Search

ヲタ恋山崎賢人、最後にはヲタ芸でダンサーズハイも経験!瑛太「ヲタクに恋は難しい」聖地ビッグサイトで完成披露実施



超ヒットメーカー・福田雄一監督が仕掛ける2020年『前代未聞のヲタクエンターテイメント』映画【ヲタクに恋が難しい】が2020年2月7日(金)に公開されるのを前に、聖地でもあるビッグサイトにて完成披露イベントが開催された。

本作は、マンガ、アニメ、BLをこよなく愛する“隠れ腐女子”×廃人クラスの“重度のゲームヲタク”という不器用なヲタク男女の微笑ましいピュアラブストーリー。原作はイラスト投稿サイト「pixiv」で2014年から連載がスタートした同名のWEB漫画「ヲタクに恋は難しい」。



イベントでは、歌って踊るヲタク役でしたがという問いに対し、高畑は「BLヲタクという役だったので、私も18禁のBLを買って勉強しました(笑)結構すごくて、マンガ上は人間を攻めとか受けとかあるんですが、結構消しゴムと鉛筆とか、マグカップと受け皿とかそういうものが受けやら攻めやらになってくれて、哲学的なところまで考えが入ってしまって危うくハマるところでした(笑)でも、新しい世界が見れてめちゃくちゃ楽しかったです!」と語った。

またミュージカルに関しての問いには高畑は「一応、ミュージカル出身なのでミュージカル映画に出たいなって思っていました」と答えるとすかさずがムロが「えらい!」と褒めていた。高畑「でも、福田監督の作るミュージカル映画に出る予定はなくって(笑)でもいつかやりたいと思っていたタイミングで、福田監督からお話をくださったので、初めてやるミュージカル映画が福田監督の映画ってどうなるんだろうってすごく飛び込んでみたいなって思って参加しました!」と語った。



また2回目の福田作品となった山﨑は「すごい難しかったです。ダンスは元々事務所に入る前から苦手でレッスンすらしてこなかったんです。」とダンサーの血が流れていないと言われたほどだったと明かした。山﨑「でも、ある日流れました!流れて最後はダンサーズハイになることができました(笑)すごく気持ち良かったです」と共演者からは笑いが漏れ聞こえていた。



監督にそのダンスの腕前(山﨑の)について質問が飛ぶと、福田は「最後には流れていましたね。最初は本当に不安になる程、ボックスが踏めないんですよ・・・」と吐露したとき山﨑がボックスダンスを披露し、観客からは歓声が沸き立ったものの、ムロからは「もう一回やって!下がる時の動きがちょっと踊れない人の動きだった」とおかわりを求められていた。

そこに加え今回歌もあったことについてふられると山﨑は「歌は、カラオケとか行くのが好きだったりしたので、ボイトレさせてもらって」と努力の結晶が詰まった作品になっていると語った。



さらに斎藤に質問が及ぶと斎藤は「僕は、攻めのように見えて受けです」と真剣な面持ちで答え、ムロが「それは聞いてないよ」と返すと会場の笑いを誘っていた。斎藤「あれが正しかったのかは分からないですが、ことあるシーンで何かがおきました」とさらに笑いを誘った。また斎藤「喋ると食べるを同時にしてみたり」と今までにない姿を演じ切ったことを明かした。



今作の意気込みの中で山崎賢人を倒したいという興味深いコメントを述べている点について、賀来に質問が及ぶと「そうですね。ちょっと山崎賢人くんとは因縁の仲でして、前回福田監督の映画の中で、“ケント対決”というのをして、僕が負けたら賀来ポンタって名前に改名させられたんですけど、なので今回どう山崎賢人くんを倒そうかな〜っと現場にもバチバチで入りましたね!絶対倒してやると!」とそんな緊張感があったのかと聞かれると、山崎は「そうですね、緊張感はすごくありました(笑)」と会場の笑いを誘った。福田監督「すごい、笑えないので、プレッシャーすごくて、もうバチバチでしたね」賀来「バッチバチですね。もうこっちは賞取りにいってますから、助演男優賞!」と爆笑が巻き起こった。また賀来は「でも踊るシーンを一緒にやってね」山﨑「そうですね」賀来「めちゃめちゃ大変でした、ヲタ芸で、結構稽古しました」山﨑「そうですね、それは大変でしたね」と返した。

さらにヲタクダンサーズのダンスに挑戦した時のことを聞かれると賀来が「もう、何テイクやりました?あれ」とカメラポジションを変え10テイク 以上撮ったことを明かした。また、福田監督が「でも、テイクが変わって休憩時間になると山崎賢人が、『俺、イケてますわ〜』」っとどんどんダンサーの顔になっていったことを語った。



そして若槻に質問が及ぶと「普段の若槻を出してもらえればと演出もなかったです」と言うと監督が「ガチヲタなんですよ」普段からガチヲタクであることをさらっと暴露され若槻は「そうですね、普段は隠してはいるんですが本当に成海みたいな感じで、ちょっと楽しくやらせていただきました」と語った。

すると福田監督が「今回台本の段階で、若槻の検閲を受けている」ことを明かし若槻「そうですね(笑)」監督「台本が出来上がった段階で、本当にこれはヲタクが言う言葉なのかというのを若槻に見せて、ダメ出しを受けて決定稿に持って行きました」まさにハマり役であったことを明かした。

<ストーリー>
26歳OLの桃瀬成海は、転職先の会社で、幼馴染の二藤宏嵩と再会する。
ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。
そして成海もまた、隠れ腐女子であった。
周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を何よりも恐れている成海は
その本性を隠している。
そんな成海が真実の自分をさらけ出せるのは、ヲタク友達の宏嵩の前だけ。
会社が終われば2人はいつもの居酒屋で呑みながら、ヲタ話に花を咲かす。
男を見る目がない事を嘆く成海に対して宏嵩は「ヲタク同士で付きあえば快適なのでは?」と交際を提案。こうして2人はお付き合いすることに。
お互い充実したヲタクカップルライフを始めるはずだったが2人の恋愛には、数々の試練や困難が待ち受けていた!

■詳細
【映画「ヲタクに恋は難しい」】
全国東宝系にてロードショー
出演:高畑充希、山﨑賢人、菜々緒、賀来賢人、今田美桜、若月佑美/ムロツヨシ、佐藤二朗、斎藤工
原作:ふじた「ヲタクに恋は難しい」(一迅社) ※2014年から「Pixiv」にてWEB連載
監督・脚本:福田雄一 
音楽:鷺巣詩郎

©2020映画「ヲタクに恋は難しい」製作委員会
©ふじた/一迅社

新着ニュース

Present

more