.4」
・2022年9月4日(日) 開場 17:45、開演 18:30 福岡・Zepp Fukuoka
・2022年9月9日(火) 開場 17:45、開演 18:30 東京・Zepp DiverCity
・2022年9月10日(水) 1部 開場 12:45、開演 13:30/2部 開場 16:45、開演 17:30 東京・Zepp DiverCity
・2022年9月19日(月) 開場 17:45、開演 18:30 北海道・Zepp Sapporo
・2022年9月23日(金) 1部 開場 13:45、開演 14:30/2部 開場 17:45、開演 18:30 愛知・Zepp Nagoya
・2022年9月24日(土) 1部 開場 13:45、開演 14:30/2部 開場 17:45、開演 18:30 大阪・Zepp Namba

料金:1F 全自由整理番号付、2F 全席指定 6,900(税込)
※ご入場時に、別途ドリンク代をいただきます。
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は必ず大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※チケットの譲渡、および転売は禁止とさせていただきます。
※出演メンバーは都合により変更・キャンセルとなる場合がございます。変更に伴う払い戻し受付はございませんので、予めご了承ください。

新着ニュース

Present

more