Search

好きだと思ったらストレートに告白する・・・吉野「駆け引きできない」&神尾「好きが漏れるタイプ」―映画『私がモテてどうすんだ』吉野北人&神尾楓珠インタビュー



2020年7月10日(金)に全国公開される、笑って!歌って!踊って!抱腹絶倒のミラクル・ラブコメディ映画『私がモテてどうすんだ』でスーパーイケメンを演じた【吉野北人&神尾楓珠】にEmo!miu独占インタビュー!

BL(ボーイズラブ)大好き妄想ヲタク女子が激ヤセしたことをきかっけに、4人のスーパーイケメンDK(男子高校生)にモテまくる、というぶっ飛んだ設定から始まる累計300万部突破の大人気コミックが実写化。

本作の監督を務めた平沼紀久が脚本を担当した『HiGH&LOW THE WORST』以来2度目の共演作品となり、本作ではサブカル系先輩 六見遊馬を演じる【吉野】とスポーツ系同級生 五十嵐祐輔を演じる【神尾】に、“私モテ”ならではの胸キュンシーンや、再共演が決まった時の想い、〇〇ヲタクな一面、そして2人の男らしい素顔などなど、BL&ヲタク&恋が描かれている“私モテ”にちなんだ質問にたっぷり答えていただきました。

六見先輩と五十嵐くんのカップリングを妄想させるEmo!miu撮りおろしのエモいインタビューカットも必見です!♡


新鮮で面白かった。原作を読んで



■BL要素がある作品なので、他の少女漫画とは一味も二味も違う作品だと思うんですが、原作漫画を読まれた時どう思いましたか?

神尾楓珠(以下 神尾) 今までこういう話の作品に触れてこなかったかもしれないです。少女漫画自体は高校生の時に友達に借りて読んでいましたけど、腐女子が出てきたり、BL要素のある漫画には触れてこなかったので、実際読んでみると新鮮で面白かったです。

■その作品に自分が出るわけじゃないですか。どう思いました?

神尾 まだその時、他のキャストは北ちゃん(吉野)しか知らなくて、だから他の人は誰になるんだろうなって思っていました。BLシーンもあるから余計に気になっちゃって(笑)。みんないい人で良かったなって思います。

吉野北人(以下 吉野) 知っている人で良かったよね。

神尾 本当に。

■吉野さんはいかがですか?

吉野 少女漫画自体あまり読んだことがなくて、この作品をやるにあたって初めて読んだんですけど、女性のキラキラした妄想が沢山描かれていたり、若い女性が好きそうな作品だなって思いました。それでいて、男性キャラクターもそれぞれ魅力的で個性があって、見所が沢山ある作品だなと。凄く面白かったです。

北ちゃん、キラキラ系をついにやるんだな。2度目の共演作



■先ほど、唯一お互いに共演することを知っていたとのことでしたが。

神尾 はい。「HiGH&LOW」の(撮影)時に喋ってたよね。

吉野 うんうん。

■少女漫画原作の映画で共演すると知った時はどうでした?

吉野神尾 嬉しかったです。

神尾 あと僕的には、北ちゃんは「HiGH&LOW」よりもこっち(少女漫画系)のイメージだったので、キラキラ系をついにやるんだなって思いました。

吉野 僕は演技経験が少ないので、新しい現場で知っている人がいるということが非常に心強かったですし、モチベーションも凄く上がったので良かったです。

■共演されると知った時は連絡を取り合ったんですか?

神尾 当時ちょうど北ちゃんも出演していた、のりさん(今作の監督・平沼紀久)が脚本手掛ける「HiGH&LOW」の撮影をしていて、そこで、のりさんから直接教えてもらって、再共演を知った感じです。

アニメを観て喋り方を研究&周囲とのバランスを意識



■お2人とも今まで出演されたものとはまた違った系統の作品だったと思いますが、演じていて、大変だったシーンはありますか?

神尾 全体的に大変だったのは、アニメイト前で撮った(ロケ)シーンです。朝早い撮影プラス撮影時間も限られていたので、ワンカット長回しで撮ったシーンだったんですよ。事前にリハも何回かして臨んだんですけど、本番は絶対に間違えちゃいけないっていうプレッシャーがあったので、大変でしたね。

■吉野さんはいかがですか?

吉野 シーンというか、やっぱり原作がある作品なので、容姿端麗な特徴などキャラクターが持つ雰囲気を表現しながら演じるのが難しかったです。正直、僕と原作の六見先輩は顔の系統的にも全然似ていなかったので、せめて動きや声色だけでもと。

些細なことかもしれませんが、原作の六見先輩にいかに近づけられるかが凄く大事なのかなって思って。原作を大切に演じることを意識しました。

■そうなんですか!喋り方がおっとりしていて、映画も拝見したんですけど、雰囲気は、作品のままというか、似ているなって感じました。

吉野 本当ですか!?

神尾 やわらかいもんね。

吉野 それは嬉しいですね。本当に。



神尾 (撮影)現場中と現場後だと、ちょっと喋り方も違うんですよ。

吉野 ずっとおっとりだった?

神尾 うん。現場中はずっとおっとりだった。今よりもっとヲタクっぽい感じというか。

吉野 (笑)。そのために、台本をもらってすぐに自分の声を録音して、アニメの声優さんの声を参考にひたすら真似をして練習しました。

神尾 そうだったんだ!そういうところが僕らとの違いなのかもしれないですね。アーティストだから自分の声を聞くことに慣れているからこそできる練習法だなと。僕は自分の声を自分で聞くことが恥ずかしくてできないです(笑)。

一同 (笑)。

神尾 俺こんな声なんだって。

■確かに。自分が声を発している時と録音したものを客観的に聞いた時とでは、違って聞こえますよね。神尾さんが演じる上で心掛けたことはありますか?

神尾 全キャラクターがちゃんと際立つように、周りとのバランスを考えて演じました。年下の後輩系男子、チャラい系男子、おっとり天然系男子、個性的なイケメンキャラクターが多かったんですが、僕が演じた五十嵐は一番普通っぽいというか、何にでも対応ができる役だと思ったので、その辺りのバランスを意識しましたね。

ペアで壁ドンしたり、私モテならではの胸キュンシーン



■胸キュンなシチュエーションが沢山登場する作品ですが、その中でもお気に入りのシーンはありますか?
吉野 僕は、(ヒロインの芹沼)花依とおでこをくっつけ合うシーン。

神尾 そのシーンはヤバいよね。不意打ちだもんね。急にあんなことされたら誰でもえってなる。

吉野 あのシーンは、花依と六見が唯一、物理的に近くなるシーンなので、観ている人がキュンキュンするポイントかなって思いますね。

■ちなみにBLな絡みのシーンでオススメはありますか?

吉野 BLは逆にいっぱいあるよね。

神尾 うん。

吉野 (4人)それぞれがペアになって色々、壁ドンしたりとか。BL的な見どころは数え切れないくらい沢山あります。



■神尾さんはいかがですか?

神尾 バックハグとかかな。あ、あと冒頭に、七島に向かって「キスするぞ」って言うシーンがあるんですけど、あそこはキュンキュンするんじゃないかな。

■あそこいいですよね。スタートから攻めていますよね。

神尾 そうですよね(笑)。登場シーンからインパクトがありますし、めちゃくちゃカッコよく見えるシーンだと思います。

撮影の合間に、イケメン4人でしりとり



■年齢も近い共演者が多い現場だったと思うんですが、現場ではみなさんどんな風に過ごされていたんですか?

吉野 最初はしりとり。

神尾 しりとりだっけ?

吉野 ほら、屋上でさ。

神尾 あー!屋上のシーンね!待ち時間とかずっと屋上にいたんですけど、その時にしりとりをやったよね。アーティストしりとりみたいなの。

■なかなかコアなしりとりですね(笑)。

吉野 確かに(笑)。すごく盛り上がったよね。

神尾 めちゃくちゃ盛り上がった。

吉野 結構続いたよね(笑)。

神尾 うん。ずっとやってた(笑)。

吉野 確か初めて4人(吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮)が集まったシーンだったよね。それで、少しでも仲を深めるために何かやろうよってなって、結果しりとりをすることになりました。

神尾 そうそう!あと、屋上めっちゃまぶしかった記憶がある(笑)。

吉野 日強かったよね(笑)。

■青春って感じですね。ちなみに誰が一番強かったですか?

神尾 なんか気が付いたら終わっていたんですよ(笑)。自然と終わっていたので、誰が負けとかなかったです(笑)。

ストレートに告白する派?




■本作のイケメン4人は好きな子に凄くストレートに想いを伝える性格ですが、お2人は好きな人ができたら、ストレートに想いを伝えますか?

神尾 僕はストレートに気持ちを伝えるかな。それに傍から見ていても、その子のことが好きだってわかるくらいに、知らない間に好きが漏れちゃうタイプみたいです(笑)。

■吉野さんはいかがですか?

吉野 僕も好きだよってストレートに伝えたいです。告白するタイミングを考えたり、駆け引きができないタイプなので、好きだって思ったらすぐに言いたくなっちゃうんです。待てないですね。

■お2人とも真っ直ぐなんですね。素敵です。

吉野 でもみんなに言っているわけじゃないですよ!

一同 (笑)。

■もちろん!わかっていますよ(笑)。

実は〇〇ヲタク!2人のヲタクな一面



■今回はBLヲタクな女の子がヒロインの作品ですが、お2人にはヲタクな一面はありますか?

神尾 僕は歌を歌うのは苦手なんですが、音楽を聴くのが好きで。中でも邦ロックは詳しい方だと思います。昔のバンドから、最近の若手バンドまで結構広く聴いています。

吉野 僕は、尾崎豊さんが凄く好きで。

神尾 そういえば歌ってた!

吉野 そうなんですよ。尾崎さんの昔の映像を何度も見返すくらい尾崎さんの世界観が凄く好きで、憧れの存在です。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEというグループでアーティスト活動をするうえでも、少なからず尾崎さんの影響は受けていると思います。



■先ほど尾崎豊さんの曲を歌っていたとのことですがいつお聴きしたんですか?

神尾 みんなでカラオケに行った時に、聴きました。

■私モテのキャストさんで行かれたんですか?

吉野神尾 はい。

神尾 あの時結構人いたよね。

吉野 うん。この男子メンバー4人と、富田さんだけ仕事で来れなかったので5人(山口さん含む)で行ったよね。

神尾 そうそう。最初、ご飯に行って、その後5人でカラオケに行ったんですよ。その時に歌ってくれました。

■ちなみに神尾さんは何を歌われたんですか?

神尾 その時はみんなで歌うことが多かったかな。「パプリカ」とか。

■いいですね!踊ったりしながら?

神尾 はい(笑)。

心揺さぶられたエモい出来事



■最近心揺さぶられた出来事はありますか?

吉野 僕、昔からある王道ラブストーリー作品の映画『タイタニック』がすごく好きなんですよ。もう計4回くらい観ているんですけど、先日時間が空いていた時があったので、また観直したんですけど、やっぱりいつ観ても素敵な作品だなって。もう20年くらい前の作品なんですけど、映像も凄く綺麗で、どこを取ってもロマンティックというか。海の上というシチュエーションもそうですし、ストーリーもそうですし。観るたび、心が揺さぶられる作品ですね。『タイタニック』はいつ観ても飽きないです。

■神尾さんが最近心揺さぶられた出来事はありますか?

神尾 インスタにもあがっているんですけど、友達とフットサルをしたことですね。12年くらいサッカーをやっていたんですけど、やめてから5年くらいボールを蹴っていなくて。でも最近、急に仕事が早く終わった日があって、その時に無性にサッカーがしたくなって、サッカーができそうな友達15人くらいに声をかけたら7人集まってくれて、みんなでフットサルをしました。

■いいですね。青春ですね。

神尾 青春でしたね。楽しかったです。

■ありがとうございました!


[サイン入りチェキプレゼントはコチラ]→吉野北人&神尾楓珠 映画『私がモテてどうすんだ』2ショットサイン入りチェキ / 1名様


―PROFILE―
吉野北人
1997年3月6日生まれ。宮崎県出身。2014年に結成したダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルを担当。
映画出演作は『PRINCE OF LEGEND』(19)、『HiGH&LOW THE WORST』(19)、『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』(20)。
本作品で初主演を果たす。

神尾楓珠
1999年1月21日生まれ。東京都出身。主な出演作は、テレビドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(19)、「左ききのエレン」(19/主演)、「鈍色の箱の中で」(20)、
「いいね!光源氏くん」(20)、「ギルティ~この恋は罪ですか?~」(20)、映画『HiGH&LOW THE WORST』(19)、『転がるビー玉』(20)、『裏アカ』(20)など。


―INFORMATION―
映画『私がモテてどうすんだ』
2020年7月10日(金)全国公開
原作:ぢゅん子「私がモテてどうすんだ」(講談社刊 別冊フレンド)
出演:吉野北人、神尾楓珠、山口乃々華、富田望生、伊藤あさひ、奥野壮
※吉野さんが単独主演となります。
監督:平沼紀久
脚本:吉川菜美 /  福田晶平 渡辺啓 上條大輔 平沼紀久

<ストーリー>
自分の恋よりもイケメン同士が恋する妄想に夢中な芹沼花依(富田望生)は、大好きなアニメキャラが死んだショックで寝込んでしまう。

1週間ぶりに鏡を見たら、なんと・・・激ヤセして超絶美人(山口乃々華)になっていた!

そんな花依に“好き”と表明してきたのはスーパーイケメン男子高生――六見遊馬(吉野北人)、五十嵐祐輔(神尾楓珠)、七島希(伊藤あさひ)、四ノ宮隼人(奥野壮)。
4人から熱烈なアプローチを受けるようになった花依は、ついついBL目線で彼らをみて妄想してしまうのをこらえ、真っ当な恋愛観で接する努力をするが、ズレた考えで彼らと接することになってしまう…。

「イケメン同士のカップリングが好きなのに、私がモテてどうすんだ!?」と葛藤しながら始まった予測不可能な花依のリアル乙女ゲームな日々。

花依への思いを募らせていく男子たちに、悩みながら、も花依が出した想定外の答えとは!?

[HP] https://movies.shochiku.co.jp/eiga-watamote/

©2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会 ©ぢゅん子/講談社

新着ニュース

Present

more