Search

ワンエンのために何ができるのか。1/1から1/6になった。―ONE N’ ONLY(ワンエンオンリー)1st.EP「YOUNG BLOOD」インタビュー<後編>



2022年も1秒たりとも目が離せない!

昨年は、TikTokで踊って楽しめる「Video Chat」、全詞ポルトガル語の「L.O.C.A (PT-BR ver.)」、ハイトーンが心地よいバラード曲「We Just Don’t Care」など型にはまらない多ジャンルの楽曲を配信リリース。その度に、新しい魅力でファンを楽しませてくれた6人組ダンス&ボーカルユニット【ONE N’ ONLY (ワンエンオンリー)】が待望1st.EP「YOUNG BLOOD」をリリース!

今回Emo!miuでは、今後もますますの飛躍が期待される彼らのインタビューを前編・後編でお届けします。

<後編>では、「What’s Your Favorite?」がオープニングテーマとなっているテレビ東京系 ドラマParavi『部長と社畜の恋はもどかしい』のストーリーにちなんで、もしも恋愛トーク、さらに3年間の活動の集大成とも呼べる1st.EP「YOUNG BLOOD」をリリースした彼らに、結成から3年間を振り返っていただき、結成当初との心境の変化や成長についてなどパーソナル部分までたっぷり語っていただきました。グループ愛たっぷりで、めちゃくちゃエモーショナルなトークは必読です!

インタビューショットはパープルを基調にネオン風に撮影。クールな表情に、クシャっと笑顔まで魅力たっぷりな写真と共にお届けします。



恋は計算じゃなくて本能的にするものだと思うので。



■ちなみに、【What’s Your Favorite?】がオープニングテーマになっているテレビ東京系 ドラマParavi『部長と社畜の恋はもどかしい』は、上司と部下との社内恋愛が描かれている作品ですが、社内恋愛って憧れますか?

ワンエン 憧れる!

HAYATO でも俺らそういうのないもんね。

KENSHIN そうだね。

HAYATO オフィスで働いていてお互いに好きになるっていいよね。

KENSHIN でも恋愛している側はいいと思うんですけど、周りとかがね。

NAOYA バレたら面倒くさそう。

KENSHIN そうそう。バレたら一気にね。

NAOYA 広まりそう。

TETTA でも、しょうがないと思います。恋は計算じゃなくて本能的にするものだと思うので。

一同 (笑)。

NAOYA 黙って(笑)。

TETTA 夢ありますね。学校の放課後じゃないですけど。

REI え?何言ってるの?

TETTA 一緒に残業するみたいな。一緒に勉強するじゃないけど、一緒に課題をやってみたいな。

ワンエン 課題!?

HAYATO 学生になっちゃってるじゃん(笑)。

NAOYA 課題(笑)。

TETTA 与えられた仕事を好きな人と一緒にやるとか。

REI 課題(笑)。




HAYATO でもそういうのいいよね。

TETTA 憧れるよね。

■じゃあみんなありですね。

ワンエン(REI以外) ありですね。

REI いや、なし。

KENSHIN え!?なんで!?

REI でもありか。

TETTA どっちだよ!

REI ちょっとハラハラドキドキするのありかもしれない。

KENSHIN それいい!

NAOYA 同じオフィスにいるんだけど、直接話さないでメッセージとかで会話とか。

■いいですね。

TETTA いいーー!

NAOYA あと昼休憩でご飯一緒に食べる予定なんだけど、一緒には出ないで時間差で出るみたいな。

HAYATO 昼休憩いいね!

NAOYA ここで待ち合わせね、みたいな。

TETTA ヒュー!

KENSHIN 周りにばれないように。

EIKU ドキドキするね。



■作品だと男性の上司との恋が描かれていますが、その逆で年上の女性との恋はありですか?

ワンエン いいですね!

HAYATO 楽しそう。

TETTA お姉ちゃんみたいな。

一同 (笑)。

HAYATO それは恋愛として見てないんじゃない(笑)。姉弟の呼び方だよ。

TETTA そっか(笑)。

■TETTAくん甘え上手そうですね(笑)。

HAYATO 甘えそう。

TETTA 知識も経験も豊富だと思うので、手を差し伸べてもらって、教えてもらいたいです。色々課題とかを。

EIKU 課題(笑)。

REI さっきから課題ってなんなの(笑)。

TETTA 人生について、仕事について色々と教えていただきたいです。

一同 (笑)。

EIKU 何言っているの(笑)。

NAOYA TETTA、話が一生着地しない(笑)。

女性からも男性からも、色んな人から愛されている。



■「What’s Your Favorite?」は「あなたのお気に入りは何ですか?」って意味ですが、みなさんのこれがないと生きていけないくらい好きなものは?

TETTA あります!鏡ですね。

一同 (笑)。

HAYATO 顔が腹立つな(笑)。

TETTA なんで!いいじゃん。

KENSHIN あー顔見たかった。

TETTA 鏡って凄いなって思いますよね。ダンスをやる時も鏡がないと。

NAOYA そっちじゃないだろ顔だろ。

TETTA いやいや、最後まで聞いてよ。ダンスする時も鏡ないとだめだし、

KENSHIN これは前置きに過ぎないですから。

TETTA 髪の毛をセットする時も必要ですし、朝、顔をチェックする時も鏡がないと。鏡って本当に万能だなって。女性からも男性からも、色んな人から愛されている。

一同 (笑)。

HAYATO 愛されるって話だっけこれ?

TETTA やっぱり鏡って必要だなって思いますね。鏡はなくてはならないものかなって。この世からなくなったら結構しんどいですよ。

REI 本当に自分が日頃から使っているものでもいいですか?

その場で作って、できるだけ出来立てのものが食べたい。



■大丈夫です!

REI じゃあ包丁です。

■毎日料理されているんですか?

REI そうですね。

HAYATO 凄いな。

REI お肉なり野菜なりカットしないと食べにくかったりするので、何かしらで毎日使いますね。

■出来合いのもの買ってきて食べることはあまりないんですか?

REI ないですね。

■凄い!

REI その場で作って、できるだけ出来立てのものが食べたい。自分で調味料を入れて確かめながら作れると安心するので。

TETTA 本当にシェフだわ。

REI でも本当に簡単ですよ。

HAYATO さすがです。

EIKU さすがやな。

HAYATO ありがとうございます。

一同 (笑)。

TETTA お三方は?

NAOYA KENSHIN言った?

KENSHIN 俺言ってない。

TETTA じゃあお四方。

一同 (笑)。

(4Kテレビで)自分たちのYouTubeも見ます。



KENSHIN 最近テレビを4Kテレビに買い替えたんですけど、TVでYouTubeにつなげられるようになったので、毎日YouTubeを見ていますね。

一同 (笑)。

NAOYA なんでにやにやしながら言っているの?(笑)。

KENSHIN なんか凄いシーンとしちゃうからさ(笑)。

TETTA 聞き入ってるんだよ。

KENSHIN 4Kのテレビにしたんですけど。

HAYATO 画質がやっぱり違いますか?

KENSHIN 全然違う!携帯の小さい画面とはやっぱり全然違いますね。自分たちのYouTubeも見ます。

HAYATO かわいいな(笑)。

■家電と言えば、洗濯機は買われたんですか?

KENSHIN 洗濯機はやっと買いました!届くのは2月です。乾燥機付き洗濯機。

EIKU それまではコインランドリー?

KENSHIN それまではコインランドリーです(笑)。

HAYATO 長かったね(笑)。

■やっとですね。

KENSHIN やっとですね。

TETTA とうとうKENSHINにも洗濯機か。

HAYATO コインランドリーは卒業だね。

■昨年ずっと言っていましたよね。

KENSHIN 本当に(笑)。

EIKU よかった。よかった。

フルーツのカットめっちゃうまいです。皮むきが職人技。



■EIKUくんは?

EIKU 僕どっちかなー。

TETTA おれが答えていい?

NAOYA いや、クイズしてるんじゃないんだよ(笑)。

TETTA 桃。

EIKU あ、おしい。

TETTA え、何?

EIKU ギターかフルーツです。

TETTA 桃でいいじゃん(笑)。

一同 (笑)。

TETTA 大体合ってるじゃん。

EIKU 桃は限定されちゃってるから。

HAYATO 桃だけじゃないもんね。

EIKU だからフルーツですかね。

HAYATO 強いなフルーツ。

EIKU フルーツ大好きなんですよ。

KENSHIN そんなに食べてるっけ?

EIKU 食べてるよね?

NAOYA うん。やばいよね。めっちゃ食べてるよね。

HAYATO おかしいよね(笑)。

NAOYA ゲームしながら柿2玉くらい食べるよね。

EIKU 3つ。

NAOYA 3つだっけ!?ゲーム中に「ちょっと待ってて」って言われて、「どうしたの?」って聞いたら「柿切ってくるー」って。

EIKU (笑)。

NAOYA 柿切って、その日の内に全部食べるんですよ。1日っていうか夜の間に全部食べちゃう。

HAYATO 次の日は梨食べてたよね。

EIKU うん。梨食べてた。

KENSHIN 梨好きだよね。

EIKU 梨を食べたり、ラフランス食べたり。みかんを食べたり、桃も食べたり。

REI EIKUフルーツのカットめっちゃうまいです。皮むきが職人技。

EIKU 皮むき得意ですね。

REI おれより全然うまいです。

■REIくんよりも!?

REI リンゴってつなげて剥いていくと、どうしても直角になりがちなんですよ。それをリンゴの曲線に合わせてめっちゃ丸くカットできるんですよ。

EIKU 最初から最後まで1度も切れずに剥けます。

KENSHIN 凄い。

■以前ライブ配信で剝いてましたよね。

EIKU リンゴを剥いていました!
だからフルーツが好きです。ビタミンも取れるし。

■毎日食べているんですか?

EIKU ほぼ毎日食べていますね。スーパーに行って、何かよさそうなものがあったら買って食べています。時期によって違うんですけど、夏とかは桃とかぶどうとか。

KENSHIN 苺とか。

EIKU 苺も食べるは食べるけど。

KENSHIN 俺昨日食べた。

一同 (笑)。

EIKUHAYATO 知らないよ(笑)

HAYATO ありがとうございました。

EIKU ありがとうございました。

一同 (笑)。

自分を色んなところに連れていってくれるものなので。



■NAOYAくんは?

NAOYA 僕は靴かな。やっぱり靴がないと外に行けないですし。

REI TETTAと同じような。

NAOYA 靴って何だろう。自分を色んなところに連れていってくれるものなので、やっぱり靴は欠かせないかなって。オシャレは足元からとも言いますし。

TETTA ねえ、靴って生きてるの?(小声)

NAOYA 何?

TETTA 何も言ってない。

NAOYA 言いなよ(笑)。

TETTA 靴にも命があるんだなって。改めて。

NAOYA そんなこと言ってなかったよね。

TETTA いや色んなところに連れて行ってくれるって言ってたから。

HAYATO ケンカしない(笑)。

一同 (笑)。

NAOYA だから靴かなって。靴ひとつでその日のコーディネートがしまったりするし、だからなるべく毎日靴は違うものを履くようにしています。

HAYATO ありがとうございました。

メンバーもお客さんも見えないって状況で。



TETTA じゃあトリですね。

HAYATO そうですね。僕は・・・

TETTA メンバーって言っておきな(小声)

HAYATO コンタクトです。コンタクトがないと踊れないから。1回だけ、コンタクトを付けずにライブをしたことがあるんですけど。

NAOYA よくできたよね。

HAYATO 本当に見えなくて。

NAOYA やば!俺だったら無理だわ。

HAYATO ばみりもよく見えなくて。

NAOYA よくやったね。

TETTA 凄いね。

HAYATO でもそれからコンタクトは常に多く持っていくようにしています。

REI 借りてるよね(小声)

KENSHIN あ、よくコンタクト忘れてさ。俺とかREIくんとかにコンタクト持ってない?って聞いてくるよね。

HAYATO まあね、たまに忘れる時はあるんですけど(笑)。基本は多めに持ってくるようにしています。最近特に。撮影の時とかも見えないので。

NAOYA ね、コンタクトないと無理だわ。

■みんな共感度高い感じでしたけど、ワンエンメンバーは結構目が悪い人が多いんですか?

REIHAYATOKENSHINNAOYA 悪いです。

TETTA 俺とEIKU以外はみんな悪いよね。

NAOYA ライブ中にコンタクトがないって想像しただけで、怖すぎますね。

HAYATO 本当に見えてないもんね、俺ら。

NAOYA ばみりも見えないし。

REI 見えないね。

KENSHIN それはやばいね。

REI もう落ちちゃいそうステージから。

TETTA どういう感覚なの?

REI たぶんここの距離(50cmないくらい)で顔がぼやけますね。

KENSHIN それやばいね。

NAOYA 本当にそのレベル。

KENSHIN この3人はとくに目が悪いよね。

REI NAOYAが一番悪くて、俺とHAYATOが同じくらいだもんね。

HAYATO なので、コンタクトは大事ですね。今後も忘れないようにします。

少しでもメンバーに、グループに、恩返しができるように



■最後に、ワンエンらしい強い曲からバラード曲まで4年目のワンエンの集大成となる初のEPリリースということで、ワンエン結成当時の自分と今の自分を比べてみて、ここが変わったなと思うところがあれば教えていただきたいです。

TETTA 正直、結成当時は俺が俺がじゃないですけど、自分さえ目立っていればいいって思っていました。俺さえ目立って前に出られればって自己中心的な考えだったんですけど、ONE N’ ONLYを結成してみんなで過ごしていく内に自然と気持ちが変化して、今は俺が俺がっていうよりみんなで一つって想いがめちゃくちゃ強くなりました。そこは、マジで変わったなって思いますね。

■そう思えるようになったのには、何かきっかけがあったんですか?

TETTA いやなんだろうな。ONE N’ ONLYとみんなで一つ。ONE N’ ONLY 6人っていう(小声)

ワンエン 何言っているの(笑)

一同 (笑)。

KENSHIN きっかけはあるの?って聞かれてるんだよ。

TETTA きっかけか(笑)。

NAOYA こういうことがあったからっていう。

TETTA きっかけっていうか。

NAOYA 歳取っていくごとに?

TETTA そう。歳取っていくごとに頭の中がだいぶ柔らかくなったというか。

KENSHIN だんだんね。

TETTA 丸くなっていったって感じですね。



REI 俺もTETTAと似ています。でも自分が前に出るっていうよりは、自分のやりたいことをやりたいって人だったんですね。みんなもそこはわかってくれていると思うんですけど。

KENSHIN うん。

REI でも最近、舞台に個人で出演させていただいた時に、改めてグループに支えられているなって実感して。やっぱりワンエンのメンバーだからこそ、個人の仕事の時でもしっかりやらないとって、グループの顔に泥を塗っちゃいけないというか。グループにいる責任感をより感じるようになりました。当たり前のことですけど、もっとちゃんとメンバーのことを考えなきゃいけないなってワンエンの3年間の活動の中でだんだんと気持ちが強くなってきたなって。僕がこれだけグループに居られるのも、このメンバーのおかげだと思っているので、少しでもメンバーに、グループに、恩返しができるように頑張りたいと思っています。

enemyだったんで敵だったんですよ。でも今はfamilyです。



■素敵ですね。

HAYATO 僕はラップを始めたっていうのが結構大きいです。僕的には大きな変化だったなって。それまでは踊っているだけだったので、ラップをすることによって表現の方向が一つ増えたなっていうのは凄く大きな変化だったなって思いますし、あとやっぱり攻撃力が上がったなって。最近特にワンエンの色を追及できている気がしていて。確立というか方向性が定まってきたなって思います。

あとやっぱり一番の変化はワンエン結成したばかりの時は、本当に(EBiSSHは)
ライバルっていう意識が強くて(笑)。

EIKU EBiSSHがね。

TETTA バッチバチでしたよ(笑)。

REI 凄いっすよ。

HAYATO enemyだったんで敵だったんですよ。でも今はfamilyです。

一同 (笑)。

HAYATO 家族のように。

EIKU インファミリー

TETTA ラッパーだから。

一同 (笑)。



■尖っていたんですね。

HAYATO 尖っていましたね。

TETTA でもだいぶやわらかくなったよね。目つきとか変わったよね。

HAYATO チーム感が増したって3年間を振り返るとめちゃくちゃ思いますね。

TETTA マジで全然違う。

EIKU さとり(さとり少年団)めっちゃ変わったよね。

HAYATO KENSHINは?

■KENSHINさんは?

KENSHIN 変わったことでいうと、上村謙信からONE N’ ONLYのKENSHINに変わったかなって思います。

NAOYA あいつ(TETTA)だけ口ポカーンってしてる。絶対にわかってない。

一同 (笑)。

TETTA どういうこと?

NAOYA 今からKENSHIN話すから聞いて。

KENSHIN 上村謙信として生きてきたんですけど、今はONE N’ ONLYが最初にきているというか。ONE N’ ONLYのために自分は何ができるのか。自分のために何かっていうより、自分のためもそうだけど、自分のためにやっていることが結果ワンエンに還元されるのであればって思考に変わりました。

自分というよりはワンエンのために何ができるのか。より1/1から1/6だと思うようになりました。

TETTA めっちゃわかりやすい(小声)

KENSHIN あとワンエンの活動を通して自分の殻も破ったなって思います。ライブで煽るようになりましたし、こういうサウンド、こういう歌のスタンスとかラップとかもワンエンになってからですし。毎日ワンエンのことを考えますね。グループがどうやったらよくなるのか。そのために自分には何ができて、何が足らなくてとか。考えるようになりました。

本当に今は心からずっとこいつらがいないとやっていけないなって思う



■EIKUくんは?

EIKU そうだな。でも俺結成から・・・

ワンエン 何も変わってない。

EIKU 何も変わってないことないでしょ。

一同 (笑)。

TETTA 一人だけなんも変わってない(笑)。

EIKU 確かに気持ちはそんなに変わってないけど。最初からワンエンとして活動できるのは凄く楽しみだなって気持ちでやっていたので。そう考えると初心の頃とあまり変わっていないですね(笑)。

でも、グループに対しての想いは年を重ねていくごとにより強くなっていっているなって思っていますね。歌の面でもダンスの面でも。

去年は【Video Chat】で初めて振り付けをやらせてもらって、まさかダンサーでもないボーカルの僕がやらせてもらえるなんて思ってもみなかったので、不安もあったんですけど、でもやってみたら楽しくて。次も機会があったらやりたいなって思います。

あと基礎もより深くやるようになってからダンスに対する想いがかなり強くなりました。特に自粛期間中は頑張ったなって思います。自分が好きな曲をかけて、家にiPadがあるんですけど、それで自分がどんなダンスをしているのか気になって撮影をして、その録画をみてまだまだダメだなって自分と向き合って、色んなダンサーの方の映像をみて参考にしたり。歌はもちろんなんですけど、ダンスなど改めて向き合う期間を通して、想いがより強くなりましたね。



■NAOYAさんは?

NAOYA そうですね。

TETTA トリだからなー(小声)

一同 (笑)

NAOYA やわらかくなったかな。温かみが出たというか。あの時よりは優しくなれているかなって思いますね。本当に今は心からずっとこいつらがいないとやっていけないなって思うくらい大切な、、、なんだろうな、家族でもない友達でもないものができたのは本当にかけがえのないことだなって思っていて。だからこの5人と夢を叶えたいなって想いがより強くなりましたね。

グループに、ワンエンに居てよかった



■6人全員が“個”じゃなくてあくまで“ONE N’ ONLYの”って想いで活動されているんですね。素敵です。

ワンエン そうですね。

REI それありきで自分がいるってちゃんと思えたっていうのが大きかったです。

EIKU グループあっての自分だからね。

REI なんだろうな。自分の話になっちゃうんですけど、舞台をメンバーみんなが観に来てくれた時に、「よかったよ」とかメッセージや言葉を送ってくれたんですね。正直、それがあったから本当に頑張れた部分が大きくて。最初プレッシャーで吐きそうなくらいだったので。

KENSHIN そうだったんだ。

REI それまでは一人で出るなんてことなかったから。舞台「FAKE MOTION -THE SUPER STAGE-」の時は全員で出たからやっぱり物凄く心強かったですし、ライブの感覚でみんなでしゃべって出ていくみたいな。どちらかというといつものライブに近い感覚だったんですけど、でも昨年の舞台は本当に一人だったから、それに役的にもあえて誰とも喋らないようにしていたので。そんな時にメンバーがメッセージを送ってくれた時は凄く心にきましたね。

やっぱりグループに、ワンエンに居てよかったなって思いましたね。

■改めてワンエンさんって素敵ですね。ありがとうございました!


▼ONE N’ ONLYからメッセージムービーが到着!


▼MAKING MOVIE




★ONE N’ ONLYサイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\ONE N’ ONLYインタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

をEmo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2022年3月20日(日)


<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方から応募すると当選確率UP!!


[Twitter応募方法]
① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼント投稿をRTする。

③ インタビュー投稿をRTで当選確率UP!



[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。




ーPROFILEー
ONE N’ ONLY/ワンエンオンリー
J-POPでもK-POPでもない、”JK-POP“として唯一無二のスタイルを貫くスターダストプロモーション所属の6人組ダンス&ボーカルユニット。

YouTube上に公開されたMusic Videoは世界各国から注目され、特にアジア圏・南米・欧州からのアクセスが殺到し、合計再生回数は1800万回を突破している。そして、オフィシャルTikTokのフォロワー数は430万人を超え、日本人音楽アーティスト1位。動画の総再生回数は2億回を突破!
[HP] https://one-n-only.jp/
[Instagram] @ebissh_official
[Twitter] @onenonly_tokyo
[TikTok] @onenonly_tokyo

TETTA
1997年11月24日生まれ。神奈川県出身。
担当/Vocalist

REI
1997年1月2日生まれ。静岡県出身。
担当/Vocalist

EIKU
1999年12月19日生まれ。山梨県出身。
担当/Vocalist

HAYATO
1999年9月17日生まれ。静岡県出身。
担当/Rap&Dancer

KENSHIN
1999年7月8日生まれ。愛知県出身。
担当/Rap&Dancer

NAOYA
1998年4月6日生まれ。東京都出身。
担当/Rap&Dancer

―INFORMATION―
1st.EP「YOUNG BLOOD」
リリース日:2022年2月16日(水)

<タイプ>
■初回生産限定盤】 
価格:7,500円(税別)
形態:1CD(7曲)+BD+60P撮り下ろしフォト+ライブフォトブックレット

■通常盤(TYPE-A/TYPE-B) ※2形態
価格:2,300円(税別)
形態:1CD(6曲)

<封入特典>
※ランダムトレーディングカード1枚封入(全7種/ソロ6種+集合1種)
※初回生産限定盤、TYPE-A、TYPE-Bすべて別絵柄

[CD収録曲]※M1~M4は全形態に収録。
M1.「YOUNG BLOOD」 ※リード曲
M2.「What’s Your Favorite?」
M3.「FOCUS」
M4.「STARLIGHT ~未来ノトビラ~」

M5.「Video Chat」 ※初回+TYPE-A収録
M6.「L.O.C.A (PT-BR ver.)」  ※初回+TYPE-A収録
M7.「We Just Don’t Care」 ※初回のみ収録

M5.「JUST LIKE ME」 ※TYPE-B収録
M6.「L.O.C.A」 ※TYPE-B収録

[Blu-ray収録内容]
ONE N’ LIVE ~Zepp Tour 2021~”Special Edition”
2021年7月10日 中野サンプラザ 公演 ノーカット収録
M1.Shut Up! BREAKER
M2.JUST LIKE ME
M3.Dark Knight
M4.L.O.C.A
M5.Breathe
M6.Only One For Me
M7.Zepp Tour 2021 Dark Medley
(Don’t worry/Black Hole/I’M SWAG/GuRu GuRu/LA DI DA)
M8.SMASH
M9.Category
M10.HOLIDAY
M11.Destiny
M12.STARLIGHT ~未来ノトビラ~
M13.Video Chat
M14.My Love

新着ニュース

Present

more