Search

「お兄ちゃんが僕の髪を切ってくれて。」-兄弟エピソードがエモすぎる♡もーりーしゅーと 超ロングインタビュー!<ヘアメイク・ファッション・恋愛観etc.>



この兄弟オシャレすぎ!個性ありすぎ!仲良しすぎ!
アーティスト・インフルエンサーとして話題沸騰中のリアル兄弟【もーりーしゅーと】がEmo!miuに登場!

ヘアカラーブランド「フレッシュライト(FRESHLIGHT)」×Emo!miuのスペシャルコラボムービーに出演してくれた2人に、超ロングインタビューに答えていただきました♡

今回は、ヘアメイクをメインテーマに、学生時代のお話やファッション、さらに恋愛観についてインタビュー。仲良しすぎる兄弟エピソードと合わせて、ひとりひとりの魅力をたっぷりお届け。

インタビューカットは、ちょっとやんちゃな制服×パーカー姿で撮影。無邪気な仲良しショットに、彼女目線のソロショットなど、キュン死に必至なエモいインタビューカットも必見です♡



小学5、6年生から中学3年生くらいまでずっとお兄ちゃんに髪を切ってもらってた。




■学生時代のお話をお聞きしたいのですが、小学生の時は一緒に学校に登校されていたんですか?

もーりーしゅーと 行っていました。

しゅーと 登下校は一緒でしたね。お兄ちゃんが卒業した後は、三兄弟なので、弟と一緒に登下校したり。3歳差なので、お兄ちゃんとは小学校だけ唯一かぶったんですよ。

■学校に行く際にやっていたことは何かありますか?

しゅーと 中学生の時は、髪にも興味を持ち始めていたので、自分でヘアアイロンでちょっとセットして学校にいっていました。最初はお兄ちゃんにやり方を教えてもらって、そこから自分でもやるようになって。

あと小学生からお兄ちゃんが僕の髪を切ってくれていて。

■中学生で髪を切ってあげていたんですか!?

もーりー はい。

■凄い!

しゅーと で、中学生までずっと髪を切ってもらって。

もーりー 美容院に行ったことなかったんじゃない?

しゅーと そうだね。



■何年生くらいの時からもーりーくんに切ってもらっていたんですか?

しゅーと 小学5、6年生から中学3年生くらいまでずっとです。

もーりー 俺が切らなくなったの最近だよね。

しゅーと 最近です。美容院行き始めたのは。

あと、中学校の時は、マッシュだったので、ストレートアイロンでちょっとくせ毛を直してサラサラにするやり方をお兄ちゃんから教えてもらって、自分でやって、学校に行っていましたね。

■お兄ちゃんが切ってくれるって凄いですね。

もーりー 髪を触るのが好きだったので、元々自分のをやっていたんですけど、弟ももっと似合う髪型があると思っていたので、「やってあげるよ」って言って、やってあげていた感じですね。

■自分で自分の髪を切っていたんですか?

もーりー そうです。美容院にいかなかったので。

しゅーと サイドをバリカンで刈り上げとかね。合わせ鏡でやってたよね。
だから、僕もお兄ちゃんの影響もあって割と髪に興味を持ったのは早かったかもしれないですね。

■もーりーくんはいつから自分の髪を切っていたんですか?

もーりー 僕は中学1、2年生くらいです。

■その前は美容院?

しゅーと あ、お母さんだ!

もーりー そうそう。親に切ってもらっていました。

■お母さん凄い!

しゅーと でも、お母さんは美容師をやっていたわけでもないので、ただ短く切るくらいで。凄く前髪短かったよね(笑)。

もーりー ただ伸びたから切ってあげるくらいのね。親が赤ちゃんの髪を切ってあげるくらいの感じです(笑)。

自分でやりたい髪型に切ればいいじゃんと思って。



■もーりーくんは何がきっかけで自分の髪を自分で切るようになったんですか?

もーりー 当時はあまり髪を触られたくなくて。
自分が頼んだオーダーで完成しないかもしれない。頼んだままの髪型になるのかわからないなって思って。

しゅーと 最初はちょっと怖いよね。

もーりー 最初は警戒心がありました。
例えば、ハンバーガー屋とかだったら、「このハンバーガーください」って言ったら、ちゃんとそのメニューが出てくるじゃないですか。人によって出てくるものが違うとかないじゃないですか。

でも髪に関しては、「この髪型にしてください」って、写真と同じものを頼んだとしても違う髪型にされることもあって。小学生の時からそう思っていたので、だったら自分でやりたい髪型に切ればいいじゃんと思って。

元々工作とかも得意で、結構見たままを作れたり、クリエイター発想なところがちょっとあるので、その感覚で髪型も写真で見たままを完コピして自分で切っていました。あとワックスもつけたかったので、セットしやすいようにトップは短くして、ここは刈り上げてとか、セットを考えた上でのカットも全部やっていました。

■ちなみに、中学校の時はどういう髪型をしていたんですか?

もーりー 当時、ジェットモヒカンっていうのが流行っていて。

しゅーと あー!ジャスティン・ビーバーさんの髪型みたいなのね。やってたね(笑)。

もーりー もうやったことのない髪型はないくらい色んな髪型をしました(笑)。

しゅーと 色んなカラーにもしてたよね。



■中学生から自由に髪型を変えていたんですか?

もーりー 校則はあったんですけど、あまり気にしないで僕はやっていましたね。

一同 (笑)。

■怒られなかったですか?

もーりー みんなは怒られているんですけど、僕はもう呆れられていたので(笑)。

しゅーと その領域までいってたんだね(笑)。

もーりー 皆さんは注意されたら、多分直すと思うんですけど、僕は怒られても相手が諦めるまで、やり続けるのが得意なので。

一同 (笑)。

しゅーと 得意って(笑)。

もーりー こいついくら言っても聞かないわってところまでいくと、もう注意されなくなります。もちろん悪さをしていたわけじゃないんですけど。

■ヘアカラーなどは周囲には迷惑をかけない、自分単位のことですもんね。

しゅーと 人には迷惑かけないもんね。

もーりー そう。で、先生からは「森いいよ」みたいな。

一同 (笑)。

もーりー だから全然怒られなかったですね。

しゅーと 人として、気に入られるタイプだもんね。人当たりいいもんね。

■うん、確実に悪い人じゃないのは伝わってきますよね。

一同 (笑)。

当時、K-POPが好きだったのもあって、マッシュでサラサラがカッコいいなって。



■しゅーとくんはそういうことなかったんですか?

しゅーと 僕はないですね。本当に真面目に生きてきました。

でも、たまに怒られることもあったんですけど、基本、真面目なので怒られなかったですね。

■髪型をちょっと遊んでみようってならなかったんですか?

しゅーと そうですね。「ちょっと長いから切って」って言われるくらいで、ずっとマッシュでした。

■それは何かこだわりがあったんですか?

しゅーと 当時、K-POPが好きだったのもあって、マッシュでサラサラがカッコいいなって思っていて。その時はずっとアイロンで真っ直ぐにしていましたね。

■最初は、そのアイロンの使い方をもーりーくんから教わったり?

しゅーと そうですね。最初は使い方もわかんなかったので、「どうやってやるの?」って言ったら「やってあげるよ」ってやってもらったり。自分でもYouTubeを見たり、独学でどんどんやっていった感じですね。



■いいお兄ちゃんですね。

しゅーと そうですね。きっかけは結構全部お兄ちゃんからなので。

■マッシュ時代はどのくらい続いたんですか?

しゅーと 結構長いよね?

もーりー ずっとじゃない?

しゅーと だよね。中学校はずっとマッシュだったよね。

もーりー うん。

しゅーと 高校から髪を染め始めて。私服で、髪色も自由な学校だったので、金髪マッシュにしたり、あとネイビーもやっていましたね。ネイビーは色落ちがシルバーになって、凄く綺麗でした。

■高校時代に髪を染めたのは美容院ですか?

しゅーと 最初は美容院だっけ?

もーりー うん。

しゅーと 美容院で金髪に染めて、その後ネイビーを入れたのはセルフですね。1回金髪を楽しんで、ちょっと飽きたらセルフカラーで色入れていました。

でも僕も結構飽き症なので、またすぐ黒に戻しちゃったり。すぐ違う色にすることが多いですね。

緑、青、ピンク、グレー、あとレインボーもやりました。



■もーりーくんはセルフで髪を染めたことはありますか?

もーりー 美容院より、自分でやってきた回数の方が何倍も多いです。
僕、今までセルフブリーチを50回以上やっていて。ブリーチといっても、全頭だけじゃなくて、ハイライトとかも自分で入れちゃうので、市販のブリーチ剤は50箱以上絶対に買っています。親に毎回、「マジでハゲるよ」って言われてもずっとやっていて。

一同 (笑)。

もーりー 伸びた部分のリタッチも全部自分でやっていました。
弟が金髪からセルフでネイビーにした時も、根本の伸びてきた部分は僕がちゃんと境目と色を合わせて綺麗にリタッチしてあげたり。リタッチは別に美容院じゃなくてもできるので、弟のセルフカラーとかもやってあげていましたね。

で、自分の髪を染める時は、三面鏡を使って、ダッカールで止めて、ブロックごと分けて、全部自分で染めていました。ハイライトを入れてメッシュにしたり、インナーカラーにしたり、デザインカラーも結構やりましたし、色も確か、緑、青、ピンク、グレー、あとレインボーもやりました。だから多分やっていない色がないです(笑)。

■今の全部セルフってことが凄いです。ちなみに今は美容院ですか?

もーりー はい。今は美容院です。でも刈ったりとかは、自分でやっちゃったりしますね。

しゅーと ちょっとした調節とかは自分でやってるよね。

■凄すぎて。凄いしか出てこないです(笑)。

しゅーと (笑)。結構独学だよね。習い事とかもしてないし。

もーりー お母さんの髪の毛もロングからショートに切ったり、お父さんの髪も毎回僕が切っています。

■プロ並みですね。お店開けそうなくらい。

もーりー 免許も持ってないですし、本当に独学なんですけど、美容院に行って切ってもらっているのを見て覚えたり、動画見て覚えたりしています。
僕、感覚で全部掴む人なので、逆に説明書通りに教えられると入ってこないんですよ。学校の授業と一緒で。でも見て盗む力は多分人よりあって、自分が一度やってもらえれば、それ通りにやるとできるみたいな。

「森、私服ダサい。髪ダサい。」と女子に言われて。



■ヘアメイクや美容、ファッションに興味を持ったきっかけは?

しゅーと 中学生の頃に、K-POPの影響で、より髪・美容・服に興味を持ちました。
髪に興味を持ったきっかけはお兄ちゃんでもあるんですけど、そこから自分で深く掘り下げて興味を持ったのは中学生くらいです。
あと、ちょうどその時、思春期でニキビもできやすかったので、スキンケアに興味を持ち始めたり。

もーりー 僕は中学生の時ですね。中学校に入学した当初は、服も髪も全然気にしてなかったんですけど、ある日「森、私服ダサい。髪ダサい。」って同級生に言われたのがきっかけですね。最初はそう言われても気にしてなかったんですけど(笑)、言われてから改めて自分を見た時に、やっぱりダサくて。

あと、男子に言われる分には全然いいんですけど、女子にも同じことを言われた時に、より気になり始めて。その言われた日に親に「私服がダサいって言われたんだよね」って言ったら、お父さんがオシャレ好きなので、「今週休みあるからそこで服買いに行って、選んであげるよ」って言われて、そこから一気にオシャレに目覚めました。

僕、スイッチが入ると突き詰めるので、少ないお小遣いでも上手く安い服を買いに行ったりしながらオシャレを続けたら、自分で言うのはあれなんですけど、学校で一番オシャレな人みたいな位置づけになって。僕の服や髪型をみんなが真似するとかも結構ありました。



■学校の流行はもーりーくんだったんですね。

もーりー そうですね。「森が着てる服欲しい」って言われるようになりましたね。

■ダサいっていう一言がなかったら、、、

もーりー もしかしたらずっと変わってないかもしれない。

しゅーと 小学校の時は本当に凄かったもん。服も髪も。ヘルメットみたいな。

一同 (笑)。

しゅーと マッシュでもないんですよ。
マッシュって流れていて韓国っぽいけど、なんか均等に分かれてるんですよ。なんていえばいいのかな。

■坊ちゃんヘアみたいな?

もーりー そんな感じです(笑)。服も全部インしていて。

一同 (笑)。

しゅーと インして、パンツを上まで上げて、常にハイウエストで。凄かったですね。逆に一周回ってなんか(笑)。

一同 (笑)。

お父さんがアメカジが好きなので、その影響はめちゃくちゃ受けました。



■しゅーとくんは?

しゅーと 僕は早かったですね。

お兄ちゃんがオシャレに目覚めたのが中学生で、その時僕は小学4、5年生くらいだったので、その頃からオシャレはしていました。お兄ちゃんがお父さんと一緒に買い物に行く時に、僕も連れていってもらったり。
当時のオシャレなので、今見たらダサってなるかもしれないんですけど、ロンTにベストを着たり、ニット帽をかぶったりしていましたね。

あと、めっちゃチェックシャツ好きでした!腰に巻いたり、赤いチェックを着たり、赤いニット帽をかぶったり。ちょっとアメカジっぽいのが好きで着ていました。お父さんがアメカジが好きなので、その影響はめちゃくちゃ受けましたね。



■お父さんがファッション好きなのに、もーりーくんは小学生の時はそんなにだったんですね。

もーりー 着させられてるのが嫌で。

しゅーと やっぱり子供にはオシャレさせたいじゃないですか。でもそれが逆にちょっと嫌になって、着たくないみたいな感じだったよね。

■自分で決めたものを着ているわけじゃなかったからってことなんですね。

もーりー そうですね。強制されると何でも嫌で。「これやりなよ」って言われても、自分が興味を持たない限りやれないです。

パワーバランスを5連つけたお兄ちゃんに、「携帯で撮って」って言われて(笑)。



■オシャレなもーりーくんがパンツをそんなにあげていたとは全然想像つかないです。

一同 (笑)。

もーりー めっちゃあげていました(笑)。

しゅーと 靴下もあげてなかった?

もーりー あげてた。あと、その時流行っていたパワーバランスっていうのがあって。

しゅーと ラバーバンドみたいなね(笑)。

もーりー UFOキャッチャーとかでたまにある、スポーツ選手とかもつけているようなラバーのブレスレットみたいなのが当時流行っていて。

しゅーと あれ流行ってたのかな(笑)。

もーりー みんなはその時、チェーンのブレスレットとか時計とかオシャレなのを付けていたんですよ。で、僕はその時お金がなかったので、ゴム素材の安いやつをつけていて。

しゅーと あれ5連くらいつけてたよね(笑)。

もーりー そう(笑)。5連くらいつけて。



■それは小学生の時?

しゅーと 中学生の時だよね(笑)。

もーりー 僕、仮面ライダーが好きだったので、ちょっと中二病気質なとこがあって(笑)、腕にめっちゃパワーバランスをつけていましたね(笑)。

しゅーと だからちょっとオシャレに目覚めてはいるけど、そっち行っちゃうのみたいなところはあったよね(笑)。とりあえずつけてればオシャレだろみたいな(笑)。

もーりー そう。バカだったんですよ(笑)。
まず、流行っているからって思って付け始めるじゃないですか。でも僕が知る時にはもう遅くて(笑)。でもって、1個つけたらカッコいい。じゃあ5個つけたらもっとカッコいいじゃんみたいな感じで5連つけていました(笑)。

一同 (笑)。

もーりー だからその当時の写真を見ると腕に水色、黄色、ピンク色のパワーバランスがついているんですけど、もうセーラームーンカラーみたいになっていました(笑)。

しゅーと それをつけたお兄ちゃんに、「携帯で撮って」って言われて、決めポーズ姿を3パターンくらい撮っていました(笑)。

もーりー ラバーがついた腕だけまくってポーズしてるっていう(笑)。

しゅーと 僕より年上ですし、ちょっと一歩先をいってるんだなって思って、これがカッコいいんだって思いながら撮っていたんですけど、今思うとめちゃくちゃダサかったですね。絶対に(笑)。

■3歳の差があるとわからないですよね。

しゅーと そうなんですよ。やっぱりちょっと上なだけで大人に見えますし、まして中学生だしみたいな。でも僕はそっちにはいかなかったです。よかったです(笑)。

もーりー (笑)。

■真似しちゃいそうですけど。

しゅーと 性格も好きになるものも真逆ってくらい違うので、真似はしなかったですね。僕は僕の路線でオシャレを楽しんでいました。

ファッションも対照的な2人。お気に入りの服をずっと同じ着方で楽しんだ後一切着なくなるもーりーと、気に入ったアイテムは着回すしゅーと。




■もーりーくんは中学生でダサいと言われて、オシャレに目覚めたとのことですが、それはいつのタイミング?

もーりー 入学式の日は、自分でいうのはあれなんですけど、モテそうだよねとは言われていて、ちょっと女子から視線を感じたりもしていて。

しゅーと 制服だしね。

もーりー そう。その時は制服姿っていうのもあって見た目だけだったらそんなに悪くなくて、キャラもうるさかったので、ちょっと目立っていた方でもあったので。

でもある日、私服でクラスの女子と男子数人で近くのショッピングモールにあるゲーセン行こうってなって、集まったら、僕以外みんなオシャレをしていて、女子がずっとこっちを見ていて「ダサい」って言われて。その時、めちゃくちゃテンションが下がって「え、これダサいんだ」ってなって。

しゅーと 確かに。女子に言われたら余計にきついかもね(笑)。男子だったらまだなんだよみたいに返せるけど。女子は(笑)。

もーりー で、帰ってこのことを親に報告して、その1週間後くらいに同じショッピングモールでお父さんと買い物に行って。次、みんなで遊ぶ時にそれを着ていったら、みんなびっくりして。

しゅーと びっくりするよね。別人レベルだよね。

もーりー びっくりしてた。僕のことを小学生から知ってる子たちは、あの森が?みたいな。

しゅーと ついに!みたいな。

もーりー そう。その時「え、どうしたの?かっこいいね」って言われたのが嬉しくて色んなパターンをやってみようって思って。

しゅーと なるほどね。



もーりー でもお金がないので、プライベートは1ヶ月同じ服装でした。

一同 (笑)。

しゅーと でもさ、今もそうじゃない?気に入ったものがあると、本当にずっと同じ着方をするんですよ。僕は、気に入ったアイテムがあったら着回したりするんですけど、お兄ちゃんはずっと同じ着方で。もうほとんど変わらないよね。で、お気に入り期間が終わったら、その服は一切着なくなって、また服を買って、次はそれをずっと着るみたいな。ちょっと独特なんですよ、着方が。

もーりー 1個買って、飽きるまで着て、飽きたらあげたり。

しゅーと そういうの多いよね。こだわりがあるんだよね。

■パタッと興味がなくなっちゃうんですね。

もーりー そうですね。着なくなりますね。

しゅーと 確かに。着なくなった服をまた着たりもしないよね。

■じゃあ、ファッションの系統もですが、着方や選び方も全然違うんですね。

しゅーと 全然違いますね。

めっちゃ計算しとるやん(笑)。-しゅーとも初耳のもーりーのヘアメイクのルーティーンに驚き!?



■ファッションによってヘアセットを変えたりしますか?

もーりーしゅーと 変えますね。

■その時のこだわりはありますか?

もーりー 綺麗めの服装をする時は、ちょっと艶っぽくジェルとかオイルを使って巻いて、ちょっと大人っぽく色気を出したり。逆にかわいい系の服装の時はちょっとマットなツヤがでないワックスを使って、トイプードルみたいな髪型にしたり。服にあった髪型にしています。

でもあえてストレートヘアな時もあります。最初は絶対にストレートでは行かずに、仕事で初めましての時は、絶対にガッチガチに髪をセットしていくんですよ。で、2回目でちょっとオフ感を出してかわいい感じの巻き方で行って、「かわいいね」ってなるじゃないですか。

しゅーと (笑)。めっちゃ計算しとるやん(笑)。

もーりー で、次3回目で何もヘアセットをしない状態で行くと、「え、なんでそんなにサラサラなの?ストパーした?」ってなるじゃないですか。で、「いやいつも巻いてたんです」って答えたら、「え、巻いてたの!?」ってなるじゃん。そこでギャップが2個生まれるんです。
自分でヘアセットしてたんだっていうのと、何もしないとサラサラなんだっていう。僕の中でそういうルーティンがあるんですよ。



■ルーティン!?

しゅーと 凄いな(笑)。

■でも、話を聞いて納得してしまいました。確かに。そのギャップは強そう。

もーりー 最初からサラサラで行ってもいいと思うんですけど、次セットしていくと、何こいつ決めてるなってなるんですよ。

しゅーと 逆をいくわけね。

■徐々に素を見せてくれているようで嬉しいですよね。

しゅーと 確かに。サラサラからセットだとセットできるんだくらいだけど、その順番なら本当はこんな髪型なんだってなるもんね。

もーりー そうそう。

しゅーと なるほどね。

めっちゃ見られることを気にしちゃう。前はコンビニ行く時でもめっちゃオシャレしたり。



■女子がやっても効果ありそうですね。しゅーとくんはいかがですか?

しゅーと 僕もやっぱり服に合わせて変えますね。

あと、同じ髪型でもセットの仕方で変わるので、最近はバームをつけて、かき上げてふわってさせたり、逆にジェルでガチガチに固めて、もうちょっと男らしい感じにしたり。同じ髪型でもバームやオイルなど質感を変えるだけで雰囲気も変わるので、そういうのは結構こだわっていますね。

マッシュの時は犬みたいにくるくるにしたり、僕もいろんな髪型をしていますね。でも大体コーデによって髪型を変えますね。服は決めたい!でも時間がなくてセットができなかった時は、「今日髪型全然だめだ」ってちょっとテンションが下がっちゃったり。だからできる限りセットをして、出かけたいなって思っていますね。

■外出時の髪のセットはマストなんですね。

もーりーしゅーと そうですね。

しゅーと 今日の髪型(かきあげ風)も全然時間はかからないんですよ。3分とか5分とかで軽く作れちゃうので。

僕、元々髪に癖があるので、その流れを生かして、ちょっとだけ巻いて、バームを掌にのばして、バッて髪につけているだけなので、全然時間はかかっていないんですけど、ヘアセットをしているのとしてないとでは、全然見え方が違ってきちゃうので、できるだけするようにしてます。

■常にオンですね。いつ誰に見られてもいい状態で外にでているってことですよね。

しゅーと 確かにオフはないかもしれないです。めっちゃ見られることを気にしちゃうので。

今日たまたま誰かに会ったらどうしようとか。今はないんですけど、それこそ以前はコンビニ行く時でもめっちゃオシャレしたり。ね。

もーりー うん。

しゅーと 何かあったら嫌だなって。常に完璧な状態でいたいというか。

もーりー コンビニに行く用のカッコいいラフなセットアップまであって、それは私服では着ないんですよ。ちょっと公園に行くとか、地元で遊ぶ時用のオシャレな靴と、服。決めすぎていない、ラフなんだけどカッコいい服を買っていましたね。

しゅーと 確かに。あったね(笑)。



■そう考えるとTikTokやYouTubeの2人の部屋着姿は結構レアなんですね。

しゅーと 確かに(笑)。レアですね。

もーりー TikTokの服はあそこで全部オシャレな服を出しちゃうと、他の場所で全部着れなくなっちゃうんですよ。TikTokは基本衣装以外はレッスン着なんですけど、「毎日なんで同じ服なの?」って言われることもあるんですけど、あれはレッスン着なので、同じ服なんです。ね。

しゅーと 確かに。

もーりー 本当に服はめっちゃ持っているんですけど、僕、9割服を見せてないです。

だからみんなもーりーはいつもこんな感じってなっていると思うんですけど、全然違う格好で歩いてるもんね。普段プライベートは結構オシャレしたりするんですけど、逆にバレないです。髪をセットしてオシャレして歩いているので、TikTokとは真逆すぎて。

しゅーと 確かに。
って考えると、TikTokを見てみると面白いかもしれないです。お兄ちゃんは変わらないんですけど、僕はめちゃめちゃ変わるんですよ。毎日オシャレをしたいタイプなので、家を出るまでにめちゃめちゃ時間かかるくらい。

同じアイテムでも着方を変えたり、色んなジャンルの服を着るので、TikTokを見てみると、僕は毎回服が違くて、お兄ちゃんは結構同じ服って差があるので、そういうところを見ると面白いかもしれないです。

もーりー 確かに。

同じような髪型でも、顔の形を計算して、その人に似合う髪型を作る。



■ライブの時など、BUDDiiSのメンバーのヘアメイクをしているもーりーくんですが、自分以外の人にヘアメイクをする時のこだわりや、意識していることはありますか?

もーりー その人の顔にあった髪型にするように意識はしています。でもその人がやりたい髪型じゃないとモチベが上がらないと思うので、まずは「どういう髪型をやりたい?」って聞いて、「こういう髪型にしたい」って写真を見てもらって、その通りに作りつつ、でもそのままにするというよりかは、この写真の人は髪が右を向いているけど、あなたがやる時は、ちょっと左向きの方が似合うかもしれない。写真のままをやるんじゃなくて、その人に合わせて作っていきます。

例えば、同じ服をしゅーとと僕が着たとしてもそれぞれ似合う合わせ方ってあるじゃないですか。スタイリストさんも、しゅーとに着させる時と僕に着させる時では多分靴も全部変わると思うんですよ。それと一緒で、同じような髪型でも、顔の形を計算して、ちょっとこの髪の毛1本は写真だとこっちだけど、これだけこっちに持ってっていい?とか。その人に合うようにしたり。

あと、髪質もみんな違うので、同じ髪型だとしても、硬い人と柔らかい人、巻いてもすぐに取れちゃう人もいますし。髪質に合わせてワックスを使い分けたり、ブリーチをしていると水分が取られちゃって広がりやすいので、ちょっとツヤのあるワックスを使って、毛量を押さえたり。あとスプレーかけたり、逆にスプレーをかけないで、そのままやった方がいい人もいますし。

■プロですね。その人の髪を触ったり骨格を見れば瞬時にどういう髪型で、どういうスタイリング剤を使った方がいいかわかるってことですよね。

もーりー わかります。

■凄いですね。しゅーとくんもたまにもーりーくんの手伝いでメンバーの髪をセットしている動画を見たことがあるんですけど、しゅーとくんは他人の髪をスタイリングする時に意識していることはありますか?

しゅーと 僕は、あまり人の髪をいじらないんですけど、メンバーで僕に頼んでくる子は、「ちょっとナチュラルな感じで巻いてくれない?いつもしゅーとがやっている感じで」って、僕と同じ髪型したいってお願いされることが多いです。であれば僕もやりやすいので、できるんですけど、基本的に僕はあまり人の髪をセットすることはないです。あと、あまり得意じゃないなって思っています。

「ちょっと似た感じにして」とかだったら全然できます。自分がいつも慣れているセットなので。

■自分にやるのと、誰かにやるのではやっぱり違いますか?

しゅーと 全然違いますね。でもそこは感覚でやってる感じです。

もったいないので僕が使っています!-驚きに肌事情とは!?



■2人ともめちゃくちゃ肌が綺麗な印象があるので、ヘア以外の美容についてお聞きしたいです。

もーりー 僕、美容に全く興味がなくて、結構メイクさんから「ちゃんとケアしてるんだね。肌綺麗だね。」って言われるんですけど、何も使ってないんですよ。

「何使ってるの?」って聞かれるんですけど、何も使ってないんです。メイクさんにおすすめされるパターンも多いんですけど、興味がないので、何をおすすめされたのかも全く覚えてないです。

一同 (笑)。

しゅーと 「もーりーくんこのパック使って」って渡されているんですけど、大体僕が使わせていただいています(笑)。お兄ちゃんは使わないので、もったいないので僕が使っています!

もーりー 最近は、メイクさんに「これあげるから使ってみて」って言われた時に、「僕、使わないですけど、もらっていいんですか?」って返して、それでも「一応、渡しておくね!」って会話をしているくらい、本当に使わないので。

今まで使ってこなくてこれだからっていうのもあるんですよ。

■何もせずにその美肌は凄い。

しゅーと いやでも、歳を重ねたらくるよ。

もーりー 確かにメイクさんが言うには使った方がいいんですって。基本的に。

しゅーと 絶対にくるよ。シミとかしわとか。

一同 (笑)。



もーりー ただ面倒くさがりなんですよ。

「これいいよ」っておすすめされて使うのが嫌とかではないんだよね。肌に塗るのがただ面倒くさくてやらないだけで。塗った方がいいのわかっているんですけど。

髪も、自分で髪を触るのが好きとかって言っていてあれなんですけど、人にやる時はちゃんと綺麗にこだわってやっている反面、自分のことになるとあまり気にしていなくて。お風呂に入って上がった時はヘアオイルもつけないですし、髪を乾かさないで自然乾燥なので、髪がパサパサになったりとか。あと、ドライヤーも使わないんです。

しゅーと やばいよ、菌繁殖するよ。

もーりー そうそう。でも気にならない。そのまま寝るので、枕も濡れちゃったり。

あ、でも、例えば仕事があって朝風呂をしてからセットする時は髪を乾かします。でも夜疲れて帰って来て、風呂に入ります、そこから髪を乾かしますってことはないですね。

しゅーと めっちゃびっくりしたのが、仕事でメイクをしてもらって、それから3日後くらいに仕事が入って、いつも通りにメイクしてもらった時に、「もーりーくん何かここついてるよ」ってメイクさんに言われていて、そしたら「多分それ3日前のメイクっすね」って答えていたんですよ(笑)。

一同 (笑)。

もーりー メイクさんに「メイクしてきたんだ」って言われて、「え、これ違います。これ洗ってないんです」って。

しゅーと 本当に、信じられない(笑)。

もーりー お風呂には入っているんですけど、僕、メイクを落とすっていう習慣がないので、シャンプーをして、流したその泡で顔も流し切るっていう。こすって洗うことがないんですよ。

一同 (笑)。

もーりー だからメイクが残っているままです。でも荒れないんですよ。ニキビもできないし。

僕は結構荒れちゃうタイプなので、スキンケアはしないとだめ



■凄いですね。もう色々と超人すぎる。

しゅーと 絶対来るよ、年取ったら。

もーりー 来ないよ。

しゅーと いや、でも言われてましたよ。「もーりーくんは肌がちょっと弱いよ」って。

もーりー て、言って、やらせようとしているだけなの。

本当にやばいと思った時は、またスイッチが入るので、その時には僕もやるんで。

しゅーと いや、もうそこからじゃ遅いです。蓄積なんだよ。

もーりー それ言われても全く間に受けないので。

しゅーと もう何でもいいけどさ、僕のことじゃないので(笑)。

一同 (笑)。

しゅーと でもちょっとは気を使って欲しいですけどね。今は綺麗だけど、一応人前に出る仕事なわけじゃん。

僕は結構荒れちゃうタイプなので、スキンケアはしないとだめですね。体質ですかね。

もーりー 俺は代謝がいいから。

しゅーと 代謝がいいとか関係ないでしょ(笑)。

■メイク落としも使わないっていうのが凄いですね!

もーりー 自分からメイク落としを使ったことがないですね。

しゅーと 地層みたいになっちゃうよ(笑)。



■意外と、前のメイクがカバーになって外からの刺激を抑えてくれているんですかね(笑)。

一同 (笑)。

もーりー あと、忘れちゃう。メイクをしてたんだってことを。

しゅーと メイクする習慣がないからね。

もーりー 撮影が終わった時に、メイクを落としてくれるメイクさんがいるんですけど。

しゅーと そうそう。落とさないから落としてくれるんですよ。それでスキンケアもやってくれるもんね。

もーりー 自分で落とすっていう工程が面倒くさい。

しゅーと 確かにね。

■もーりーくんは現場でなるべく落としてもらうようにすれば解決しそうですね!

もーりー そうですね。

■しゅーとくんは美容面のこだわりはありますか?

しゅーと 僕はずっと興味があるので、韓国の色んなスキンケアを試したり、YouTubeで調べたり、そこから自分に合うものを見つけたりするのが好きなので。

だから美容に興味はありますね。メイクさんもおすすめを教えてくれるので、それを買ってみたりしながら。

■で、たまにもーりーくんがもらったものを使ったり。

しゅーと そうですね(笑)。

10代であのロン毛が似合う人はいない。めっちゃ好きでした。



■今まで色んな髪型をされている2人ですが、過去やってきたお互いの髪型で一番好きな髪型は?

もーりー やっぱり、しゅーとはロン毛ですかね。

しゅーと そうなんだ!

もーりー でも金髪ロン毛と黒髪ロン毛でどっちがいいかって言われたら、セットにもよるんですけど、どっちがいいかなー。金髪ロン毛好きだし・・・とにかくロン毛が好きです。

まだ18歳ぐらいだったよね。10代であのロン毛が似合う人はいないなって。めっちゃ好きでしたね。やっぱり雰囲気も出るし、ロン毛の人はあまりいないので。

しゅーと 確かに。

もーりー 服も渋い感じになったり。

しゅーと うんうん。

もーりー トータルしてロン毛が一番合うなと思っています。なんだかんだロン毛が好きだね。

■確かに金髪ロン毛の時、凄く色気があるなって思いました。

もーりー そうなんですよ!色気があるんですよ。

ロン毛が似合わない人だとちょっと不潔な感じに思う人もいると思うんですけど、しゅーとのロン毛は全くそれがなかった。

しゅーと 確かに男性の方からはめっちゃロン毛が好評でしたね。男らしい感じで。ありがたい。

TikTokでファンの人が上げている動画が回ってきて、やっぱり金髪似合うなって。



もーりー 俺は?

しゅーと 金髪のミディアムじゃないけど、僕の今の髪よりちょっと長いくらいで、分けて、濡れ髪みたいな時あったじゃん。TikTokでファンの人が上げている動画が回ってきて、やっぱり金髪似合うなって思った。肌が白いので、明るい色が似合うんですよね。僕はそれ好きでした。

■ちなみに、お互いに言われていた髪型になる予定はありますか?

しゅーと いやー。

もーりー しゅーとに関しては特に難しいよね。

しゅーと 僕はもう切ったばっかりですし、戻すってなったら大分時間がかかるので。とりあえずは短いままで。

もーりー 僕も、黒に戻しちゃってるので、所々は金なんですけど、これをまた揃えるとなると、難しいですね。あと肌弱いんで。

しゅーと ダメージを蓄積しているしね。

もーりー そう。やりすぎて、頭皮が敏感になっちゃって。あと最近薄毛になってきちゃって。

一同 (笑)。

もーりー 結構言ってるけど、本当にハゲてきてるんです。元々髪は細いんですけど、さらに細くなっちゃって。

だからもう、ハゲるのは確定しているんですけど、ただ早くハゲるのと、遅くハゲるのだったら、遅くハゲた方がいいので。

一同 (笑)。

もーりー 別にハゲが嫌ってわけじゃないよ。全然ハゲていいと思ってます。

しゅーと そこは現実を受け止めるのね。

もーりー 僕が30歳過ぎたら、魅力がなくなると思うので(笑)、30歳過ぎたらハゲてもいい。

しゅーと それ自分で言う?(笑)。

■じゃあしばらく金髪はしないかなって感じなんですね。

もーりー しないですね。でもポイントだったら、入れるかもしれないです。

今の長さで金髪にしたい。丸坊主にしたい。



■今後やってみた髪型や髪色はありますか?

しゅーと もう一周回ってこの短さで金髪はやってみたいです。

もーりー 絶対カッコいいね!

しゅーと 最近まで長かったですし、短めで金髪をやったのももう高校1年生の時なので。

もーりー それやろうよ!

しゅーと 一周回ってワイルドな感じですね。金髪で。

もーりー 絶対にいいじゃん!

しゅーと そういうタイミングがあったらぜひやってみたいですね。ちょっと楽しみだなー。

■もーりーくんは?

もーりー 何にするかな。もう色んな髪型やっているからな。

でもまだ唯一やってないのは、丸坊主ですね。だから今後やっていきたいというか。最終的にはそこにたどり着くので僕は。

一同 (笑)。

もーりー でも、坊主が似合う人はイケメンなんですよ。

しゅーと 確かに。

もーりー 髪がなくなった時に不細工な人はやっぱり不細工なんです。僕もそういうタイプなので。

しゅーと 俺もだよ(笑)。

もーりー 坊主にした時に「見て、今までこれを応援してきたんだよ」って開き直っていきたいですね(笑)。

しゅーと どうだ!これが本当の顔だ!って。

一同 (笑)。

もーりー お前ら髪の毛に騙されていたんだよって(笑)。

しゅーと でも、似合いそう。金髪の坊主とかマジで似合いそう。外国人みたいな。

もーりー でもそれはちょっと生えてるからね。色にも頼っちゃってるじゃん。俺は髪に頼りたくない。

前のグループに入る時に、金髪坊主にする案があったんです。



■つるつるの坊主ですね。

もーりー つるっつるの。しかも頭の形もよくないので、それを見てもらいたいなって思います。

一同 (笑)。

もーりー 深海魚でいるんですよ。コブ出てるような。

しゅーと しらないよ(笑)。

もーりー 本当にそれみたいなんだよ!

一同 (笑)。

もーりー アイドルで、つるつるっていないじゃん。

しゅーと いないね(笑)。

もーりー 逆にいいかなって。いつかやってみたいですね。一生は1回しかないんで、そういうのもやりたい。

しゅーと 確かに。経験する分にはいいかもね。

もーりー ただ、それで歌ったら、どっちがマイクかわからないかもしれない(笑)。



■その自由なスタイルがもーりーくんらしくて、結構いい反応が来そうだなって思ってしまいました(笑)。

しゅーと 確かに(笑)。

もーりー なんなら1回僕、前のグループに入る時に、金髪坊主にする案があったんですよ。

しゅーと 髪型を決めるってなった時に、金髪坊主の案があったね。

もーりー これガチですよ。

で、金髪坊主はちょっとって僕がなってやらなかっただけで、あの時、僕が乗ってたらマジで金髪坊主で最初アイドルをやっていました。絶対に。

しゅーと ちょっと見たかったなー。

一同 (笑)。

しゅーと 似合いそうだけど、初めましての方は、え、ちょっとってなっちゃいそうだね(笑)。

もーりー そう。そこを気にしちゃった。あと、ガリガリなので、似合わないだろうなって。

■いつか見れるかもですね。

もーりーしゅーと はい(笑)。

授業中に、遠くから好きな人を見るくらいがいい。廊下で、好きな人とすれ違う瞬間がいい。



■学校での理想の胸キュンシチュエーションはありますか?

しゅーと うーん。僕はあまりないかもしれないですね。
中学生の時は女の子と全然話せなくて、話しにきてくれても、ちょっと避けちゃうじゃないですけど、女の子が苦手なくらいだったので、憧れるシチュエーションも出てこなくて。

あと、ガツガツこられると引いちゃいます。この人、僕のこと好きそうだなって、相手の行動でわかるじゃないですか。そういうのが見えるとちょっと駄目だってなっちゃうんです。だからといって、自分からも行けないですし。

■難しい。

しゅーと でも、強いて言うなら授業中に、遠くから好きな人を見るくらいがいいですね。別にそこからどうなるわけでもなく。授業を受けてるなぁくらいで(笑)。

■相手から来られるのも苦手だし、自分から行くのもちょっとって感じなんですね。いやー難しい。

しゅーと 僕、ちょっと難しいんですよ。

■一向に恋が始まらないですね。

しゅーと いやマジで始まらないんですよ!僕、本当に。

■もーりーくんは?

もーりー 僕は廊下で、好きな人とすれ違う瞬間。

別に喋るわけでもなく、目が合うわけでもなく、でもすれ違った時に何か起きるんじゃないかっていう。もしかしたら話しかけられるかも、何かあるんじゃないかって。でも特に何も起こらないんですけど、何気ないそういう瞬間がいいなって思います。

しゅーと なるほどね。

髪を結ぶ姿。上履きを踏んでる姿にキュンとする!?



■キュンとする異性の仕草は?

しゅーと 髪を結んでるとか、女性らしい仕草ですかね。

髪を結んだり、ほどいたり、見た目も変わるし、ギャップじゃないですけど、また違う見た目になるので、髪を結ぶ瞬間ですかね。

■もーりーくんは?

もーりー 上履きを踏んでるとかですかね。

一同 (笑)。

もーりー 僕自身、面倒くさがりだったり、だらしないところが多いので、綺麗にしている上品な女性を見ると、絶対に合わないし、向こうも絶対にこういうだらしない人は嫌だろうなって思うんですよ。だからこそ、自分が気になった人が上履きを踏んでいるところをみると、いいなって思います。

ちょっとだらしない部分が見えた方が人間らしいというか。こういう所が雑なんだ。僕と似てるなって思うんですよ。

しゅーと なるほどね。

もーりー 下駄箱とかに踏んだまま置いてあったりすると、この子踏むんだってなります。

一同 (笑)。

もーりー 結構これガチです(笑)。

凄く綺麗な人の筆箱の中が実は汚いとかもいいと思いますし。引き出しがぐちゃぐちゃとか。そういうのが好きですね。



■じゃあ、もーりーくんを好きな子は雑なところを隠さずに見せた方がいいんですね。

もーりー はい。逆にそういうところを見せてくれないと僕が素を出せないので。向こうが猫をかぶって、綺麗にしてたら、僕も素を出せないですね。

しゅーと でもそれ言ったら、みんな猫かぶって雑にしてくるんじゃない?

もーりー それは見分けられる。

しゅーと そうなんだ。この人わざと雑にしてるなって?

もーりー うん。話していてわかる。そういう人って、波長がまた違うからわかる。

しゅーと 確かに。

■もーりーくんは雑さが見えるといいなって思い始めるとのことでしたが、しゅーとくんはどういう人がタイプですか?

しゅーと どういう人がタイプなんだろう。完璧すぎても、多分無理だなって思うし。全然想像がつかないです。

でも、好きになった人がタイプというか。どう説明すればいいかわかんないですけど。

■好きになった人の共通点は得にないんですね。

しゅーと そうですね。意外とフィーリングな気がします。

2人とも告白もしないし、OKもしない!?



■好きな子ができたら、自分から告白したい派?それとも言われるのを待つ派?どちらですか?

しゅーと 僕は待つタイプですね。

でも、本当に僕が好きな人からこないと絶対無理じゃないですか。だから無理なんですよ。

■しゅーとくんの場合、タイミングも重要そうだから。それこそ運命の相手じゃないと。

しゅーと そうなんですよ。

でも、僕自身、1枚壁を作っちゃうタイプなので、絶対来ないですね。

■もーりーくんは?

もーりー 僕はめっちゃ駆け引きするタイプです。付き合ったら、色々と見えてきそうで、、、こういう人なんだって。そうなるとつまらなくなっちゃうというか。

だからあえて付き合わないで、気になるな。可愛いな。で終わるくらいがちょうどよくて。いで、気になるな。可愛いな。で終わるくらいがちょうどよくて。

僕、中学生の時に両想いってわかっていて、「向こうは森くんのこと好きらしいよ」って言われていて、僕も自分でその子を好きなのはわかっていたんですけど、その子が告白してきた時、わざと断ったんですよ。

しゅーと えー!なにそれ。



もーりー 告白されて、向こうは絶対にOKされると思ってきたのに断ったから、相手はどっちなのってなってたけど。

しゅーと 告白した方の気持ちよ。かわいそう。

もーりー 確かに最低なんですよ。みんなにも最低って言われました。

でも、僕の考えとして中学とか高校で付き合うのって、先が見えないというか。もちろん続いている人も結構いるけど、みんな気になっている人と付き合えて嬉しいくらいじゃないですか。でも、僕は先を考えちゃうので、この人と結婚できるかどうかとか。

しゅーと 凄いね。

もーりー ゴールがない恋愛をしても寂しくなるだけなので。その時は気になる人がいて、可愛いと思う人がいて。この人いいなと思うくらいでよかったんですよね。

だから好きな人がいても告白しないし、告白もOKしない。

しゅーと 不思議だわ。

もーりー 見てるだけで十分だった。上履きを踏んでいる人は見ているだけで十分です。

しゅーと 変だな。さすがに変だな。

一同 (笑)。

兄弟で共感!俺の何を見て言ってんの?って。ずっと一緒にいれるのかなって。



■両想いなのに振られるのは複雑ですけど(笑)、めちゃくちゃ真面目なんですね。先を見据えられる人としか付き合いたくない。中途半端なことはしたくないってことですよね。
もーりー そうです。

しゅーと なるほど。

もーりー 逆にどこを見て付き合いたいと思ったのかなって。逆に向こうの考えが怖くなるんですよ。

しゅーと それはわかる。

もーりー 俺の何を見て言ってんの?って。ずっと一緒にいれるのかなって。

しゅーと わかる。

もーりー 何を見て好きになったんだろうなって。

しゅーと そうそう!



■めちゃくちゃ共感してますね。

しゅーと 話したことがない人に告白されても、えってなりません?そんな仲良くない人に。

■確かに。恋愛は難しいですね。

しゅーと 本当に難しい。

■ちなみに2人で、もし同じ人を好きになったらどうしますか?

しゅーと ならないです(即答)

一同 (笑)。

しゅーと 絶対にならないと思います。わからないですけど。

性格がそもそも逆なので。同じ人を好きになることはなさそうな気がするなって感覚的に思います。

もーりー 絶対にないね。

でも仮にそうなった時、その人は完璧な存在ですよね。真逆な2人から惹かれるって。

しゅーと もの凄く魅力的なんだろうね。

もーりー 多分パーフェクトな人です。もう神です(笑)。

でも、そこまで完璧な人は多分いないと思う。

春のメッセージ♡



■最後に、新生活を迎えた人たちにメッセージをお願いします。

もーりー 新しく学校に入学する人もいれば、職場で新しい出会いがある人もいると思うんですけど、とりあえずどんな人でも多分恋はしたいと思うので、その恋のきっかけは“暗髪ネイビー”ということで。

一同 (笑)。

もーりー このインタビューを読んで、 “暗髪ネイビー”にしたら、それはもう恋のきっかけなので。

しゅーと どっちもだよね。女性も“暗髪ネイビー”にして、男性も“暗髪ネイビー”にして、お互いにこの人いいなってなるみたいな。

■素敵ですね。

もーりー ネイビーカラーの人がいたら喋りかけたりね。

しゅーと うん。自分から行くことは大事ですからね。僕が言うなって話なんですけど(笑)。

一同 (笑)。

■しゅーとくんは?

しゅーと 今言ってくれたように、学校とか会社とか、自分の心も一新して頑張ろうって人が多いと思うので、ぜひ、“暗髪ネイビー”に染めて、自分の気持ちも切り替えて、出会いの季節なので、色んな人に出会って、色々な刺激を受けて、素敵な生活を送ってくれたらいいなって思います。

■髪色を変えると気持ちも明るくなりますよね。

しゅーと そうですね。髪を染めるとテンションも上がるので。せっかく春だし、心を一新して色んな出会いができたら素敵だなと思います。

■ありがとうございました!



★もーりーしゅーとサイン入りチェキを<4名様>にプレゼント★





\もーりーしゅーと インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<4名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2022年6月11日(土)

<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]

① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼントツイートをRTする。※後日投稿!

③ インタビュー投稿をRTで当選確率UP!!


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。


ーPROFILEー



もーりーしゅーと

スターダストプロモーション所属。天然でアホの兄「もーりー」(森英寿)、しっかり者で兄の一番の理解者である弟「しゅーと」(森愁斗)。兄弟揃って歌・ダンスをこなし、SNSを中心に”仲良しイケメン兄弟”としても話題に。TikTokフォロワー数は140万人を越え、YouTubeチャンネル「もーりー【アホと弟】」はチャンネル登録者数50万人を突破。ダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS」のメンバーとしても活躍している。

[公式ホームページ] https://www.stardust.co.jp/section1/profile/mo-ri-shu-to.html
[Instagram] @hidetoshi_mori_official
[Instagram] @shoot_mori_official
[Twitter] @hidetoshi_mori
[TikTok] @morrie1120
[YouTube] もーりー【アホと弟】
[YouTube] もーりー(個人チャンネル)

新着ニュース

Present

more