Search

「仲間たちが付き合ってくれるようなワニの人柄を表現できたら良いな」映画「100日間生きたワニ」神木隆之介ら、キャラクター作りについてのコメント&初出し場面カット到着!



昨年、社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(著:きくちゆうき)が、タイトルを改め【100日間生きたワニ】としてアニメーション映画化され、2021年7月9日(金)より全国公開される。



神木隆之介、中村倫也、木村昴といった豪華な声優陣でも話題になっている本作。多くの人に愛されたキャラクターたちが、映画では彼らによってどのように命を吹き込まれているのか注目が集まるなか、監督との役についてのやりとりや意識した点など、キャラクター作りについてのコメントが、初出し場面カットとともに解禁された。



上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督両者からワニ役候補の希望として1番に名前が挙がったという神木隆之介。自身が演じるワニについて「純粋で素直で人懐っこい奴で、テンションが高いところは高く、子どもっぽくはしゃいでみたりする場面がいっぱいありました」と無邪気な役柄について解説。

「クールなネズミやぶっきらぼうなモグラといった仲間たちが付き合ってくれるようなワニの人柄を表現できたら良いな、というお話を監督としました」と、ワニは周りを惹きつける魅力的なキャラクターであるとアフレコ前に監督から説明を受けたという。



また、ワニの親友ネズミの声を担当する中村倫也は「クールな感じもあるんですけど、このメンツでいるとお調子者になる」と、ネズミの性格について監督とのやりとりがあったと明かす。



同じく親友のモグラの声を担当する木村昴は、監督から「この3人のなかではガキ大将っぽく」という指示があり、「ちょっとぶっきらぼうで、この中で1番やんちゃなキャラクターだよ、というご説明をいただいた」と、その点を意識して演じたことを振り返る。



ワニ・ネズミ・モグラといったキャラクターたちが映画ではどのような姿を見せるのか、期待が高まる。

<STORY>
桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場に、ワニの姿はない。
親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

100日前―――入院中のネズミを見舞い、大好きな一発ギャグで笑わせるワニ。毎年みかんを送ってくれる母親との電話。バイト先のセンパイとの淡い恋。仲間と行くラーメン屋。大好きなゲーム、バスケ、映画・・・ワニの毎日は平凡でありふれたものだった。

お花見から100日後――
桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。
そんな中、みんなの暮らす街に新たな出会いが訪れる。
引っ越ししてきたばかりで積極的なカエルに、ネズミたちは戸惑いを隠せず・・・

変わってしまった日常、続いていく毎日。
これは、誰にでも起こりうる物語。

■詳細
【100日間生きたワニ】
公開日:2021年7月9日(金)
キャスト:神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子、ファーストサマーウイカ、清水くるみ、Kaito、 池谷のぶえ、杉田智和、山田裕貴
原作:きくちゆうき「100日後に死ぬワニ」
監督・脚本:上田慎⼀郎、ふくだみゆき
音楽:亀田誠治
主題歌:いきものがかり「TSUZUKU」(Sony Music Labels)

©2021「100日間生きたワニ」製作委員会

新着ニュース

Present

more