Search

こんなにもパーソナルスペースがない役者が日本にいるんだって思いました(笑)。―映画『ハニーレモンソーダ』濱田龍臣&坂東龍汰インタビュー



2021年7月9日(金)より全国公開中の、さわやか度120%の青春ラブストーリー映画『ハニーレモンソーダ』で、ラウール(Snow Man)が演じる主人公・界と吉川愛が演じるヒロイン・羽花の同級生役を演じた【濱田龍臣&坂東龍汰】にEmo!miu独占インタビュー!

2020年9月号の雑誌「セブンティーン」(集英社)で、“読者が選ぶ好きな少女マンガ&実写化してほしいマンガランキング1位”を獲得、全国のティーン女子をキュンキュンさせている、累計発行部数700万部突破の大ヒット少女コミックが待望の実写映画化。

Emo!miuでは、この王道の青春ラブストーリー作品で、界のよき理解者であり、ミステリアスな魅力の高嶺友哉を演じる【濱田】と少年のようなキャラクターでみんなの盛り上げ役の瀬戸悟を演じる【坂東】に、「高校生活じゃなくてあそこに戻りたい」と話すほど毎日が楽しかったというハニレモ撮影の裏側や、初共演ながら即意気投合したという“ばんくん×たっつん”の仲良しエピソードなどなど、キラキラな青春が描かれている“ハニレモ”ならではのTHE 青春な質問にたっぷり答えていただきました。

Emo!miu撮りおろし“ばんくん×たっつん”のエモい仲良し2ショットも必見です!♡



予想外にキュンキュンしちゃいました(笑)。



■出演キャスト発表時に濱田さんが「自分は恋愛系の作品に出演させていただくのはまだあまり機会がなかったのもあり、とても楽しい撮影でした」とコメントをされていたんですけど、学園ものは他系統の作品とはまた違った感覚なのでしょうか?

濱田龍臣 自分の学校生活とは違った経験ができるので、凄く楽しいです。いつもこんな学園生活ができたら素敵だなって思いながら撮影させていただいていますね。

■他の現場とは雰囲気も違いますか?

濱田 特にこの現場はそうだった気がします。本当に学校みたい。仲良しグループ!青春しています!みたいな感じが強かったので、本当に良い現場だなって思いながら撮影に参加していました。結構ロケ地は遠いところが多かったんですけど、それも苦じゃないくらい楽しみな通勤時間というか。

坂東龍汰 通学でええやん(笑)。

一同 (笑)。

濱田 (笑)。楽しみな現場までの行き帰りでした!

■坂東さんはいかがでしたか?

坂東 僕、キュンキュン系の青春ラブストーリーは初めてなんですけど、いつかやるのかなって思っていたので、やっとキタ!って思いました(笑)。周囲から「こういう青春ラブストーリーに出るイメージがない」って言われることが多かったんですけど、僕はずっとやりたいと思っていたので嬉しかったです。念願のキュンキュンラブコメ!芝居しながら予想外に凄く緊張しましたし、予想外にキュンキュンしちゃいました(笑)。

ずっと「ラウちゃんかわいいー!」って言ってるんですよ。



■ちなみにどんなところにキュンキュンしましたか?

坂東 普段言わないようなセリフが飛び交っている現場だったので、それにくすぐられるというか。全身くすぐったい!みたいな。なんでしょう、僕の青春時代にはなかったくすぐったさ。僕は1ミリもくすぐったくない青春時代を送ってきたので(笑)。いやー本当にハニレモの撮影はよかったよね。

濱田 よかった!

坂東 もう戻りたいもんね。

濱田 戻りたい!高校生活じゃなくてあそこに戻りたい。

坂東 何か辛いことがあったらハニレモに戻りたいって思うもん。そのくらい楽しかったです。

濱田 楽しかった・・・!

坂東 キャストの皆さんがそれぞれの役割を果たしているというか、凄くいいバランスが取れていたよね。

濱田 そこにいるだけで幸せになれる現場ってなかなかないよね。

坂東 ないよねー。もういるだけでいいもんね。

濱田 そう。

坂東 みんなで特別楽しいことをしなくても普通に楽しい。

濱田 誰かが誰かと喋っているのを見ているだけで楽しい。

坂東 世界平和ってああいうことだよね。

濱田 そうだね。あれが世界平和だね。

坂東 もう空気が世界平和だった。

一同 (笑)



濱田 ラウちゃん(ラウール)を可愛がっているばんくん(坂東)と(岡本)夏美さんがいて、それを見ている吉川さんと堀田(真由)さんがいるっていう構図だけで焼酎3杯はいける。

一同 (笑)。

坂東 そこにちょこちょこおじさんっぽいことを言うたっつん(濱田)が入ってきて。

濱田 それだけでご飯5杯くらい食べられる。

坂東 たっつんも十分若いよって思いながら(笑)。ずっと「ラウちゃんかわいいー!」って言ってるんですよ。そんなこと言ってるお前がかわいいわって。

一同 (笑)。

濱田 普通に怒られましたね(笑)。そこそこのトーンで怒られました。

一同 (笑)。

坂東 何歳だよって思って(笑)。「ラウちゃんかわいいー!」ってずっと言ってるからさ。お前もかわいいわって。

濱田 すみません (笑)。

坂東 終始楽しかったね。

濱田 楽しかったね。

「ラーメンを食いに行こう」ってなって。



■ちなみにお2人は今作が初共演?

濱田坂東 初共演だよね。

■ハモリましたね。インタビュー中少し聞こえてきたんですが、改めてお互いに何て呼び合っているんですか?

坂東 “たっつん”です。

濱田 “ばんくん”です。

■自然とその呼び方に?

濱田 “ばんくん”と共通の役者の友達がいて、その子が“ばんくん”って呼んでいたのがうつったというか。

坂東 僕も最初から“たっつん”だよね?

濱田 うん。“たっつん”。



■結構フレンドリーな呼び方だと思ったんですけど、初対面の時、即意気投合したんですか?

坂東 はじめは挨拶しただけだったからお互いにあ、はいって感じで(笑)。

濱田 あ、どうもってね(笑)。

坂東 そんな感じだったんですけど、そのあとワークショップで一緒になって。

濱田 もうその時には“ばんくん”呼びになっていましたね。

坂東 なんだっけ。「ラーメンを食いに行こう」ってなって。

濱田 そうそう!ワークショップ終わりに、共通の友人と一緒に3人でラーメンを食べに行ったんだよね。美味しかったな。

坂東 家系ラーメンを汁ごと完食したんですよ。

濱田 完まくして。

坂東 そう!その言葉を知らなくて。突然、「完まくしようぜ」って言い始めて、なんのことってなって(笑)。

濱田 1人で完まくしました。

坂東 たっつんに「ご飯お替り自由だから」って言われたんですけど、「いやそんな食べられないよ」って(笑)。

濱田 懐かしい(笑)。

坂東 たっつんはめちゃくちゃ食べるんですよ。

僕の辞書に人見知りはないです。




■お互いの印象は?

濱田 こんなにもパーソナルスペースのない役者が日本にいたんだって思いました(笑)。褒めてますよ!

坂東 ニューヨーク生まれなので(笑)。

濱田 凄かったですよ。圧倒されて「お、おおー」って感じになりました。

坂東 まあね。

濱田 最初戸惑うんですよね。

坂東 僕もこんなにもパーソナルスペースがない役者が日本にいるんだって思いました。

一同 (笑)。

坂東 凄いんですよ。家にきて、勝手に冷蔵庫を開けながら「ビールもう1本ない?」って言ってくるんですよ。そのくらい本当にパーソナルスペースがないです。

一同 (笑)。

坂東 “たっつん”の最初の印象はフレンドリー。凄いフレンドリーで話しやすくて、気が遣えて、貫禄があるなって。

濱田 (笑)。僕、人見知りをしたことがなくて。

坂東 ないだろうな。僕もないです。

濱田 ばんくんは人見知りっていう単語知らなさそう(笑)。

坂東 僕の辞書に人見知りはないですね。

濱田 僕もないタイプですけど、最初自分から話しかけるのだけ少し勇気が必要で。でも1回話しちゃえばもう仲良しです。

ラウちゃんと吉川ちゃんは究極の人見知り。



■お互いに同じタイプだったからこそ、即仲が深まったんですね。

坂東 僕らは確かにそうだね。ガチっとね。

濱田 これだ!みたいな。

坂東 ラウちゃんと吉川ちゃんは究極の人見知りだから。

濱田 あの2人だけのシーンは大変そうよね。

坂東 遠くから見たけどやばかった(笑)。ずっと2人で前だけを見ていて。初日は大丈夫かなって心配しました。

濱田 僕じゃ絶対に耐えられない。

坂東 僕も無理。話しかけちゃうよね。「暑いね」とか何かしら発しちゃうもん。

濱田 そうそう(笑)。「今日天気いいね」とか話しちゃう。



坂東 マジで真っ直ぐ前を見てたな。でもそれも徐々に溶けていってね。最終的にはラウちゃんも吉川ちゃんも。キャッキャキャッキャしてたね。

濱田 笑ってたね。

坂東 ずっと笑ってたよね。

濱田 ずっと笑ってた。

■ラウールさんと吉川さんは役柄の通りなんですね。

坂東 そうですね。

濱田 口下手というか。

坂東 始めの方にある、オウムみたいにおはようの練習をするシーンの空気感がリアルだよね。完成した映画を観させていただいた時、2人の人見知りの性格が出ていて、いいなって思いました。きゅんっとしました。

役の印象は、「刑事」「小学生」



■ちなみに、今作のお互いの役の印象は?

坂東 刑事。

一同 (笑)。

濱田 なんかわかる (笑)。

坂東 刑事っぽかったよね。

濱田 僕も本当に高校生かなって疑いながら観ていました。

坂東 学生用のコートが刑事のコートに見えました。

一同 (笑)。

濱田 めっちゃわかる。

坂東 でもカッコよかった。的確にアドバイスをしたり、みんなを俯瞰して見ているというか。

濱田 確かに。

坂東 友哉がいないとあのグループは絶対に成り立たない。誰かひとり抜けても成り立たないなって見ていて思いましたね。友哉は良いポジションだよね。本当に重要な役だよね。

濱田 有難いです。

坂東 友達にもそういうポジションの人っているよね。

濱田 いるいる。

坂東 あまり話さないけど。

濱田 肝心なところでいい事を言うやつね。

坂東 そのポジションだったのでいいなって思いました。



濱田 ばんくんは本当にそのまんま。

一同 (笑)。

濱田 でももうちょっと精神年齢下かなってくらいでした。マイナス5歳くらいの精神年齢の感じ。

坂東 中学生から小学生になった感じ。

濱田 そうそうそう。こいつ楽しんでんなって思いながら見ていました(笑)。

坂東 カメラ回っている時も回っていない時も本当にありのままの姿で現場にいられて。こんな現場は初めてです。だから、終始素でいられたというか、あー息してんなって実感できました(笑)。

濱田 面白かったなー。

口数でいうとダントツです。



■濱田さんも自分自身に近い感じですか?

濱田 俯瞰している面でいえば似てるのかな。そんなにいい事ばかりは言ってないですけどね(笑)。

坂東 そうだねー。

濱田 ちょっと無駄話が過ぎるところがあるんですよねー。

坂東 本当にそう。

濱田 ちょっと黙っていればいい感じなのに、黙れないんですよね。

坂東 本当にそう。もう本当にうるさい。

濱田 本当に間違いないです。

一同 (笑)。

坂東 なんだかんだ1番口数多いよね。

濱田 そう(笑)。



坂東 実は1番うるさいのは僕じゃないんですよ!行動でうるさかったりはするけど、そこまでベラベラ喋っているわけじゃないんですよ。

濱田 口数でいうとダントツです、僕。

坂東 本当にずっと喋ってる。しかもそこまでみんな興味がないようなことをずっと喋っていて、だんだんみんなも無視するんですよ。

濱田 そう。無視されます(笑)。

坂東 相槌もなく。

濱田 お、こういう空気来たなみたいな。

一同 (笑)。

濱田 どうしようかな。喋りたいんだけどなーって思っていました(笑)。でも喋ってないと寝ちゃうんですよ。

坂東 たっつんが1番喋ってたよね。あ、なっつん(岡本)も結構喋ってたか。

濱田 そうだね。

坂東 なっつんもお喋りだもんね。

濱田 喋る。元気だよなーって思いながら見ていました。

坂東 元気だよね。なっつん。

2割増しで喋っていたかもしれない。




■同世代の現場だから沢山喋ったというのもあるんですか?

濱田 いや普通の現場でも全然喋りますよ。

坂東 普通の現場って(笑)、これも普通の現場だよ(笑)。

濱田 (笑)。年上の方ばかりの現場でも喋ります。でも確かに今振り返ると、ハニレモの現場は2割増しで喋っていたかもしれないです。

坂東 すっげぇ喋ってたよ。特に堀田ちゃんがいる日。

一同 (笑)。

坂東 なぜかわからないけど。堀田ちゃんいると段々と。

濱田 テンション上がっていたね。かわいかったからね(笑)。

一同 (笑)。

坂東 現場のアイドルだったからね。みんなメロメロでした。

濱田 みんなメロメロでしたよ。芹奈ちゃんに。

坂東 ずるいポジションだからね。役的に。

濱田 堀田さんピアノ弾いてたよね。

坂東 あー!

濱田 学校のシーンの時の控室が音楽室で、ピアノが置いてあったんですよ。それで堀田さんがピアノを弾いてくれて、すげえみたいな。みんなテンション上がってました。

坂東 僕、動画撮ったもん。

濱田 そう撮ってたね。

坂東 あげないよ。

一同 (笑)。

「光ってるー!」「つるつるじゃーん」って凄く触られた記憶がある(笑)。



■本作に夏祭りのシーンが登場しますが、ご自身の夏祭りの思い出があれば教えてください。

坂東 (夏祭り)行ったことある?

濱田 プライベートでは行ったことあるよ。でも今回の現場では行ってない!

坂東 そうだよね!撮影では行ってないよね!

濱田 僕その日、朝イチで海の帰りのシーンを撮って、とんぼ帰りしたんですよ。

坂東 そうだよね。来てすぐ帰ったよね。

濱田 その日、翌日が海に入るシーンだったから足の毛を剃ったんですよ。

坂東 そうだ!懐かしい!

一同 (笑)。



濱田 ばんくんから吉川さんと岡本さんの「明日オフだって!海なくなったってー!」って動画が送られてきて、え・・・みたいな。もう剃っちゃったんですけどってなりました(笑)。

坂東 そう。自分は学校で剃った。いたっけ?

濱田 学校で剃ってるのみたみた。いたよ。

坂東 いたっけ?

濱田 学校いたよ!

坂東 自分も足の毛剃ったんですよ。

濱田 こんなにキラキラしている映画で、すね毛はよくないなって。ましてばんくんはハーフパンツだったからね。

坂東 めっちゃつるつるにしました。

濱田 僕は、海のシーンがハーフパンツだったから足の毛を剃って。でも撮影がなくなってしまって・・・。

坂東 しかも剃っている時、吉川ちゃんとなっつんがいたんですけど、嬉しそうに動画撮られてね。

濱田 そう。嬉しそうだったね(笑)。

一同 (笑)。

坂東 しかもキラッキラのフィルターで撮影してたね(笑)。「光ってるー!」って言いながらね(笑)。「つるつるじゃーん」って凄く触られた記憶がある(笑)。

お祭り気分を味わえたのでよかったなって思います!



■結構プライベートでも夏祭りとかいかれますか?

濱田 江戸川の花火大会とかは行きますね。

坂東 明治神宮の花火大会に1回だけ行きました。物凄く混んでいて歩けなかったなぁ。ハニレモのお祭りのシーンは、浴衣を着た方が沢山いて、灯篭みたいなものが飾ってあったり凄く本格的でしたね。あ、実はその日事件が起きまして。

濱田 気になるなー。

坂東 僕、香盤表で昼と夜のお祭りのシーンに出るってなっていたんですよ。で、昼のお祭りシーンを先に撮り終えて、実際に出演したんです。

濱田 これ聞いたことあるぞ(笑)。

坂東 そこから夜の撮影参加のために3、4時間ウキウキしながら待って、いざ撮影再開!ってタイミングで現場に行ったんですよ。そしたら監督に「え、悟いらないよ」って言われて(笑)。待て待て待て。まさか!?って思ったら香盤表が間違っていて僕のところに丸が付いていたらしく(笑)。夜の撮影に参加できず残念でしたけど、待っている間に灯篭のセットなど見れたり、お祭り気分を味わえたのでよかったなって思います!

一同 (笑)。

濱田 悲しいなー(笑)。悲しすぎるよ。

坂東 すげえワクワクしてたのに、いらないっていう(笑)。

一同 (笑)。

■悲しいですね(笑)。ありがとうございました!

濱田龍臣さんと坂東龍汰さんからEmo!miu読者にメッセージ★



★濱田龍臣&坂東龍汰サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\濱田龍臣&坂東龍汰 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡


応募締切:2021年8月18日(水)

<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]

① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② ツイートをRTする。※のちほどアップします!

③ インタビュー投稿をRTで当選確率UP!


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。



ーPROFILEー
濱田龍臣
2000年8月27日生まれ。千葉県出身。
子役として大河ドラマ「龍馬伝」(10/NHK)、「怪物くん」(10/NTV)などに出演し注目を集める。2017年、「ウルトラマンジード」(TX)で主役である朝倉リク/ウルトラマンジード役を演じた。その他の出演作は「花のち晴れ~花男Next Season~」(18/TBS)、映画『記憶にございません!(19)、『記憶屋 あなたを忘れない』(20)、『ブレイブ-群青戦記-』(21)、舞台『大地(Social Distancing Version)』(20)などがある。

坂東龍汰
1997年5月24日生まれ。北海道出身。
2017年8月に俳優デビュー。2018年NHKスペシャルドラマ「花へんろ 特別編 春子の人形」で主演し注目を集める。主な出演作は映画『十二人の死にたい子供たち』『閉鎖病棟-それぞれの朝-』(19)、『犬鳴村』『弱虫ペダル』『スパイの妻<劇場版>』(20)、TVドラマ「ゴールド!」(20/NHK)、「夢中さ、きみに。」(21/MBS)など。今後の出演作に『峠 最後のサムライ』(21)がある。


―INFORMATION―
【映画『ハニーレモンソーダ』】
2021年7月9日(金)全国公開
原作:「ハニーレモンソーダ」村田真優(集英社「りぼん」連載)2016年2月号~連載開始/既刊16巻(連載中)
出演:ラウール(Snow Man) 吉川愛 堀田真由 濱田龍臣 坂東龍汰 岡本夏美
監督:神徳幸治
脚本:吉川菜美
主題歌:「HELLO HELLO」Snow Man(avex trax)

©2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 ©村田真優/集英社

新着ニュース

Present

more