無料メンバーシップになる
無料メンバーシップになる

Search

8号車に「ついて来いよ」って言ってるけど、実は8号車も僕らをリードしてくれているんだよなって。-超特急から8号車へ“10年分のありがとう”を込めた新曲「クレッシェンド」インタビュー<後編>



ホールツアー『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022 Progress』を絶賛開催中の【超特急】が、CDデビュー10周年記念日となる2022年6月10日(金)に、8号車(ファン名)への“10年分のありがとう”と込めた新曲【クレッシェンド】をリリース!

さらに、 “8号車の日”である2022年8月8日(月)に 【10周年記念ツアー「Progress」“8号車の日”】の開催も発表!

今回Emo!miuでは、10周年も“8号車へのありがとう”を胸に、常に上を目指して前進し続ける【超特急】のインタビューを<前編・後編>でお届けします。

インタビュー後編では、ホールツアー『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022 Progress』を開催中の彼らに、地方公演オフ日に楽しみにしていること、10年間ともに歩んできたメンバーと8号車へのありがとうの想いについても話していただきました。メンバーへのありがとうタイムでは、メンバー全員で肝試しに出かけたというツアー中の仲良しすぎる裏話が飛び出したりと、エモいエピソード盛りだくさんでお届け。

8号車へのありがとうソングということで、インタビューカットは8号車カラー“ピンク”をテーマに撮影。“ピンク”のハート型の風船に囲まれながら撮影したエモいインタビューカットも必見です!♡




ツアーのオフ日にみんなでサイクリング。



■Twitterで、ツアーのオフ日にサイクリングをしている動画を拝見したんですが、あれはタクヤくんとリョウガくん?

タクヤ あ、あれは一応みんなで行きましたよ。

カイ 写真と動画はタクヤとリョウガの2人なんですけど、みんなでいきましたね。

■あのサイクル動画のように、今ツアーの行先で楽しみにしていることはありますか?

カイ フクオカ~!

リョウガ なにゆえ?

カイ ご飯が美味しいから~。

超特急 (笑)。

カイ っていうのもあるし(笑)、サーティワンも行きたいし!

リョウガ なんで?(笑)。あるよ東京に。

カイ それは半分冗談なんですけど(笑)、とにかくご飯が美味しいので、美味しいご飯をいっぱい食べれたらいいなって思います。



■何を食べたいですか?

カイ 何でもいいですけど、福岡の有名な屋台のラーメンとか行ったことないので行きたいなって。僕普段あまり小麦を摂らないんですけど、そういう時だけは盛大に摂っちゃおうかなって。

タクヤ (屋台は)やってるのかな?

カイ やってないのかな。でもやってたら行きたいです。

タクヤ 外だから換気もいいし、復活してそうですよね。

タカシ むしろ安全なんじゃない?外だから。

超特急 確かに。

カイ なので、せっかくなら行きたいなって。

■リョウガくんはいかがですか?

リョウガ 新潟。

超特急 いいねー。

カイ もうすぐじゃん。

リョウガ 前に行った時に、ケータリングのお米に“新潟の”って書いてあって。

カイ そうだったね。

タカシ お米は誇りやからね。

カイ めちゃめちゃ美味しかったよね。

リョウガ やっぱり全然違いましたね。今回もそれが楽しみですね。新潟のお米だといいなって希望も込めて。

みんなも挨拶してくれるって言ってくれたので嬉しかったです。



■タクヤくんはいかがですか?

タクヤ 僕は近々なんですけど、北海道ですかね。

■明後日ですね。

タクヤ はい。もうすぐです。ゲーム仲間でもある、ウィンレッドがライブを観に来るんですけど、せっかくなので裏に来てもらってみんなに会わせようかなって。

超特急 会いたいな。

リョウガ 多分コミュ障を発揮しすぎて何もできないと思うけど(笑)。

ユーキ いやー可愛いよ絶対。

リョウガ もうバシバシ行こうぜ(笑)。

ユーキ 久しぶりって!絶対にバシバシ行ってあげた方がいいよ。

リョウガ グイグイ行こう!

タクヤ 彼、北海道に住んでいるんですけど、去年はわざわざこっちまで来てくれて。でも今年はホールで北海道に行くことが決まったから、今度は逆に会いに行ってあげようかなって。

■ライブ後とかにご飯とか行けたらいいですね。

タクヤ そう、オフの時間も会えたらいいんですけどね。

カイ 結構タイトだもんね・・・(笑)。

超特急 (笑)。

タクヤ そう、結構タイトだから。

リョウガ 弾丸なので(笑)。



■ユーキくんはいかがですか?

ユーキ 僕は熊本ですね。馬刺しも好きですし、結構熊本の知り合いの方も多くて。あと、熊本に限らずなんですけど、サウナに行くのにハマりつつあるので、熊本のサウナに行ってみたいなって思っています。

カイ 熊本に有名なサウナがあるの?

ユーキ わからない(笑)。

超特急 (笑)。

■こんなサウナに行きたいみたいな願望があるんでしょうか?

ユーキ 僕はやっぱり、山とかのテントサウナみたいなのに憧れますね。そのまま川に入ったりとか。

タクヤ 水風呂が川!?

ユーキ そうそう。そういうのに憧れるんですけど、そんな遠くまでは行けないので。だからライブ会場やホテルの周辺でいいサウナないかなって思っています。

■タカシくんはいかがですか?

タカシ 僕、もう1回行ってはいるんですけど、大阪のオリックス劇場で久しぶりにライブをするのが楽しみですね。あとは、前回のグランキューブ大阪でやった時に、久しぶりに自分の親族というか、母と姉に会えたのは嬉しかったです。コロナになってから全然会えてなかったので。

カイ 2年半ぶりとかだよね。

タカシ そうなんだよね。やっぱり気をつけているので、実家にも帰ってなかったんですけど、ライブ終演後に挨拶にも来てくれたんですよ。
で、久しぶりに会ってちょっとお話もできたので、そういった意味でも、また次回大阪に行く時のモチベーションにもなりました。

■メンバーもタカシくんのご家族に挨拶をして?

超特急 しました!

タカシ してくれました。終演後はバタバタするので、自分1人で会おうかなって思っていたんですけど、みんなも挨拶してくれるって言ってくれたので嬉しかったです。

1人1人に気遣いしてくれるメンバーなので、日々の些細なことでもありがとうって思う



■8号車へのありがとうソングということで、今回はあえて、メンバーへのありがとうエピソードを教えていただきたいです。

タカシ 助かったなって思うことは、僕お酒飲めないんですけど、お酒を強要するグループじゃなくてよかったなって(笑)。

超特急 (笑)。

ユーキ いやいや(笑)。

タクヤ もしそんな人(お酒を強要する人)がいたとしたら、そんな人とは付き合わない方がいいよ(笑)。まあ、若干少し怪しい人がいるけどね(笑)。(ユーキくんを見ながら)

ユーキ え、誰だ?(笑)。

タクヤ ごめんね。話し遮って。タカシ続きをどうぞ(笑)。

タカシ (笑)。僕とリョウガだけ飲まない時もあったりするんですけど、メンバーが「いいよ飲まなくて」って言ってくれるんですよね。でも付き合い的に飲まないといけないのかなって場面ってあるじゃないですか。でも、超特急はそういうの一切ないのでありがたいなって思います。

タクヤ それはパワハラだよ。大丈夫、そういうことがあったらちゃんと言って。

タカシ ありがとう。そういう時とか、僕にもそうですけど、1人1人に気遣いしてくれるメンバーなので、そういった日々の些細なことでもありがとうって思うことは、沢山あります。

ツアーで広島に行った時に、肝試しに行こうってなったんですよ。



■ユーキさんはいかがですか?

ユーキ やっぱそうっすね。いやーあのー。

リョウガ あいつでねぇぞ(笑)。

超特急 (笑)。

ユーキ そんなことないよ(笑)。ライブのハプニング系はタクヤに、臨機応変にアドリブで助けられたりしていますし。怖い系は最近カイに救われることがあって(笑)。意外とカイも苦手だったことをこの間知ったので(笑)。

超特急 (笑)。

タカシ 怖いもの苦手な仲間がいてよかったね(笑)。

ユーキ 仲間がいたよ(笑)。

タカシ 広島の時の肝試しね(笑)。

ユーキ そうそう。ツアーで広島に行った時に、ちょっと肝試しに行こうってなったんですよ。その時ここら辺(タクヤ、リョウガ、タカシ)が結構乗り気だったんですけど。

■サイクリングの時ですか?

タクヤ はい。その日の真夜中に(笑)。

タカシ 深夜1時とかね。



■実際に行ったんですか?

タクヤ 行きました(笑)。

タカシ 真っ暗闇の山に(笑)。

タクヤ ただ暗いだけですよ(笑)。

ユーキ そこで、俺が何かを言う前に(カイが)  「行かない方がいいよ!危ない!やめようよ!」って言ってくれる時もあったので(笑)。

超特急 (笑)。

タクヤ やたら口数多いんですよね(笑)。だから、かわいいなって、怖いんだろうなって(笑)。

超特急 (笑)。

ユーキ いやーカイにはめちゃめちゃ助けられました!(笑)

カイ 助けてねぇよ別に(笑)

超特急 (笑)。

ずっとユーキに首もと引っ張られていて(笑)。



■誰の発案で行くことになったんですか?

ユーキ ここらへんだよ。ここらへん!(主にタクヤくんを指さして)

タクヤ そうですね(笑)。その日のお昼くらいに「行こうぜ!」って話はでていて、それからずっとなんかダラダラして。

カイ 気が付けば1時だったんだよね(笑)。

タクヤ で、寝ようかって多分誰かが言いそうだなってタイミングで、今しかないと思って僕が「やっぱり行こう!」って(笑)。

リョウガ 「え、どこに?」って(笑)。

カイ とんだサプライズだよ!

ユーキ 本当だよ!

■1時に行こうってなったってことは、きっと丑三つ時に肝試ししたってことですよね。凄い(笑)。

リョウガ 最悪来なきゃいいじゃないですか。でも、怖いって言いながらもついてくるんですよ(笑)。

タクヤ そうそうそう!

ユーキ それはそれで怖いじゃん(笑)。

超特急 (笑)。



タクヤ ユーキはずっとタカシの背中をこうやって(笑)。(肩を持つ仕草をしながら)

リョウガ もうフード掴んでたよね(笑)。

タカシ 僕ね、ずっとユーキに首もと引っ張られていて(笑)。

リョウガ ううぇってなってた(笑)。

超特急 (笑)。

カイ そっちの方が怖いよね(笑)。

ユーキ それ俺じゃないよ!幽霊だよ(笑)。

カイ お前だよ(笑)。

超特急 (笑)。

タカシ 一応携帯で、Vlog用の動画を回していたんですけど、その時とかもずっと首絞められていて(笑)。

ユーキ 生霊だよそれ!怖いわ!

タカシ 生霊じゃないわ、生きてるわ(笑)。

超特急 (笑)。

今まで自分がダンスを続けられたのも、元を辿れば、高校がカイと一緒で、カイが教えてくれたから



■(笑)。タクヤくんはいかがですか?

タクヤ ありがとうですよね。もう、ありがとうは毎日思っていますね。

超特急 うわっ(笑)(小声)

タクヤ (笑)。僕はその思いをやっぱり言わずとも常に持っていますし。

超特急 でたっ(笑)(小声)

タクヤ (笑)。このメンバーたちがいなければ今、僕はいないですし。えー本当にありがとうございます(笑)!

カイ 本当に俳優やってる?(笑)

超特急 (笑)。

カイ 急にそんなに棒読みになる?(笑)

超特急 (爆笑)。

タクヤ (笑)、でも、本当にそうなんですよ。



■メンバーと出会ったことで、ご自身は何か変わりましか?

タクヤ いや、変わらず迷惑をかけていると思いますよ。面倒くさいんで僕。

(笑いながら頷くリョウガくん)

タカシ いやいや。

(横にいるリョウガくんの太ももを思いっきりたたくタクヤくん)

リョウガ アァァーーー!

超特急 (爆笑)

カイ 普通、そんなことないよ。ですよね(笑)!

ユーキ 1人だけ(笑)。

タカシ ちょっと間違えちゃったみたいです(笑)。

■首の振り方を間違えちゃったんですね(笑)。

タカシ はい、そうです。罰が当たったんです(笑)。稲妻が走りました。

カイ めちゃめちゃいい音したよ(笑)。

リョウガ (衣装)薄いから、凄く薄いからね、これ。もう皮膚みたいな服だからこれ(泣き笑い)。

超特急 (笑)。

タカシ 皮膚スラックスやからな(笑)。

タクヤ (笑)。この間、本当にたまたま事務所で昔の映像を見ていて、僕のオーディションの映像とかもあったんですけど、今まで自分がダンスを続けられたのも、もっと元を辿れば、高校がカイと一緒で、カイが教えてくれたからですし。カイが教えてくれなかったら、もしかしたらオーディションも落ちたかもしれないですし。加入してからもカイやメンバーがリハーサルとかで細かい部分とか教えてくれたりがなければ多分今の自分はいないと思うので、だから、そうですね。本当に毎日感謝しています。

インスタの投稿にいいねしてくれてありがとう!



■リョウガさんはいかがですか?

リョウガ えー、いつもーえっとユーキになんですけど、本当に凄く感謝していることがあって・・・インスタの投稿にいいねしてくれてありがとう!

超特急 (笑)

カイ そんなにリョウガ投稿してないでしょ(笑)。

リョウガ そうだからこそ!

■テキストが上がる独特の投稿ですよね(笑)。

リョウガ な、なんか詳しいな!

カイ メモ帳のスクショ(笑)。

タクヤ あれ面白いよね。Twitterでいいじゃんって思うけど(笑)。

超特急 (爆笑)。

カイ Twitterやれよ(笑)。

リョウガ そんなこと言われても(笑)。

ユーキ インスタにTwitter向きの投稿ばかりしているからこの人(笑)。

タカシ 親戚から送られてきた○○とか(笑)。プライバシー保護のためにとかいってモザイクであげて(笑)。

超特急 (笑)。

リョウガ でも(ユーキのいいねが)モチベーションなりますね!

超特急 (笑)。

タクヤ じゃあ、みんな押してあげるよ(笑)。

リョウガ えーうそ!本当に!(ちょっとふざけながら)

超特急 顔(笑)。



■基本いいねはユーキくんが押してくれているんですか?

リョウガ いや、タカシもちょくちょく。

カイ でも俺、最近誰にもやってない。

タクヤ 一時期、毎日全員にいいねを押している時があったんですよ!

リョウガ あったよね!

タカシ でも急にやめたんですよね。

ユーキ なんかあったんだね。

カイ インスタリセットしてから変わっちゃったなー(笑)。

タカシ いや、恥ずかしくなっちゃったんですよ(笑)。

リョウガ 恥ずかしくなっちゃった!?(笑)

タカシ そこにフォーカスが当たると思ってなくて。いいねしているよねって言われるようになったので(笑)。

タクヤ 8号車はすぐ気づくもんね(笑)。

■確かに。フォローしている人なら、誰が誰にいいねしているかわかりますもんね。

タカシ  そうなんですよ。恥ずかしいじゃないですか(笑)。

この間YouTubeでコメント読んでくれてありがとう!



■いつかリョウガくんの投稿に全員のいいねがくる日もあるかも。

リョウガ そうっすねー。それ目指して頑張っていきたいと思います!

タクヤ 前にさ、インスタのコメントでやりとりしてたのがそのままネットニュースの記事になってたよね。

カイ あったあった!

リョウガ そうだっけ?

タカシ 遠征中だよね。

タクヤ そうそう!何かのツアー中、ユーキの投稿にみんなでコメントして。

ユーキ やってたね(笑)!俺が1人で神社行った時ね。

タクヤ “超特急、インスタがLINEグループ化”みたいな(笑)。

リョウガ またやるか!

タクヤ 次は、“リョウガ、InstagramがTwitter化”で(笑)。

超特急 (爆笑)

リョウガ そんなんでなるか!(笑)

タカシ 青で、何かの動物シルエットとかにしてさ。鳥はあかんからさ(笑)。

リョウガ いや、インスタとTwitterから来るよね。DMでおやめくださいって(笑)。

超特急 (笑)。

リョウガ あと、この間YouTubeでコメント読んでくれてありがとう!

ユーキ でも僕、どのコメントか知らないですよ。普通にプライベートアカウントでコメントしてきて(笑)。

タクヤ えっ!それは凄いね(笑)。そのコメントの内容も教えてないんだ?

リョウガ 言ってない(笑)。

タクヤ そりゃそうだよね(笑)。

ユーキ 気になるんだよね。

タクヤ 俺も気になるな。

リョウガ っていうのもありましたね。いつの放送かは秘密ですけど。でもつまらなかったので、すぐに見るのやめました(笑)。

ユーキ おい!!(笑)

タクヤ 一言余計なんだよね。

タカシ 言わなきゃいいのに。

タクヤ 本当だよ(笑)。

リョウガ ありがとう!!

■今後、いいねは来ないかもしれないですね(笑)。

リョウガ まずいっすね。今の撤回で(笑)。

超特急 (笑)。

タクヤはどっちにも居てくれたので、変えがたい存在



■カイくんはいかがですか?

カイ タカシは1人のボーカルとしてもう4年以上も超特急を支えてくれて、核としてずっといてくれてありがとうっていう気持ちもありますし、ユーキはダンスリーダーとしてみんなを引っ張ってくれて、振り付けもそうですし、ライブの演出もやってくれてありがとうという気持ちもあるし。タクヤがさっき言ってくれたように、僕自身もタクヤがいなかったら結構しんどいなってことも沢山あったので、いてくれてありがとうっていう気持ちですね。

(しばしの沈黙)

■タクヤくんには同級生だからこその何かもあるのでしょうか。

リョウガ え、俺は!?

超特急 (笑)。

リョウガ 今、完全に「ですね」で終わってたよね(笑)。

カイ エモミューさんもナイスです(笑)。連携!

■すみません!(笑)。

タカシ (エモミュー)紫なのに?(笑)。

リョウガ だよね!紫ですよ!(笑)おかしいなー。

超特急 (笑)。



■全力で応援しています!

リョウガ 本当に?頼むよ!これからもよろしくお願いしますね!

タクヤ わかってないなーだからこそだよ。

リョウガ あ、そうなの!?

タクヤ いじり方をわかってるんだよ。

ユーキ そうだよ!理解してくれてるんだよ。

リョウガ うわーおいしいわ!ありがとうございます!

超特急 (笑)。

タクヤ 話切っちゃってすみません(笑)。続きをどうぞ。

■こちらこそ、すみません(笑)。タクヤくんは同級生だからこそ相談しやすいこともあったりするのかなと。

カイ 同級生がというより、一緒に練習したり、一緒にレッスン場に向かったり。超特急の思い出と、学生時代に一緒に踊ったりとか、そういうプライベートでの思い出が入り混じっているんですよね。タクヤはどっちにも居てくれたので、変えがたい存在ではあります。

・・・以上です(笑)。

タクヤ 本当にないみたいになっちゃってる(笑)。

リョウガ ん?

超特急 (笑)。

頼りないよってふりをして、凄く頼りがいがある



カイ いや、リョウガいっぱいあるって!いつもなんかね、ありがとうね(笑)。

リョウガ ちょっと待って。ないじゃん(笑)。

カイ (笑)。

リョウガ ん-?ないよね?

超特急 (笑)。

カイ いつも本当にありがとう!(笑)

リョウガ ないよね、それ(笑)。

カイ (笑)。

■リーダーとして引っ張っていますよね!

カイ 引っ張ってくれてありがとう!(笑)

リョウガ え、エモミューさんもグルなん!?

カイ (笑)。でも、なんていうんだろうな、引っ張ってないように見えて超特急を引っ張っているので、そういう部分はやっぱりみんなが頼りにしていますよ。まあ本人も自覚はあると思いますけど(笑)。

超特急 (笑)。

リョウガ なんか新しい言い方(笑)。

カイ 本人もそういう風にしているって本当は自覚あると思うんですけど(笑)、頼りないよってふりをして、凄く頼りがいがあるので、そういう面では結局凄くリーダーだなと思います。助けられている部分は多いですね。なのでそこは、サンキュー!みたいな(笑)。

リョウガ 軽!軽いな~最後(笑)。

超特急 (笑)。

リョウガ でもありがとう!(笑)

8号車へありがとう



■最後に、皆さんにとって8号車はどんな存在なのか、また8号車へありがとうの想いをメッセージでお願いします。

カイ 8号車は、超特急がいる意味だと思いますし、これからも一緒に肩組んで歩いていけたらいいなと思っています。本当に感謝だらけですし、凄く大切な自慢したい存在ですね。他の人のファンのみんなにも、他のアーティストさんにも自慢したい存在です。

リョウガ 改めてこのオーディション企画を発表してから、数週間経ちますけど、その中で色んな意見がある中で、8号車の中でそれぞれが整理というか。前向きに、それでも応援すると言ってくれている言葉を実際にこの目で見ると、闘志というか、士気というか、熱いものがこみ上げてきますし、僕らにとって8号車は本当に全ての源なんだなと改めて実感しました。

これからも同じメンバーとして、一緒に走っていきたいです。

タクヤ やっぱり日頃から凄く感謝の気持ちでいっぱいですし、どんな形になれど、超特急という存在は、走り続けると思いますので、信じてついてきてほしいなと思います。

本当にいつもありがとうございます。

ユーキ 超特急にとって8号車は力の源ですし、8号車のみんなにとっても超特急が源だったら嬉しいなって思います。

「Progress」には前進という意味もありますけど、一番はライブを通して証明していくので、僕らの姿を8号車のみんなに見ていただきたいです。僕らの存在が、ライブが、8号車にとっての力に、何かのきっかけになれたら嬉しいなと思います。これからも支え続けられるように僕らも頑張っていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。

タカシ 僕たちは8号車を同じメンバーだと思っているんですけど、本当に色んなことを担ってくれているなって感じることがあって。それこそライブに来てくれる、応援してくれるのも一つの担当ですし。

僕たちも色んな場所に8号車を連れて行ったり、会いに行ったりするんだけど、それと同時に、8号車も僕たちのことを色んな場所に連れて行ってくれているんですよね。

例えば、北海道とか熊本とか、地方は8号車がいないとやっぱりいけないですし。だからある意味、8号車に「ついて来いよ」って言ってるけど、実は8号車も僕らをリードしてくれているんだよなって。
特に最近は、お互いに架け橋となる存在になれているんじゃないかなって実感することが多くて、いつも本当に感謝しています。

これからまた大きな節目のスタートを迎えるし、やっぱり新体制になるかもしれないっていう最中なんですけど、そういった関係をこれからもずっと続けていけるような魅力的なグループにもっとなれたらいいなっていう風に思いますね。

■ありがとうございました!






超特急サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント!





\超特急 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2022年8月13日(土)

<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]
① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② 以下の3つの投稿をRTする。




[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②以下の2つの投稿をいいねする。



ーPROFILEー



超特急

史上初!メインダンサー&バックボーカルグループ。
ダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、 タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)とバックボーカルのタカシ(7号車)からなる5人組。
エンタテイメント性の高いパフォーマンスと、<8号車>と呼ばれるファンとの一体感ある参加型ライブで人気を集めている。
[HP] http://bullettrain.jp/
[Twitter] @sd_bt
[Instagram]@bullettrain8

カイ / 2号車
MAIN DANCER / 神秘担当
9月27日生まれ。神奈川出身。

リョウガ / 3号車
MAIN DANCER / ガリガリ担当
10月23日生まれ。神奈川出身。

タクヤ / 4号車
MAIN DANCER / 筋肉担当
11月24日生まれ。東京出身。

ユーキ / 5号車
MAIN DANCER / ドジっ子担当
1月2日生まれ。徳島出身。

タカシ / 7号車
BACK VOCAL / 末っ子担当
9月23日生まれ。大阪出身。


―INFORMATION―
Digital Single「クレッシェンド」
リリース日:2022年6月10日(金)

BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022「Progress」8号車の日
開催日:2022年8月8日(月)
料金:指定席/ファミリー号車席 8,500円(税込)

※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。

新着ニュース

Present

more