Search

佐藤友祐&小見山直人「lol-エルオーエル-」インタビュー


 
ティーン世代なら、知らない人はいないはず。学生から絶大な支持を集めるアーティスト「lol(エルオーエル)」から、注目のEmoメン(エモいメンズ)・佐藤友祐と小見山直人が Emo!miuに登場。

 

お互いの第一印象や意外な一面、今ハマっていることや、好きなファッションや音楽、11月からスタートする全国ツアー「lol live tour 2019 -lightning-」へかける想いなど、2人のパーソナルな部分までたっぷり伺いました。

 

クールでカッコいいパフォーマンスから一転、20代男子としてのリアルな素顔にドキドキが止まらない 、Emo 独占インタビューをお届けします。
 
 

第一印象は真逆の「チャラ男」と「真面目」

■結成5年目ということですが、初めて会った時はお互いにどんな印象を持ちましたか?
佐藤友祐(以下 佐藤)チャラ男

 

小見山直人(以下 小見山) 僕は、めちゃくちゃ真面目。

 

佐藤 ある意味逆ですね(笑)。

 

■初めて会った時のシチュエーションは?
小見山 lolのオーディションの日に初めて会ったんですけど、並び順が隣で、控室も一緒だったんですよ。その時、友祐が「本番前なので熱いほうがよくないですか?」って、あえて部屋に暖房をつけて、めちゃくちゃ熱心に練習をしていていたんです。それをみて、熱い男やん、真面目やなって。それが第一印象ですね。

 

 

■佐藤さんは、なぜ小見山さんをチャラ男だと?
佐藤 金髪で女の子と話していたから(笑)。

 

知り合いの女の子が同じオーディションだったみたいで。僕は北海道から来てたので友達と一緒にとかなかったので、めちゃくちゃ友達いるやん、チャラいなって思いました(笑)。

 

小見山 友達が一緒のオーディションを受けていて、その子と普通に喋っていたのを見て、女の人に声をかけているチャラいやつに見えたんだと思います。

 

 

■では、5年経過した今の印象はいかがですか?
小見山 ちょっとくずれてきましたね。あえて言わないですけど。

 

佐藤 いやせっかくだから言って(笑)。

 

小見山 (友祐が)遅刻したり(笑)。ホンマに第一印象が良すぎたから、ちょっとアカンところが見え過ぎちゃっていますね。でもなんでも器用にこなすというか。僕にはないものを持っているので、尊敬しています。

 

■具体的にないものとは?
小見山 僕不器用なんですよ。だから喋りとかもそんなに上手くないんですけど、友祐は自分の気持ちをすぐに言葉に変換して、臨機応変に対応するんですよ。そこが凄いなって思いますね。

 

佐藤 ナオティーは、真面目ですね。固いというか、体も硬いし、筋肉も硬いし(笑)。
でも本当に真面目で、一家の大黒柱みたいな人です。

 

■lolの中でもそういう立ち位置?
佐藤そうですね。意見をあまり言うタイプじゃないんですけど、困った時はみんなナオティーみたいな。

 

■最終的にまとめてくれるんですね。
小見山 あまり自発的に発言しないですけど、まとめられるものはまとめますね。でも、友祐が自発的にやってくれる人なので、そこは友祐に任せようかなって。ホンマに僕ができないことは友祐が全部やってくれます。

 

■お互いにない部分をカバーしているんですね。
佐藤&小見山そうですね。
 

 
 

天然で動物が苦手!

■5年間一緒に過ごした仲だから分かる、お互いの意外な一面はありますか?
佐藤 ナオティーは実は、可愛い一面がある。

 

小見山 あら。

 

佐藤 天然だし、あとウケたがりです。意外と笑いを取りにいって、ウケなかったら楽屋に戻ってから拗ねるんですよ(笑)。「誰も笑ってくれへんかった…」って(笑)。

 

あと動物が苦手。好きなのに苦手なんですよね。

 

小見山 怖いんですよね。犬は大丈夫になったんですけど、猫はまだ怖いです。膝の上に乗られたりしたら、引っかかれそうで怖くて。昔にトラウマがありまして。

 

■引っかかれた経験が?
小見山 はい。虫とかもだめですね。

 

■かわいらしい一面があるんですね。
小見山 虫に関してはホンマ無理なんですよ。

 

■佐藤さんの意外な一面はありますか?
小見山 友祐の意外な一面かー。

 

佐藤 意外な一面ないよね?

 

小見山 うん。なんかある?

 

佐藤 なんでふってくるの(笑)。僕は素直に生きているつもりなのでないかも。

 

小見山 あ、でも意外と気にしい(大阪弁で心配性、神経質の意味)感じはする。

 

佐藤 確かにめっちゃ気にしいかも。

 

小見山 あと、意外と周りのことを見ているというか。普段ゲームをして、自分の世界に入っているように見えるんですけど、周りのこともちゃんと見ていて。だから「ナオティーはこういうことをした方がいい」とか一人一人に声かけをしてくれたり、意外と考えてるんやなって思いますね。
 

 
 

「こんな素敵な先輩になりたい」もう一人のエモメン・DJ KOO

■もう一人、男性メンバーが入られたと思うんですけど、DJ KOOさんの印象は?
小見山 KOOさんは、盛り上げ方もめちゃくちゃ上手で、KOOさんが加わってくださったことで、凄くライブ映えするパフォーマンスに変わりました。いなくてはならない存在ですね。

 

実は僕ら、盛り上げるのがめちゃくちゃ下手なんですよ。「いくぞ~!」とかは言いますけど、パフォーマンス中は歌とダンスに専念するタイプだったので、そんなに盛り上げはやってこなかったんですよね。でもKOOさんが入ってくださったことで、盛り上げ方のバリエーションが増えたというか。

 

■パフォーマンスの幅が広がったんですね。
小見山 そうですね。スクラッチも増えたので、パフォーマンスの幅は広がりましたね。

 

■佐藤さんはいかがですか?
佐藤 楽屋裏でも、あのままですね。本当にただただいい人。誰よりも気を遣ってくださるし、ずっと周りのことを考えてくださっています。こんなにも大御所の方があそこまで謙虚にされているのを見ると、改心してもっと頑張ろうと思いますし、こんな素敵な先輩になりたいなと思います。

 

小見山本当に凄い方です。
 

 
 

「筋トレ男子」「ゲーム男子」趣味も正反対!?

■自分を“○○男子”に当てはめるとしたら、○○に入る言葉はなんですか?
小見山 爽やか男子。

 

一同(笑)

 

■筋肉男子と思いきや。爽やか男子!
佐藤 筋トレ男子でしょ!

 

小見山 筋トレ男子ですね(笑)。

 

■毎日鍛えているんですか?
小見山 最近は、毎日仕事の前にジムに行くようにしていますね。

 

■筋肉を維持するために努力されているんですね。
小見山 そうなんです。僕、少しでも筋トレを抜くとすぐに太ったり、体に変化が現れやすいんですよ。だから、毎日鍛えないと不安になっちゃうんです。

 

■食事制限は?
小見山 しています。ジムに通っていても食事を普通にしてしまったらすぐに太っちゃうんですよね。いくら運動しても…。だから運動を増やしつつ、食事も制限しないといい体にはなれないです。

 

■凄く努力されているんですね。
小見山 努力せずに維持できる体質だったら、そっちのほうがいいですよね。でも僕は、自分に合ったやり方が努力する方やったんですよ。

 

■でも、努力をして維持されている方が素敵ですよね。
小見山 ありがとうございます。そうですよね。僕もそっちのほうが好きなので。
 

 
■佐藤さんは?
佐藤 インドア男子。

 

■意外です!
佐藤 意外ですか?もうゲーム大好き。

 

■ゲーム男子でもあるんですね。
佐藤 はい。ゲーム男子ですね。

 

■休みの日は基本家から出ないでゲームを?
佐藤 家から出ないですね。ショッピングとかもしないですし、出るとしたらご飯くらい。

 

■ちなみに今ハマっているゲームは?
佐藤 今ハマっているのは、プレステ4の「Dead by Daylight」。基本、追いかけっこするゲームです。ホラーテイストのゲームも、普通にスマホのゲームもやりますよ。

 

■小見山さんはゲームはいかがですか?
小見山 やりたいとは思うんですけど、頭が悪くてできないです…。僕思うんですよ、ゲームができる人は頭が良い人だって。

 

■確かにゲームって頭使うイメージもありますね。
小見山 そう。考えないとできない。だからそれが凄いなって。

 

佐藤 僕、褒められています?(笑)

 

小見山 褒めています。
 

 
 

実は、SNSが苦手!意外な素顔

■お二人ともInstagramがとてもかっこいいのですが、写真を撮影するときに意識していることはありますか?
佐藤 意識している時もあるんですけど、続かないんですよね。自撮りするのがあまり好きじゃないんですよ。自撮りだとなぜか盛れないですし。だから基本的には、人に撮ってもらった写真をあげたいです。うちの女子は、今日のファッションとか毎日何かしらの写真を撮って、インスタに載せているんですけど、その習慣が僕にはなくて。面倒くさいって思っちゃうんですよね。

 

以前、一眼を恩人にもらったので、最初は一眼写真だけをインスタに載せようと思ったんですけど、なかなか続かなかったです(笑)。だから最近は投稿するテーマが結構ブレていますね。かっこいい写真ばかりを載せようと思ったり、公式が撮ってくれた写真だけを載せてみようとか。他にも、寝起きの姿とか日常を載せて、親しみやすいインスタを目指してみようとか。

 

最近だと、うちのメンバーがフィルムにハマっていて、僕もフィルムいいなと思ったので、撮影してもらったフィルム写真を何枚かもらって載せたりしています。

 

■今は探っている段階?
佐藤 そうですね。まだ迷走中です(笑)。僕、あまりSNSが得意じゃなくて、更新が空いちゃうんですよ。なので、いい写真をあげて、一個の質を高めようと思っています。

 

小見山 僕もSNSは得意じゃないです。

 

佐藤 うちの男子だめなんですよ(笑)。

 

小見山 写真を撮る習慣もホンマにないんですよ。でも、このままじゃアカンなって思って、honokaにお願いして撮ってもらったりしています。

 

佐藤 (ナオティー)一時期マジで更新しなかったんですよ(笑)。

 

小見山 服も途中で興味がなくなり始めちゃうんですよ。そうなったら服装も載せられなくなるじゃないですか。だから最近は意識的に変えていこうと思って、服装もちゃんと気にしてhonokaに「撮って~」ってお願いしますね。なので、写真のテイストへのこだわりはあまりないんですが、全身を撮るならスタイルをよくみせたり、かっこよくみえる写真を載せたいなとは思っています。

 

あとhonokaから「ちょっと顔が見える方がいいよ。ファンの人は全身より顔の方がみたいから」って、アドバイスをもらったので取り入れたいです。

 

佐藤 一時期、まったく顔写真も載ってなかったよね(笑)。帽子を深くかぶって顔がみえないみたいな。

 

小見山 恥ずかしいから顔写真を載せるの嫌なんですよね。

 

(かわいらしい返答に一同(笑))
 

 
■佐藤さんのInstagramには、愛犬の写真も載っていますよね。
佐藤 本当は愛犬だけ載せたい。犬のInstagramを作りたんですよ。

 

■凄く需要あると思います。
佐藤 犬が実家にいるので、できないんですよね。だから自分の犬を飼う時がきたら、こっそり#犬スタをやろうかなって思っています(笑)。

 

小見山 僕は、趣味をあげたい。

 

■具体的に趣味ってなんですか?
小見山 筋トレ。

 

■鍛え抜かれた体の投稿もありますよね?
佐藤 載せてるじゃん(笑)。

 

小見山 それは自分が写っちゃてるやん。そうじゃなくて。

 

佐藤 「今日会ったマッチョな人!」って投稿するみたいな?(笑)

 

小見山 いや(笑)、今日の食事とか、そういう趣味的な何でもないものをあげたいんです。でもその投稿に需要がないのはわかっているので、なかなか難しいですね(笑)。

 

 
 

FASHION「いいと思うものが一緒」

■プライベートのファッションへのこだわり。
佐藤 最近は、靴が好きですね。スニーカーも好きになり始めました。普段は、履きやすい靴が好きで、ニューバランスの中で色々探してみたり。ブーツも好きです。

 

■足元にこだわられているんですね。
佐藤 はい。ファッションは、靴からこだわりたいなと思っています。僕は、外国人をみて、かっこいいと思っちゃうタイプなので、逆に服はシンプルでいたいです。下手に長いソックスを履いて、ベレー帽をかぶってとか、凝ったコーディネートよりは、古めのジーパンに、Tシャツ、ライダース、サングラス、ニット帽みたいなコーディネートの方が男としてかっこいいなって。

 

■ストリート系のファッション?
佐藤 ストリート系というよりかは、男がテーマなんですよ。黒いスキニーにジャケットでもいいですし、シンプルにかっこいいのが好きですね。オシャレしたいとかじゃなくて、一個一個の質とか、トータルをスマートにみせたいなと思っています。

 

足元はスニーカーにして抜け感を作ったりとか。
 

 

■確かに男性のシンプルなファッションもカッコいいですよね。
佐藤 そうですね。僕凝ったコーディネートを考えられないんですよ。ニットセーターの中に、ワイシャツを着て、緑のサングラスをかけるみたいな(笑)。考えれば考えるほど、キリがなくて、訳がわからなくなるじゃないですか。凝ったファッションは、hibikiが頑張ってくれているので僕はいいかなって(笑)。

 

僕は、シンプルが好きなので、世間でいうモテファッションが好きなんだと思います。単純に王道系。ナオティーもそうだよね?

 

小見山 (うなずきながら)僕もあまり考えられないので。

 

佐藤僕らつまらなくてすみません(笑)。

 

小見山 ホンマにそうなんですよ。考えられないので、これからはそんなに考えなくて済むセットアップを着ていこうかなと思っていて、ちょうど今日もセットアップを購入したばかりです。

 

僕も、シンプルかつ男らしい感じが好きですね。

 

佐藤 だからよく服の系統がかぶるんですよ。ライダースを着ていったら、ナオティーもライダースを着ていたり(笑)。

 

小見山 ホンマに、同じものを持っているんですよ。

 

佐藤 いいと思うものが一緒。

 

小見山 でも一つこだわりで言えるのは、絶対に白の靴を履かないこと。

 

■それはなぜ?
小見山 脚が短く見えるんですよね。他人が履いていても何とも思わないんですけど、自分が履くと短く感じて。色の境目があると、ここまでが脚って、切れ目が見えちゃうじゃないですか。それが苦手で。だから最近は、白とか赤とか色のあるものは履かないようにしています。基本、全部黒です。それが自分の決まり事になっていますね。

 

■お二人ともこだわりポイントは靴なんですね。
佐藤 ですね。靴もそうですし、将来的にはベルトとかサングラスとかそういうポイントにこだわっていきたいです。むしろ服はH&Mとかを着て、小物で個性を出したい。

 

服はシーズンがあるので、シンプルでいいんですが、小物はずっと使い続けられるものがいいんですよ。例えば、バレンシアガのトリプルSじゃなくて、ブッテロのサイドゴアブーツみたいな。長年履けば味がどんどん出てくるモノが好きです。時計とか、しょっちゅう付け外しする系の小物は、すぐになくしてしまうので、身に着けないんですけど、今後もポイントにはこだわっていきたいですね。

 

 
 

クリス・ブラウンとH.E.R. のフューチャリング曲がエモい

■お二人が聴くと心揺さぶられるエモミュー(エモいミュージック)は?
小見山 僕のエモミューは、タイタニックの曲。

 

佐藤 もはや王道すぎて、エモくない(笑)。

 

小見山 あれを聴いたらもうエモすぎて。

 

佐藤 僕はR&Bとかエモいですね。TANK(タンク)っていうアーティストの曲は全部エモいです。曲で言うと「My Heart」とか。

 

小見山 え、「My Heart Will Go On」(タイタニックの主題歌)?

 

佐藤 違うよ(笑)。それ激エモじゃん(笑)。

 

TANKは黒人シンガーなんですけど、黒人の方の曲ってどれもエモいんですよ。あと流行っいてる韓国のラッパーもエモいですね。そこらへんを最近聴きますね。

 

小見山 最近のクリス・ブラウンのアルバムに凄くエモい曲があって。

 

佐藤「Come Together」でしょ?H.E.R.とコラボしている曲。あれはエモいね。

 

小見山 それ!あれはみんなに聴いてほしいですね。

 

佐藤 女性歌手のH.E.R.が最近流行っているんですけど、その人の曲は、全部エモいです。

 

小見山 特に、そのクリス・ブラウンとH.E.R.のフューチャリングの曲がめちゃくちゃいいんです。

 

■フューチャリング系いいですよね。
佐藤 男女のフューチャリングいいですよね。
 

 

 
 

映画を観て涙。結婚式で涙。2人が号泣したエモいニュース

■最近心を揺さぶられたエモい出来事(エモニュー)は?
佐藤 映画『アリー/ スター誕生』を観て、久々に感動をしました。音楽人の恋愛の話なんですけど、アリーの音楽人としてのプライドと愛が強すぎるが故に迎えてしまうラストが切なくて。最後死んでしまった旦那に音楽を捧げるシーンで終わるんですけど、超泣きましたね。

 

■映画館で観られたんですか?
佐藤映画館で観ました。

 

■一人号泣?
佐藤 友達もいたので、こうやって(涙を軽くぬぐうそぶりをしながら)隠れて、泣いてない感は出しましたけど(笑)、あれは泣きますね。個人的には映画『ボヘミアン・ラプソディ』より感動しました。

 

■音楽映画をよく観られるんですね。
佐藤映画が好きですね。一応音楽はおさえつつも、それ以外も結構観るようにはしています。マーベル系とか、DC系とかも大好きなので、先日は映画『ジョーカー』を観に行きました。メッセージ性が強いものが面白くて好きです。

 

映画『ジョーカー』はバットマンの敵役の話なんですけど、ジョーカーがジョーカーになるまでが描かれていて、貧困と裕福な人たちの差別問題とか、裏のテーマが凄く大きいので、心に刺さりましたね。

 

■インドア男子だけど、映画を観るためだったら外出する?
佐藤 そうですね。家からも近いので、オフの日は映画を観たいです。

 

■小見山さんは?
佐藤 よく揺さぶられていますよね?(笑)。学祭とかでよく泣いてるやん。学祭の開会式とか閉会式とかに僕たちがサプライズで出た時に、最後に生徒が喋っているのを見ながら「アカンわ。うるっときたわ」って。

 

小見山 友達系とか、家族系に凄く弱くて。

 

佐藤 この間も、メ~テレ(NBN)さんのある学校のダンス部に密着する番組をみながら、泣いてたよね。

 

小見山 泣いた。友情系とかだめなんですよ。最近、お兄ちゃんが結婚をして、その結婚式で僕が司会をしたんですけど、涙を堪えられなかったですね。泣きながら司会をしました。

 

■司会進行はできましたか?
小見山ちゃんとしないと!とは思ったんですけど、もう無理でした。僕自身はまだ結婚をしたいとかはないんですけど、お兄ちゃんの姿をみて、結婚はやっぱりいいなって思いました。

 

■お兄さんも弟にそんなに泣いてもらえたら、うれしいですよね。
小見山 いや〜泣きますね。多分誰の結婚式でも泣いちゃいます。以前、lolのスタッフさんの結婚式に行ったんですけど、その時も号泣しました。

 

■感情移入してしまうんですかね。
小見山 なんなんですかね。そのスタッフさんが親御さんに手紙を読んでいる時が特にやばかったです。まったく自分は関係ないんですけど、泣いちゃうんですよね。
 

 
 

その人がいなかったら今の自分はない

■お二人が尊敬している方はいらっしゃいますか?
小見山 僕はアーティストというよりダンスの先生です。その人がいたおかげで今ここにいますね。

 

■具体的にどんなエピソードが?
小見山 本当に何も知らない状態でダンススクールに通い始めて、最初は一か月くらい違う先生だったんですけど、一か月後にその恩師に教わることになったんですね。その人にダンスのすべてと、先輩との関わり方や礼儀など、人生のすべてを教えてもらったと言っても過言じゃないくらい、その人には色んなことを教えていただきました。

 

何かオーディションを受ける時は必ず相談していましたし、それこそlolのオーディションを受ける時も恩師に相談をして「やってみな。無理やったらそういう運命なんやから、とりあえず挑戦しろ」の言葉に背中を押してもらいました。その人がいなかったら今の自分はないなと思います。

 

その人、めっちゃかっこいいんですよ、見た目もダンスも。永遠の憧れですね。

 

佐藤 僕は、TRFさん、AAAさんをはじめとした、avexの先輩方ですね。元々、avexの音楽が好きで、初めてエーネーションを観に行った時は凄く感動しました。初めて観戦したライブがTRFさんのZepp Sapporo公演だったんですが、その時にグループっていいなって思ったんです。そこからAAAさんを知って、みなさんかっこよくて、よりavexに入りたい気持ちが大きくなりました。

 

 
 

「本気と挑戦」「本物」

■11月8日(金)の梅田CLUB QUATTROを皮切りに、11月から「lol live tour 2019 -lightning-」が始まりますよね。本ツアーへ対するご自身のテーマや、意気込みがあれば教えていただきたいです。
小見山 テーマは、本気と挑戦。

 

今、ツアーで披露するために、アクロバットなトリッキングという技を猛練習しているんですけど、結構危ない技なんですよ。それがツアーまでに間に合うかどうか。

 

この間のファンクラブイベントでも、自分にプレッシャーを与えるために「ツアーでできるように頑張る」って宣言をしたので、みんなにみてもらえるように頑張ります。

 

■小見山さんの新たな一面がみれるツアーになりますね。
小見山 はい。自分に対しても、ファンの方に対しても今まで通りは嫌じゃないですか。なので、本ツアーでも、来てくれた人に楽しさと、驚きを与えたいです。

 

■佐藤さんはいかがですか?
佐藤 僕は、本物になるがテーマです。

 

今までが偽物ってわけではないんですけど、演出に頼っていた部分が多かったんですよ。でも、今回は歌とダンスだけの勝負になるので、そういった意味でも自分たちの力量が一番見えるツアーになるんじゃないかなと思います。

 

これからは、そういった意識をより強く持って次のツアー、またその次のツアーと繋げていきたいという思いがあるので、それを本ツアーでちゃんと実証したいです。そういった意味で本物になるツアーですね。

 

■ありがとうございました。
 
 
[サイン入りチェキプレゼントはコチラ]→佐藤友佑&小見山直人「lol-エルオーエル-」サイン入り2ショットチェキ / 2名様
 

PROFILE
lol-エルオーエル-
2014年オーデションを経て結成。2015年8月「fire!」でデビュー。
人を笑顔に、感動させるグループになりたい!という想いを込めた男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。
[HP]lol OFFICIAL WEBSITE
[Twitter]@lol_avex
[Instagram]@lol_official_avex/
 
佐藤友祐/YUSUKE SATO
1996年6月11日生まれ。北海道出身。
「avex audition MAX 2013」でアクター部門グランプリを受賞。lol加入後は、アーティスト活動だけでなく、俳優やモデルとしてもマルチに活躍中。主な出演作は、dtv「進撃の巨人」(15)、映画「一礼して、キス」白石航平役(17)。
[Instagram]@yusuke_lol
 
小見山直人/NAOTO KOMIYAMA
1994年9月18日生まれ。大阪府出身。
avex artist academy大阪校出身。曲がったことが嫌いなストイック男子。爽やかな顔とは裏腹に、身体を鍛えることが趣味で日々筋トレを欠かさない。ダンスが得意で、ダンスシーンでは多くの人を魅了させている。
[Instagram]@naoto_lol
 
INFORMATION
<lol live tour 2019 -lightning->
2019年11月8日(金)-大阪-梅田CLUB QUATTRO
2019年11月10日(日)-東京-Veats Shibuya
2019年11月16日(土)-千葉-柏PALOOZA
2019年11月17日(日)-静岡-静岡Sunash
2019年11月24日(日)-石川-金沢GOLD CREEK
2019年11月30日(土)-埼玉-HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
2019年12月1日(日)-神奈川-F.A.D YOKOHAMA
2019年12月6日(金)-鹿児島-鹿児島SRホール
2019年12月7日(土)-福岡-福岡DRUM Be-1
2019年12月8日(日)-長崎-長崎DRUM Be-7
2019年12月21日(土)-愛知-ボトムライン
2019年12月22日(日)-宮城-仙台CLUB JUNK BOX
2019年12月27日(金)-京都-KYOTO MUSE
2019年12月28日(土)-兵庫-神戸VARIT.
2019年12月29日(日)-広島-広島クラブクアトロ

新着ニュース

Present

more