Search

帯刀アラタ(山田涼介)が命じられた使命とは!? 誰も知らない“巨大怪獣”死後の物語を初めて描いた映画「大怪獣のあとしまつ」2022年2月4日(金)全国公開!



完全オリジナル企画×超豪華キャストで贈る、衝撃の大型プロジェクトが始動!暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子供の頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか・・・?そんな「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描いた、映画【大怪獣のあとしまつ】が、2022年2月4日(金)より全国公開される。

物語は、人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、大きな光に包まれて死んでしまうところから始まる。未曾有の国家的危機は去ったかに見えたが、果たして、この巨大な死体を、誰が、どうやって、処理するのか・・・?



前代未聞の緊急事態を前に、特務隊員の帯刀アラタ(山田涼介)は誰も経験したことがない巨大怪獣の死体の“あとしまつ”を命じられる。そんな彼を見守るのが、環境大臣秘書で、かつては特務隊にも所属していた雨音ユキノ(土屋太鳳)。ユキノの夫で、真相究明のために暗躍する総理秘書官・雨音正彦(濱田岳)。ドレッドヘアが特徴的な元特務隊であり爆破処理のプロ、ブルース(オダギリジョー)。大怪獣の死体処理という未曽有の難問に立ち向かい翻弄される内閣総理大臣・西大立目完(西田敏行)。彼らの前に立ちはだかる巨大怪獣は“死してなお”人類を脅威にさらそうとしていた――。ある男の“極秘ミッション”を巡る空想特撮エンターテイメントが、いま、動き出す。

松竹と東映が創立以来、初タッグを組み、共同幹事・配給作品として、誰も見たことがない衝撃の大型プロジェクトを贈る。監督・脚本を務めるのは、ドラマ「時効警察」シリーズや、映画『転々』、『俺俺』など数々の作品で唯一無二の世界観を生み出し、熱狂的なファンを持つ異才・三木聡。さらに特撮監督として、2002年より「仮面ライダー」シリーズを長年担当している佛田洋。怪獣造形を手掛けたのは、「平成ゴジラ」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなど数々の怪獣造形で知られる若狭新一。特撮映画のプロフェッショナル達との最強タッグが実現した。

かつて描かれたことがなかった巨大怪獣が“死んだ後”の世界とは? 怪獣の死体を一体どうやって“あとしまつ”するのか!?

STORY

人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。――この死体、どうする?――
人類を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。
国民が歓喜に沸き、安堵に浸る一方で、残された巨大な死体は徐々に腐敗・膨張を進めていた。
爆発すれば国家崩壊。終焉へのカウントダウンは始まった。絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理を任されたのは、警察でも軍でもなく、3年前に突然姿を消した過去をもつ1人の男・・・。

彼に託された<使命>とは一体?果たして、爆発を阻止することができるのか――!?
前代未聞の緊急事態を前に立ち上がった、ある男の”極秘ミッション”を巡る空想特撮エンターテイメントが、今、動き出す。

■詳細
【映画「大怪獣のあとしまつ」】
公開日:2022年2月4日(金)全国公開
出演:山田涼介、土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行
監督・脚本:三木聡
特撮監督:佛田洋(「仮面ライダー」シリーズ)
VFXスーパーバイザー:野口光一(『男たちの大和』)
怪獣造形:若狭新一(『平成ゴジラ』シリーズ)

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

新着ニュース

Present

more