Search

松本潤がAERAの表紙に登場!さらにSnow Manライブ舞台裏15カットを独占掲載



朝日新聞出版から2022年1月8日(土)に発売される【AERA 1月17日増大号】の表紙に22年1月スタートのドラマに主演、そして23年はNHK大河ドラマの主演も決まっている松本潤が登場。

「俳優としての使命」を語る必読のインタビューも併せて掲載。撮影が行われたのは2021年末。分刻みのスケジュールにもいやな顔一つせず、一人一人に挨拶しながらスタジオ入りし、本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花と何げない会話を交わしながら、リラックスした表情でカメラの前に立つ。

インタビューは、「となりのチカラ」の脚本を手がける遊川和彦について「怖い人だ、という噂を聞いていた」という話からスタート。実際に会ってその印象は変わっていったようですが、手にした準備稿は「遊川さんからの挑戦状だな、と受け止めました」と語る。ドラマが始まればきっとわかるであろう、「挑戦状」の意味とは――。演じる「チカラ」は、自分自身とは全く異なるタイプのキャラクター。その「チカラ」を自分の体になじませる方法や、命の吹き込み方、そして、俳優である自分がこのドラマで果たすべき使命。松本の言葉は、次第に熱を帯びていきます。コロナ禍で強くなったという仕事への思いも含め、「俳優・松本潤」のありようが見えてくるインタビューに。

またこの号の巻頭特集は「体内年齢を下げる」。働き盛りの38歳時点で28歳から61歳まで33歳もの開きがあったという研究報告もある体内年齢。トリノ五輪フィギュアスケート女子シングル金メダリストの荒川静香と、血管年齢に関する著書がある医師の池谷敏郎が対談。「若さを保つ秘訣」を明かし、池谷医師考案の「イナバウアー体操」のポーズをとる2人の姿は、実年齢マイナス10歳と言っても過言ではない若々しさ!

さらに今回は、「向井康二が撮る 特別編」も4ページにわたって掲載。Snow Manのライブツアー「Snow Man LIVE TOUR 2021 Mania」のバックステージで、Photo Boyこと向井が撮影し、自身でセレクトしたオフショット15点を、コメントを添えてお届け。ツアー期間中に誕生日を迎えたメンバーを祝う準備をする姿や、スロープを走りながらシャッターを切った写真、楽屋ですやすやと眠る顔など、向井にしか撮れない場面の数々は、もちろん本誌独占。

■詳細
【AERA(アエラ)2022年1月17日増大号】
価格:470円(税込)
表紙:松本潤
発売日:2022年1月8日(土)

新着ニュース

Present

more