無料メンバーシップになる
無料メンバーシップになる

Search

佐藤大樹の理想の男性像・理想の彼女像とは?-佐藤大樹インタビュー<TBS深夜ドラマ「理想ノカレシ」>



EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍する一方、ドラマ出演作が続き、インテリ系男子から子犬系男子まで、幅広いイケメン役を魅力的に演じ、その度SNSでトレンド入り!今、俳優としても注目の【佐藤大樹】にインタビュー。

TBSの深夜ドラマ枠・ドラマストリームで放送中の「理想ノカレシ」(毎週火曜24:58~)では、主演の大政絢が演じる優芽子の “初恋の人” にそっくりでミステリアスな青年・村瀬光琉役と優芽子の初恋の相手であり王子様のような男子高校生・神宮寺望役1人2役に挑戦している。

今回Emo!miuでは、オリジナル作品を演じる上での面白さや難しさ、1人2役を演じる上で意識した点や思わず照れてしまった胸キュンシーンについて、さらに、憧れの男性像と憧れの彼女像、家族・先輩・FANTASTICSのメンバーとのほっこりエピソードなど、パーソナルな部分までたっぷり伺いました。

クールな表情からクシャっと笑った甘い表情まで、彼の魅力が詰まったエモいインタビューカットと合わせてお届け。



夜な夜なお風呂に入りながら、久々に頬の筋肉のトレーニングをやったりしましたね(笑)。



■演じる上でのオリジナル作品と原作がある作品との違いと、オリジナル作品を演じて楽しい部分があれば教えてください。

佐藤 原作がある作品をやらせていただいている時は、やっぱり原作のファンの方々に失礼がないよう、原作を読み込んだ上で、容姿を似せてみたり、アニメがある作品の場合は喋り方を似せてみたりするんですが、今回はオリジナルなので、自分が好きに演じられる楽しみがめちゃくちゃありました。

衣装合わせの段階から監督に自分の意見を伝えたり、監督が思う光琉のイメージを一緒に擦り合わせて衣装のイメージや髪型を決めたり、キャラクターを自分で作れる楽しさみたいなものは、オリジナル作品ならではだと思いますね。

■何か佐藤さんからアイディアを出したことはありますか?

佐藤 年上の女性が年下男子を見た時に、少しでも守ってあげたい。自分の傍においてあげたい。可愛いなって思ってもらえるように、少しかわいらしい言葉遣いを意識しました。なので、台本では祖母のことを“ばあちゃん”と呼んでいたんですけど、意見を言わせていただいて、“おばあちゃん”に変更したり、優芽子と会話をする場面では、最初はもう少し敬語を増やして、物語の後半になるにつれてタメ口が増えた方がドキッとするんじゃないですか?などの意見は監督に言わせていただきました。




■柔軟に現場で作り上げていった感じなんですね。逆に、オリジナル作品ゆえに演じていて難しかった部分はありますか?

佐藤 少し前に「liar」というドラマで主演をやらせていただいていたんですが、その作品で演じたイチ(市川)はほぼ笑わないキャラクターだったので、撮影中は、自分の日常で笑顔を忘れてしまったんです(笑)。

でも、「理想ノカレシ」で演じさせていただく、光琉や神宮寺くんはものすごく爽やかでにこやかなイメージだったので、今作に入る時、あれ?笑顔ってどんな風にやるんだっけって(笑)、夜な夜なお風呂に入りながら、久々に頬の筋肉のトレーニングをやったりしましたね(笑)。

あと、「liar」の時もそうだったんですが、台本を読んで、このシーンはどういう表情なんだろうと悩んだ時、原作漫画のある作品の場合は、漫画のキャラクターの表情を参考にするんですが、今回はオリジナル作品ということで、それができなかったので自分にとってチャレンジでもありました。でもそこが楽しい部分でもありますよね。

■オリジナル作品で、正解の表情を探すために、どんなことをされているんですか。

佐藤 本番の前の段取りで、数パターン監督に見ていただいて、委ねるようにしていました。

自分に似ているのは光琉。



■今回1人2役を演じられているということで、ご自身的にはどちらに似ていると思いますか?

佐藤 光琉かな。グループ活動をしていると、年上の男性の方と一緒にいる機会が沢山あるんですよ。

EXILEでもそうですし、お仕事でお世話になっている方も基本年上の方なので、年上の方と会話をする方が楽というか。先輩方には色んなご飯に連れていっていただいたり、本当にかわいがってもらっているので、そういう面では一番自分に近いのは光琉かなって思います。

■かわいがられ上手な佐藤さんのキャラクターは、このお仕事に入ってから自然と変化したものなのか。それとも元々そういう素質を持たれているんですか?

佐藤 自分で言うのは恥ずかしいですね(笑)。

でも、僕の初恋は幼稚園の先生だったので、もしかしたら小さい頃は年上の女性を転がしていたのかもしれないですね(笑)。

■もしそうなら、天性のものですね(笑)。

佐藤 (笑)。でも年上の方と話すのが好きですね。

■では、年下気質・年上気質でいうと?

佐藤 やっぱり年下気質だと思います(笑)。

(大政さんに聞きながら)図々しく感じさせない絶妙なラインを勉強しています(笑)。



■本作は、「理想ノカレシ」像が知れるという点では、男性が観ても勉強になる作品だと思ったのですが、佐藤さんが今回の作品を通して、1人の男性として何か学んでいることや今後参考にしたいと思われていることはありますか?

佐藤 大政さん以外は、助監督や演出チームも男性が多いので、「観てくださっている女性は一番何にキュンとくるんですかね?」って、僕自身も大政さんに相談しているんですよ。だからまさしく女性の心に刺さる男性像の勉強にもなっています。

作品の中で、優芽子に対して、急に距離を縮めてくるみたいなシーンが割と出てくるんですけど、その時、図々しく感じさせない絶妙なラインを勉強しています(笑)。「これ以上、来られたら嫌ですよね」とか。そういう境界線は大政さんに聞いて勉強していますね。

■では、今後も活かせそうですかね。

佐藤 存分に活かせるんじゃないかなと思います(笑)。以前コメントでも書かせていただいたんですけど、「理想ノカレシ」に近づきたいと思います(笑)。

子犬系というか、こういう役をやりたいと思っていたので、念願叶いました。



■オフィシャルのコメントで、こんな役やってみたかった、まさに憧れた役どころだったと書かれていましたが、具体的に教えていただけますか?

佐藤 近年、年上の女性と恋愛をする作品が、割とたくさんあって、僕もドラマのいち視聴者として楽しく見させていただきながらも、いつか、特に20代のうちにこういう作品をやってみたいなと思っていました。いわゆる子犬系というか、こういう役をやりたいと思っていたので、念願叶いました。

■ちなみに、初めての1人2役にも挑戦されているというところで、1人2役も念願叶ってといった感じでしょうか?

佐藤 そうですね。俳優をやっている人は誰しも憧れるんじゃないかなって思います。1人2役という肩書きもカッコいいですし(笑)。

神宮寺くんが学生役だったんですが、もう学生役は来ないかもしれないと思っていたタイミングだったので、20代の内にもう一度学生役ができたことも嬉しかったですね。



■実際に制服を着られていかがでしたか?しっくりくる感じでしたか?

佐藤 着る時まではちょっと不安だったんですけど、着てみたら、まだまだいけるなって思いました(笑)。なので、需要があるうちは、着たいと思います(笑)。

■1人2役を演じ分ける上で意識したポイントや、それぞれどういう人物像を持って演じられているか、教えてください。

佐藤 光琉の場合は、最初ちょっと不気味なくらいだなと個人的に思ったんですよ。

お金を貸してもらって、後日会社まで来てみたいな。ちょっと図々しいような部分もあるんですけど、それでも相手に、この子の近くにいたいなって思わせる小動物っぽさとか。ほっとけない雰囲気や言葉遣いなど、そういうのは光琉を演じる上で凄く意識しています。

あと、光琉の初登場はも、汚れた感じはスニーカーが少し汚れているくらいにとどめて、常にピュアな青年のような綺麗なイメージでいたいなと思っていました。

神宮寺くんの場合は、もうTHE少女漫画に出てくる、みんなの憧れみたいな人物をイメージして、まずはビジュアルから入って、仕草なども意識してみました。

光琉と神宮寺くんの役のイメージは、弟と岩田さん!



■ちなみに身近なところで参考にされた方はいますか?

佐藤 身近過ぎるんですけど(笑)、僕、一個下に弟がいて、もうずっとだらしないんですよ。彼が引っ越しをする時も全部僕が手伝っていて。

今日もちょうど電話をしていたんですけど(笑)、ちょっとむかつくところもがあっても、ほっとけないみたいな人なんですよね。で、なんでこの人はほっとけないんだろうって俯瞰で見た時に、光琉に似ているなって思って、光琉を演じる上では参考にしましたね。身近過ぎますけどね(笑)。

神宮寺くんの場合は、もう岩田剛典さんですね。岩さんが20代前半で学生役をやっていたらこんな感じだったんだろうなみたいな。

岩さんとは多い時で週4くらいプライベートでご飯に行ったりしていて、可愛がっていただいているんですけど、会話をしながら勝手に盗んでいます(笑)。完璧な人ってどんな感じなんだろうなって。

■岩田さんに、今回出演に関してのお話はされたんですか?

佐藤 ドラマ出演のお話はしました。岩さんが「またドラマに出るの凄いね。続いているね」みたいな感じで言ってくださって。でもそこで僕が岩さんを参考にしていますっていうのは一切伏せていますね(笑)。

■岩田さんは、インタビューで知ることになるんですね(笑)。

佐藤 そうですね。きっと岩さんも喜んでくれると思います(笑)。

頭ポンポンをやる場面があったんですけど、それはちょっと照れちゃいました(笑)。



■今回1人2役に初挑戦ということなんですけど、実際にやられてみて印象的だったこと、難しかったことはありますか?

佐藤 神宮寺くんをやった時に、学生時代の優芽子に対して、例えば頭ポンポンをやる場面があったんですけど、それはちょっと照れちゃいました(笑)。高校時代の優芽子役を本当の17歳の菅田(愛貴)さん子が演じていて、対して10歳上の僕が頭ポンポンをやるとなると、流石に照れるなって(笑)。他にもカメラ目線をしなきゃいけなかったり。なかなか普段のドラマではないようなキラキラシーンを撮らなくてはいけなかったので、そこは照れましたし、慣れないので大変だったなって思います。

あと、こんなに苦戦するんだって思ったのが、神宮寺くんがサッカーでゴールを決めて、女子たちにガッツポーズをするみたいなシーンがあって。実際にゴールを決めないといけないんですけど、僕もサッカー経験者なので、すんなりできると思っていたものの、ゴールを決めるまでに僕のせいで8〜9テイクくらいかかっちゃいました(笑)。苦戦しましたね。

それと、優芽子の回想を挟んで、観覧車の中で光琉と神宮寺くんが交互に出てくるシーンがあるんですけど、そこの2人の演じ分けも難しかったです。あと物理的なことで言うと、観覧車を降りて、一周するまでに「(光琉から)神宮寺くんになって戻ってきてください」って言われて、もうスタッフさんと猛ダッシュして、早替えをして、髪型を直してみたいな(笑)。ゼーゼー息を切らしながらやりました(笑)。それが一番印象に残っていますね。



■2つの役の中で特に注目してほしいポイントや見所はありますか?

佐藤 髪型とかも少ししか変わっていないですし、顔はこのままなので、「いや一緒じゃん」って言われたら悔しいなって思うので、先ほども少しお話した、立ち振る舞いや言葉遣いなど、細かい部分で違いを見つけていただけたらなと思いますね。

■表情や言葉で特に意識したことはありますか?

佐藤 神宮寺くんは、やっぱり若干、優芽子寄りというか。少し上の目線で物事を見ている印象が僕あったので、嫌味にならない程度に若干上からを意識して、ドSとかではないんですけど、ちょっとだけSっぽさが入った感じがいいのかなと思って演じていました。

光琉の場合は、イラつかない程度の未完成さを意識しました。この子ほっておけないみたいな。そこの絶妙なラインを意識して、演じ分けましたね。

キスシーンよりも、こういうシーンの方が照れるんだなって



■演じてみて、ちょっと自分もドキドキしたなとか印象的だった場面があれば教えてください。

佐藤 公園でデートをするシーンがあるんですけど、「糖分補給」と言って、2人でキャラメルを舐めるんですよ。その時優芽子が「食べる?」って光琉にキャラメルを出して、優芽子が1人物思いにふけっている時に、光琉が優芽子の指からパクッて食べるんですよ!それは台本を読んでいる時から照れるだろうなって思っていたんですけど、本番でもめちゃくちゃ照れて(笑)、カットがかかった瞬間に大政さんに凄く謝りました(笑)。

■恥ずかしくなって謝っちゃった感じですか?

佐藤 はい。目も見られなかったです(笑)。

■そういう距離感の近いのに弱かったりするんですか?

佐藤 そうですね。今まで意外と恋愛作品もやらせてもらっているんですけど、ここまでわかりやすく、少女漫画っぽいキュンキュンシーンをやる機会がなかったので。キスシーンよりも、こういうシーンの方が照れるんだなって、やってみて思いました(笑)。




■ちなみにちょっとこれも照れちゃいそうだなと思うシーンはありますか?

佐藤 優芽子の部屋に行って、壁ドンのようなことをしたり。でも壁ドンは流石に照れないとは思うんですけど、その後にシャワーを浴びて、上半身裸で光琉が出てくるみたいなシーンの説明があって、しかも割と長い時間上裸でいることになっていて、それはちょっと照れるなって思いますね。

■ちなみに異性からやられたらキュンとしてしまいそうな女性の仕草はありますか?

佐藤 めちゃくちゃ変わっているって言われるんですけど、TVで食リポを見ていても思うことなんですけど、一緒にご飯を食べに行った時に、口に食べ物を含んだまま、「美味しい」っていう女性いるじゃないですか。僕は、ご飯を飲み込むよりも先に、感想を伝えてくれようとする一生懸命な感じが凄く好きです。TVで見ても、いいなって思いますね。

■無邪気だったり一生懸命な感じにキュンっとするんですね。

佐藤 そうですね。好きですね。

僕も “理想ノカレシ”になるために料理を勉強するんじゃないですかね。



■優芽子は今でも高校時代の初恋の相手を理想の男性だと思っていますが、佐藤さんご自身は、高校時代と今とで理想の彼女像は変わったりしていますか?

佐藤 いや、変わっていないですね。

■ちなみにどういう女性が理想ですか?

佐藤 やっぱり一番は、お互いに尊敬できる人がいいなって思います。仕事の面でも、プライベートでも。

あとは、僕は家事が苦手で、特に料理ができないので、理想の彼女像は家に帰ったら美味しいご飯を作ってくれる方がいいって、学生時代からずっと言い続けています。その2つは今も変わってないです。

■もし好きになった彼女が料理が苦手な優芽子みたいなタイプだったらどうしますか?

佐藤 料理教室に通わせます(笑)。

一同 (笑)。



■もし彼女に佐藤さんが作った料理が食べたいっておねだりをされたら、作ってあげますか?

佐藤 えー、そこまで言われたら僕もやっぱり“理想ノカレシ”になるために料理を勉強するんじゃないですかね(笑)。

■そんな時に、作ってあげたい料理はありますか?

佐藤 オムライスですね。

■いいですね。ケチャップでハートを描いたり。

佐藤 やりたい(笑)。そういうイチャイチャいいですよね。

■ちなみに料理に挑戦されたことは?

佐藤 それこそ自粛期間に料理にやってみようと思ってやりました。で、できなくはないんですが、好きになれなくて、結局続けられなかったです。

■じゃあ、料理が好きな人がいいかもしれないですね。

佐藤 そうですね。料理好きだといいですね。僕は美味しく食べる専門でお願いします(笑)。
あと、難しいと思うんですけど、中華とか作ってほしいです。

「#慧人の独り言」投稿を書いている時、僕横にいたんですよ(笑)。



■ドラマ放送日に、「#慧人の独り言」をつけて、木村慧人さんがファン目線のような感想をTwitterに連投していますよね。

佐藤 ありがたいですよね(笑)。めちゃくちゃ嬉しいです。

実は、2話か3話くらいの投稿を書いている時、僕横にいたんですよ(笑)。確かツアーか何かで地方にいるタイミングで、リアルタイムでの視聴ができない時だったので、先行配信を観て、先に感想を書いて、下書きに入れていて。それを横で僕が見るっていう(笑)。ちょっと恥ずかしかったですけど、嬉しかったです(笑)。

■素敵ですね。「liar」の時も、メンバーさんがTwitterに感想を書かれていましたよね。いつ頃からそういう投稿がスタートしたんですか?

佐藤 あれはグループで初主演したドラマ「マネキン・ナイト・フィーバー」の時に僕ら発信で始まったんですよ。それ以降も、メンバーの誰かがドラマに出ると他のメンバーが感想を投稿するようになって、それが今も続いているっていう。これからも続けていきたいです。

理想の男性像は、実の父、HIROさん、AKIRAさん、岩さん。



■最後に佐藤さんが思う“理想の男性像”と具体的な名前も教えていただけますでしょうか。

佐藤 一番は、仕事に真っ直ぐに向き合っている人かなって思いますね。あとは、周りへの気遣いがきちんとできる人。それは同性でも異性でもいえることかなって思います。あとは、背中で語ってくれる人かな。

具体的に言うと、やっぱり僕の実の父とか、HIROさんになると思いますね。

■結構年齢高めの方を想定しているんですね。

佐藤 将来的に考えるとそうですね。年齢が近めなところでいうと、やっぱり岩さんかな。あとはAKIRAさんもそうですね。

■ちなみに、どういったところが?

佐藤 とにかく色んな方へ気遣いができたり、チームのことをメンバーやマネージャーさんに発信してくれたり、意見をいってくれたりだとか。あとは後輩をサシ飯に連れていってくれたり。そういうことを、年を重ねてもずっとされている方なので、僕にとっては、男の中の男というか。そんな男性が理想だなって思います。



■佐藤さんは後輩をサシ飯に連れて行ってあげたりとかは?

佐藤 事務所内だったら一番行っていると思います。後輩が好きなんですよ。自分が今まで一番下の立場だったから、自分に後輩ができたことが凄く嬉しくて。あと、僕から誘うというよりは、後輩が「今日ご飯にいきましょう」って誘ってくれることが多いですね。

■ではちょっと理想の男性に近づいているような感じがしますね。

佐藤 はい。着々と(笑)。

■ありがとうございました!


【撮影MAKING MOVIE】
coming soon・・・



★佐藤大樹サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\佐藤大樹 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡


応募締切:2022年8月14日(日)

<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]

① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼントツイートをRTする。

③ インタビュー投稿をRTする。


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。


ーPROFILEー



佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)

1995年1月25日生まれ。埼玉県出身。
EXILEとFANTASTICS from EXILE TRIBEメンバー。アーティスト活動の他にもドラマ出演など俳優としてもマルチに活動中。
主な出演作は、日本テレビ系ドラマ「ワイルド・ヒーローズ」(2015)、日本テレビ系ドラマ「HiGH&LOW THE STORY OF S.W.O.R.D.」(2015)、東海テレビ・フジテレビ系ドラマ「恐怖新聞」(2020)などがある。また初出演舞台「錆色のアーマ」(2017)、映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』(2020)、ドラマ「liar(ライアー)」(2022)では主演を務めている。

[Twitter] @taiki__official
[Instagram] @taiki_sato_official


―INFORMATION―
TBSドラマストリーム「理想ノカレシ」
地上波放送時間:毎週火曜深夜24:58~25:28
(※一部地域を除く)

出演: 大政 絢、佐藤大樹、堀 未央奈、小宮璃央、生島勇輝、大谷凜香、菅田愛貴、速瀬 愛、高橋 凛、コッセこういち、小笠原 海 (超特急) 、瀬戸さおり、細田善彦
原案:渡邉真子
脚本:木村涼子
プロデューサー:韓 哲、堀 英樹 (TBSスパークル)
配信プロデューサー:高橋智大、近藤貴明
演出:韓 哲、古林淳太郎 (TBSスパークル)
オープニング主題歌:超特急 「クレッシェンド」 (SDR)
エンディングテーマ:Towana 「ベール」 (U/M/A/A Inc.)

※各話「Paravi」「U-NEXT」にて地上波放送の1週間前、毎週火曜12:00に先行有料配信(地上波放送後、「TVer」「TBS FREE」「GYAO!」にて無料1週間見逃し配信)

[HP] https://www.tbs.co.jp/risounokareshi_tbs/
[公式Twitter] @drama_streamtbs
[公式Instagram] @tbs_drama_stream
[公式TikTok] @drama_stream_tbs

新着ニュース

Present

more