Search

中川大志主演!2つの事件に隠された謎と悲しい真実とは?新感覚痛快シニカルミステリー映画「FUNNY BUNNY(ファニーバニー)」



2012年に上演されて大いに反響を呼んだ、飯塚健監督のオリジナル戯曲を映像化した映画【FUNNY BUNNY(ファニーバニー)】が2021年4月29日(木・祝)より全国の映画館とauスマートパスプレミアムにて同時に上映する。

この度、一般投票にて決定したポスタービジュアルと予告編が解禁となり、さらに本作の映画の世界に繋がる?電話企画がスタートする。

本作は、中川大志演じる自称小説家の剣持聡と、岡山天音演じる、親友の漆原聡が、愛くるしいウサギの着ぐるみに扮して区立図書館へ向かい襲撃する。その数年後、物語はもう一つの事件「ラジオ局電波ジャック」へと展開。ウサギの着ぐるみによる「図書館襲撃」と「ラジオ局電波ジャック」2つの事件に隠された謎と悲しい真実が明かされたとき、おかしくて切ない物語は加速する。

予告動画



今回解禁となった、予告映像は「世界を救うのはいつだって想像力だ」と豪語する自称小説家・剣持と、その相棒・漆原が図書館を襲撃するシーンから始まる。「俺は人殺しだー」と静かに話し出す、剣持。そして物語が加速するにつれ「お前は人殺しなんかじゃない!絶対に違う!」「絶対なんて気安く使うなよ!」と激しく言い合う剣持と漆原。さらに物語は「電波を盗みに行くぞ」とラジオ局電波ジャックへと加速。そして「忘れる前進だってある。だけどな、諦めるなんて前進はどこにもねえんだよ!」と剣持の魂のセリフが映し出され、希望の物語が動き出す!ウサギの着ぐるみによる表「図書館襲撃」と裏「ラジオ局電波ジャック」に隠された謎と悲しい真実が明かされたとき、おかしくて、切ない物語は加速する。予告は壮大な音楽とスピーディーな映像で全く先が読めない映像となっている。

さらに、映画の世界に繋がる、電話企画もスタート!050-3623-1770にかけると、映画の舞台となる中華飯店・再見に繋がり、出演者や店主らによるメッセージがランダムで流れるというもの。公開前後では別メッセージが流れから、映画を観る前と観た後で、電話をかけてみて、映画の世界観に浸ってほしい(通話料は別途かかります)。

■詳細
【映画「FUNNY BUNNY(ファニーバニー)」】
公開日:2021年4月29日(木・祝)より映画館&au スマートパスプレミアムにて同時ロードショー
出演:中川大志、岡山天音、関めぐみ、森田想、レイニ、ゆうたろう、田中俊介、佐野弘樹、山中聡、落合モトキ、角田晃広、菅原大吉
監督・脚本・編集:飯塚健
製作総指揮:森田圭
エグゼクティブプロデューサー:多田一国、大野高宏
プロデューサー:金山、宇田川寧、吉田憲一
共同プロデューサー:田口雄介
音楽:海田庄吾
撮影:小松高志
原作:舞台「FUNNY BUNNY -鳥獣と寂寞の空-」(演出・脚本 飯塚健 /青山円形劇場、2012)、小説「FUNNY BUNNY」(飯塚健/朝日新聞出版)

©2021「FUNNYBUNNY」製作委員会

新着ニュース

Present

more