Search

堂本光一がAERA6月7日号の表紙に!蜷川実花が撮影したカラーグラビア&インタビューを掲載



2021年5月31日(月)発売の【AERA(アエラ)6月7日号】の表紙に、6年ぶりのソロアルバム発売を目前に控えた堂本光一が登場。昨年来のコロナ禍で、舞台公演の中止、コンサートの配信への切り替え、制作の中断や延期などを余儀なくされた堂本が、カラーグラビア&インタビューで語った言葉は、むしろ希望に満ちていた。

ソロアルバムのタイトル「PLAYFUL」は“遊び心のある”という意味を持ち、コロナ禍にある今だからこそ失いたくないものですね、という問いかけからインタビューがスタート。すべてを自分で手がけたアルバムのコーラスのこと、収録曲の1つ「V」で、自身もファンだというゲーム「ファイナルファンタジー」とのコラボが実現したこと、そして、CG制作を体験したことで、自身のものづくりに新たな一歩が生まれたことなどを語っている。

6月2日(水)にソロアルバム発売後、6月20日(日)からはソロツアーも予定している堂本は、「こんな状況ならやらんほうがええんちゃうの?」と思う自分もいる、と吐露しつつ、「開催を発表することが、改めて自分を律することにつながる」と話している。ユーモアを交えて語られた堂本流の“考え方”には、コロナ禍でも下を向かず、前を向くヒントが散りばめられていた。

また、人気少女漫画「胸が鳴るのは君のせい」が原作の同名映画で初主演をつとめる「美 少年」の浮所飛貴への単独インタビューも敢行。「演技の楽しさに目覚めた」という浮所の、役作りの方法から、本物の“青春”のように楽しかった撮影中のエピソード、アイドルでもバラエティータレントでもない”俳優”としての自分のあり方まで、たっぷりと掲載。

巻頭特集は「地震と豪雨の最新データ」。最新のデータで”想定外”の災害を想定していく。さらに、スープカレーの次にくると言われているインドのスパイシーな炊き込みごはん“ビリヤニ”をフィーチャーし、その味と香りにハマって沼から抜けられない人が続出しているという情報から、その沼の住人や業界のカリスマを取材。秘伝の調理法とともに、テイクアウトや通販の名店も紹介されている。

■詳細
【AERA(アエラ)2021年6月7日号】
価格:440円(税込)
発売日:2021年5月31日(月)

新着ニュース

Present

more