Search

人生の分岐点は、舞台「弱虫ペダル」。―植田圭輔インタビュー/映画『クロガラス3』『クロガラス0』



解決屋『クロガラス』シリーズの待望の続編。映画『クロガラス3』『クロガラス0』で、前作に引き続き主人公・神崎黒斗のバディ的存在・真郷悠哉を好演した、舞台やミュージカルを中心に俳優として、絶大な人気を誇る注目の俳優【植田圭輔】がEmo!miuに初登場!

先に公開された『クロガラス3』は、勢力を拡大する真柴理玖(渡部秀)率いる「ホワイトナイト」と「クロガラス」の解決屋VS解決屋の抗争とともに真郷悠哉の過去も少し描かれ、『クロガラス0』では解決屋「クロガラス」ができる前に時を遡り、主人公・神崎黒斗の隠された過去が明らかに。

Emo!miuでは、前作から熱望していたストーリーだったという本作の見所や悠哉の魅力、性格は正反対だけど“つばさ”“植ちゃん”と呼び合い、互いを信頼し合っている【崎山つばさ】との出会いや印象、さらには人生の分岐点となった出来事や最近心揺さぶられた”エモい瞬間”など、たっぷり答えていただきました。

Emoカラー“紫色”をテーマに撮影した、植田圭輔のエモい表情満載のインタビューカットも必見です♡



つばさと続編を熱望。「きたね!」って連絡を取り合って。



■『クロガラス1』『クロガラス2』に続き『クロガラス3』、『クロガラス0』の制作が決定した時のお気持ちを教えていただきたいです。

植田圭輔 つばさと続編を熱望していたので、純粋に嬉しかったですね。

■続編の制作が決まった時、崎山さんに連絡されたんですか?

植田 すぐにメッセージを送りましたね。「きたね!」って連絡を取り合って。

僕らも本当に過去のことが気になっていたんですよ。『クロガラス1』『クロガラス2』ではこういう世界があって、解決屋があってっていう説明はあったんですけど、解決屋メンバーの出会いや過去は描かれていなかったので。でも新作の『クロガラス3』と『クロガラス0』は、そこをしっかり知っていただける内容にもなっているので、過去をみなさんにお届けできることが凄く嬉しいです。僕も台本を読んで過去の話を知れてよかったなって思いました。




■悠哉の過去も描かれていますもんね。

植田 そうですね。なぜ、黒斗をこんなにも信頼しているのかって部分も『クロガラス3』で深く知っていただけたんじゃないかなと思います。

■ご自身もこの作品が決まるまで悠哉の過去は知らなかったんですか?

植田 監督が原案を書かれているので、『クロガラス1』『クロガラス2』の現場で「実際どんな風に黒斗と悠哉は出会ったんですか?」っていう話は実はできていて、「続編が今後あったら、その話を描きたいと思っているから明確には言えないんですけど、恐らくこういう形かな」くらいの感じで監督からキャスト全員聞いていたので、『クロガラス3』『クロガラス0』として具現化できてよかったなって思います。

自分も結構近い。この人だって決めた人にはとにかく従順



■改めて、悠哉はどういう人物だと思いますか?

植田 凄く自分に真っ直ぐというか、ありのままに生きている人というか。喜怒哀楽も凄くハッキリしている人ですよね。わかりやすいので、友達になりたいような人物かなって思いますね。

■ムードメーカー的な、輪の中心にいるような人物ですよね。友達でこういうタイプの方いますか?

植田 確かにそうですよね。
役者仲間にもこのようなタイプの人間いますよ。でも自分も結構近いかもって思います。



■自分に近い部分とは具体的にどんなところですか?

植田 この人だって決めた人にはとにかく従順だったり真っ直ぐだったり。そういう部分は自分に近いのかなって思います。

あとは、悠哉って思っていることをポロッと嫌味なく言えるタイプじゃないですか。そんな悠哉を見ると、こんな人間でありたいなと思います。

似ている部分も、こんな風になれたらいいなと思える部分があるキャラクターだからこそ、演じていて凄く面白いですね。

■裏表ないですよね。

植田 全くないですね!

つばさと僕はまるで真逆



■崎山さんとは本シリーズ以外にも共演はされていますよね。

植田 舞台でいうと『ノラガミ』という作品で共演しているんですけど、それ以外でいうと実はそんなにないんですよ。

■それはどれくらい前の作品ですか?

植田 4年前くらいですね。その舞台作品で初めて共演して、『クロガラス1』『クロガラス2』で久しぶりに共演してって感じですね。



■そうだったんですね!意外にも二度目の共演となる崎山さんの印象は?

植田 出会った頃から変わらんのですけど、凄くマイペースというか。自分の時間軸をしっかり持っていて、せかせかしてないです。余裕がある大人な男性って感じ。僕、同い年なんですけど、僕とはまるで真逆だなって思いますね。

■植田さんはせかせかしちゃうんですか?

植田 めちゃめちゃせかせかしちゃいますね。あと無駄なことが嫌いなので、最適解を求めちゃうし、「簡潔に言うと」ってよく言っちゃいます(笑)。凄く遠回りした言い方をされた時は、「つまり何がおっしゃりたいんですか?」って聞いちゃうくらい(笑)。

つばさといると自分もそっちのペースに巻き込まれるんですよ。



■なるほど。スケジュールもきちっと決めたい派?

植田 仕事の面ではそうですね。プライベートは別になんでもいいやって思っているんですけど、仕事はスケジュール感ややることが明確になっていないと嫌ですね。やっぱり明確に自分が理解をした上じゃないと人前には立てないというか。そうじゃないとカメラ前であまり喋りたくないなって思っちゃうので、その辺はハッキリしていないと嫌ですね。

■仕事に対して凄く誠実なんですね。

植田 そうなんですかね。中途半端にはしたくないなとは思っています。



■きっと、崎山さんのマイペースな感じといいコンビだったんでしょうね。

植田 そうかもしれないですね。でも、つばさといると自分もそっちのペースに巻き込まれるんですよ。僕も結局どっちやねんって感じなんですけど(笑)。関西人っぽい感じで結構せかせかしているくせに意外とマイペースだし、だから相手に人によるかもしれないですね。

■『クロガラス』はハード目な作品ですけど、現場はそんなこともなく。

植田 まあー穏やかな。しかも監督やチームもほぼほぼ前作と変わりなくできましたし。というのもあって、本当にいい空気でやれましたね。撮影は、凄く順調でした。

人生一周どころか二周回っているんだろうなって



■『クロガラス0』では黒斗の過去も描かれますが、黒斗の過去を知っていかがでしたか?

植田 悠哉サイドから見ると黒斗はとっても人格者で、人生一周どころか二周回っているんだろうなって思わせる部分も多いんですよ。そうなった理由が『クロガラス0』では描かれていて、警察の頃の話だったり、その時に何を志していて、何を与えられて今解決屋の社長になったのか。全てが詰まっているのが『クロガラス0』なのかなって思います。

ただ『クロガラス0』は本当に警官時代の話なので、僕はあまり出演していないんですよ。だからまだ台本上でしか見れていないので、早く映像で黒斗の過去を観たいなって思いますね。



■一方『クロガラス3』では悠哉の過去も少し描かれます。こちらの見どころは?

植田 『クロガラス3』はかなりアクション要素が強くて、対決という部分でストーリーが明確なんですよね。依頼者が完全に解決屋に対して吹っ掛けてきて、解決屋vs解決屋と銘打ってやっている作品なので、そこのやっぱり戦いという面ではアクションや心のバチバチ感が見どころかなって思います。今回、そのバチバチ感を僕が担わせていただいたので、そこは注目して観てほしいですね。

人生の分岐点は、舞台『弱虫ペダル』



■悠哉にとって黒斗との出会いは一つの分岐点だったと思います、植田さんにとっての人生の分岐点を教えていただきたいです。

植田 作品でいうなら舞台『弱虫ペダル』ですね。それなりに長い間演技をやらせていただいていて、でももう一歩、上のステップに上がりたいと思ったところで掴んだチャンスでもありましたし、沢山の評価をいただいた作品でもあったので、舞台『弱虫ペダル』がなかったら今の自分はいないんじゃないかなと思います。どの作品もそのぐらいの気持ちでやってはいるんですけど、舞台『弱虫ペダル』はやっぱり特別ですね。

■演技の向き合い方も変わったり?

植田 実はそこはあまり変わってないんですけど、観られ方というか。求められ方というか。そういったものが確実に変わった作品でした。

オリジナルの方が演じるのは難しい



■舞台やミュージカルでも活躍されている植田さんですが、原作のある作品と『クロガラス』のような原作のない作品を演じる上での違いはありますか?

植田 自分自身あまりないと思っているんですけど、でも間違いなく違うことでいうと、アニメ化されているものの舞台作品は、ファンの中にイメージする声があって、見た目があって、所作仕草があるので、そのイメージをトレースした上でセリフを吐かないといけないところですかね。やっぱり声色も多少なりとも認識している部分もありますし、原作のキャラクターに近づけようと思う所から始まるんですよ。でもオリジナルストーリーはそういうものがないので自由に演じられる。そこがオリジナルストーリーの強みかなって思います。



■自由度が高い分、大変なことはありますか?

植田 ありますね。『クロガラス』でいうと悠哉というキャラクターは間違いなくひょうきんでいないといけないですし、どこにでも動けるような身軽さも持っていないといけないですし、でもそれを台本からの解釈だけで、演じるのって案外難しいんですよ。だから最初の方に監督からお芝居の指導をして頂いて、悠哉にはどういう過去があってなど、作品には描かれていないけれど、演じる上で重要なキャラクターのイメージを監督と共有しました。そういうキャラクターの役割や性質をしっかり掴んでいないとオリジナルの方が演じるのは難しいのかなって思いますね。原作があるものはガイドラインがあるので。

「早く仲間たちと呑みに行ける世界を作ってください。」



■確かに。オリジナル作品は正解がないですもんね。次の質問はずばり、解決屋にちなんで、今すぐ解決したいことをお聞きしたいです!

植田 この質問ずっと聞かれるんですよ(笑)。

■すみません(笑)。そうだろうなと思いつつ、やはり聞きたくなってしまいました。

植田 そうですよね(笑)。キャッチーだもん。きっと今まで話してきたのと変えた方がいいですもんね。ちょっと待ってくださいね・・・。僕なんでもスパッと答えられる方なんですけど、これだけはスパッと答えられないんですよ(笑)。

解決屋でしょ。うーん。あ、全然漠然としたことでもいいですか?



■いいですよ!

植田 じゃあ「早く仲間たちと呑みに行ける世界を作ってください。」っていうお悩みを解決してほしいですね。全国民の祈りかもしれないですけど、代表して解決屋にお願いしたいと思います。

植田さんのエモい瞬間



■最後に、最近心揺さぶられた出来事を教えてください。(エモいと思った瞬間)

植田 エモいとかエモーショナルって言葉を認知はしていたんですけど、実は僕自身がそう感じたことがつい最近まであまりなくて。エモいってどういう意味なんだろうとか、若い子がエモいって言っているのを聞いて、それ意味わかってる?って思ったり、ちょっと反エモい派だったんですよ(笑)。

なんですけど、『A3!』という作品に出会って、エモいという言葉の意味が分かるようになりました。あの作品凄くエモいんですよ。がっつり青春なわけじゃないんですけど、それぞれに青春があって、叶えたい夢があって、仲間たちと生きていくみたいな。なんかそういうのも観た時に凄いエモいなって思ったんですよね。あと楽曲も全部含めて『A3!』って作品自体エモいなって。ようやくエモいを使いこなせるようになったばかりなんですけど(笑)。

そういう意味では別作品にはなってしまうんですけど、『A3!』の映画化が決まって、映画の撮影がオールアップした時に、めちゃくちゃエモいなって思いましたね。それぞれ事務所に入って、それぞれが違う場所から集まって劇団員っていう役をやっているんですけど、撮影期間はまるで本当の劇団のようにずっと一緒にいて、喧嘩ももちろんしましたし、楽しいことも共有しましたし、その思い出がオールアップの瞬間に全部蘇ってきて、あの瞬間はかなりエモかったですね。

■ありがとうございました!

★植田圭輔さんからメッセージムービーが到着★



★植田圭輔サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\植田圭輔 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2021年10月23日(土)

<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]

① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼント投稿をツイートをRTする。

③ インタビュー投稿をRTで当選確率UP!


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。



ーPROFILEー
植田圭輔
1989年9月5日生まれ。大阪府出身。
MANKAI STAGE「A3!」シリーズ、舞台「文豪ストレイドッグス」シリーズ、舞台「鬼滅の刃」シリーズなど、舞台を中心に人気とキャリアを積み重ねてきた注目俳優。2018年、ヤマハミュージックコミュニケーションよりCDデビューし、音楽活動にも活動の幅を広げている。

―INFORMATION―
映画『クロガラス0』
2021年9月17日より公開
出演:崎山つばさ 植田圭輔 徳山秀典 中﨑絵梨奈 / 菅田俊

ヘアメイク:車谷結(do:t)
スタイリスト:三宅剛

新着ニュース

Present

more