Search

会場中が号泣!映画「殺さない彼と死なない彼女」独占試写会で奥華子、生歌披露!桜井「控えめに言っても最高!」



2019年11月15日(金)に公開となる映画「殺さない彼と死なない彼女」の公開直前“号泣試写会”イベントが都内で開かれ、桜井日奈子、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、奥華子、小林啓一監督が登壇した。

本作は、漫画家・世紀末による四コマ漫画が原作で、周囲から孤立していた、何にも興味が持てない無気力少年の小坂と、自分が嫌いな死にたがりの少女・鹿野の2人がある出来事をきっかけに共に過ごしていく中で、不器用ながらもお互い心の傷を癒し、少しずつ前に歩みはじめていく姿を描いている。

今回のイベントは、Emo!miu(エモミュー)独占で行われたもので、学生をはじめ、原作ファン、出演者ファン、奥華子ファンと幅広いファン層が会場を埋め尽くした。

上映後に行われた舞台挨拶では、本編の余韻に浸っている観客の静まり返った雰囲気にキャスト陣も驚いた様子で、以前行われた試写後のアンケートでも91%以上の人が実際に泣いてしまったという人が続出していそうだ。



舞台挨拶では、桜井が「自分のことではエゴサーチしないけれども、この作品については調べてしまう」と明かし、それほど作品に思い入れがある様子だった。また「全編自然光で撮影したので、皆さんが日常を過ごしている空気感にとても近い映像になっているので、世界観に入り込みやすかったんだと思います」とした。



堀田は「日常の中でなかなか思っていることを言葉にして伝えられないと思っていて、私が演じたきゃぴ子とかは心の声というかモノローグというかそれをセリフとしてしっかりと本当のところが伝わっていると思うので、キャラクターそれぞれが、本当に人間味があってころかれの世界観で生きてるなって感覚がするところが、心揺さぶられるところだと思いますね」とした。



箭内は「まず原作の漫画を読ませていただいて、気付いたら泣いていました。漫画の世界観と映画の世界観は別の感じ方があるかもしれないけれども、その中で、無意識に気付いたら涙出ている感じになっているんじゃないかなと思いました」。



ゆうたろうは「4コマ漫画なので、全体的なストーリーはつながっていないけれど、それが2時間の映画になってこうつながっていくんだってそこにやられたというか・・・。実際に自分自身が演じたシーンもそうですし、でも自分自身がいないシーンは本当にはじめて観た時、特に小坂と鹿野とのシーンは泣かずにはいられなくなる。」と、それでもグッと涙を堪えたことを明かしてくれた。

また、キャスト陣への質問タイムも設けられ「本作の中で好きなセリフは?」という質問に、ゆうたろうは「『僕はまだ君のこと好きじゃないよ』というセリフが好きで、台本を読ませていただいた時から、八千代君のツンとデレの部分がいい感じに混り合ってるのがすごく好きなんです」とした。



桜井「小坂のセリフなんですが、鹿野が『私が死んでも世界は何も変わらないよね』と言った後に、小坂が『お前が死んだら俺は少し変わるな』セリフはキュンッときました。もう一つは地味子のセリフできゃぴ子が傷ついている時に『傷つく女が一人だけだなんて、なんで思ったんだろうね』というセリフが深いな〜っと思いました。」とした。

堀田「映画の中だと最後の方の『王子様みたいって言ったら怒る?』というセリフが好きで、2人の関係性だからこそそういうことも言い合える感じがすごく好きで、あとは映画の中にはなかったんですが、原作の中で地味子ちゃんにキーホルダーがお揃いなのをなんで捨てるの?という問いに『もう気持ちがお揃いじゃないからよ』っていうセリフが深い!と思いました」。



そして中盤に差し掛かると、主題歌を担当した奥華子が登場し、奥は、「主題歌の<はなびら>に関しては初め3曲くらい作ったんですが、監督さんにNGをいただきまして、やっぱり鹿野ちゃんに感情移入しすぎてしまって、切なすぎてしまってそうではなく、それぞれの登場人物みんなに当てはまる希望が持てるようなそういう曲をということで、最後にできたのが<はなびら>でした。」

監督も「はなびらが出来上がった時にコレだ!っと鳥肌がウワ〜ッと立って泣きました」と明かしてくれた。



そして、生歌&電子ピアノによるフルコーラスバージョンが披露されると、さらに観客の涙を誘った。

ステージを降りて観客席で聴いていたキャスト陣も涙が込み上がって「すぐには上がれない」と登壇するまで少し時間がかかったほど。



最後に、桜井が「最高です!控えめに言っても最高です!もう浄化されました。一語一句無駄のない歌詞だなっと、もう全てが胸に刺さる歌でした」と絶賛。堀田は「わりと我慢していたけれどやっぱり涙が流れてしまいましたし、私もあのハンカチが欲しいです!」とコメント。箭内は「静かし涙が溢れてきて、撮影時の思い出が頭に蘇ってきました。」、ゆうたろうは「この作品にピッタリだなっと思っていて、透き通った声で切なくて愛おしくて、でもすごく心強くて希望が抱ける曲になっているので、正直NGになった3曲も聴いてみたかったな〜」と明かしてくれた。

本編を観て涙し、生歌を聴いてまた涙した、本当に号泣な試写会となった。

■詳細
映画【殺さない彼と死なない彼女】
11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹、佐藤玲 佐津川愛美、森口瑤子
監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子
主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)
[公式サイト] http://korokare-shikano.jp
公式twitter @korokareshikano
公式instagram @korokareshikano

新着ニュース

Present

more