Search

ロマンチックで色とりどりな“あじさい”の祭典!ハウステンボスに日本最多の1,250品種が集結



ハウステンボスは、日本最多1,250品種のあじさいがヨーロッパの街並みを彩る【あじさい祭】を2021年5月29日(土)より6月27日(日)まで開催する。



あじさいや初夏の花々が咲き誇る「花の広場」をはじめ、「あじさいの運河」や「あじさいロード」などハウステンボス内全体が色とりどりのあじさいに埋め尽くされる光景はまさに絶景。

 

ヨーロッパの街並みと色とりどりのあじさい

 



街の中心にある「花の広場」では、あじさいをはじめとした初夏の花々に囲まれて、非日常的な空間を堪能することができる。また広場内のステージでは毎日ショーが開催され、ホテルレストランの料理を味わいながら鑑賞できたりと、なんとも贅沢なひとときに酔いしれることができる。



運河沿いにはカラフルなあじさいがずらりと咲き誇り、運河を吹き抜ける爽やかな風とともにあじさいの美しさを楽しめる。日本がルーツのあじさいと、ヨーロッパの街並みが調和した風景が美しい。



また宮殿パレス ハウステンボスへと向かう参道には、日本最多1,250品種のあじさいが咲き、色とりどりのあじさいが果てしなく続いていく様子はまさに絶景!写真を撮るも良し、じっくり眺めて過ごすも良し。さまざまな品種の中からお気に入りのあじさいを見つけてみて。



さらに、あじさいロードがあるパレス ハウステンボス前参道には「あじさいマーケット」が登場。場内で見つけたお気に入りのあじさいをここで購入することが可能で、散策の息抜きに観賞するだけでも楽しいエリアだ。



直営ホテルのホテルヨーロッパも、あじさい祭期間中は「あじさいのホテル」に様変わりし、雨の日でも室内でゆっくりとあじさいを観賞することができる。館内では海外アーティストによるコンサートも開催され、ティータイムを楽しみながら華麗な音色が楽しめる。また「あじさい祭特別プラン」として、あじさいをイメージしたグルメ付きのプランを用意。最高のサービスとともに、充実したホテルライフを堪能できる。



夜になるとライトアップされ、また違った風景が楽しめる。昼間よりロマンチックなムードの中あじさいを鑑賞できるのは、ハウステンボスならでは!また場内ホテルに宿泊し、開園前に早朝のあじさいを散策するのもオススメ。

 

日本最多1,250品種のあじさいが咲き誇る

 

日本最多1,250品種のあじさいが楽しめる「あじさい祭」では、ユニークな名前のあじさいや、さまざまな形をしたあじさいが各所で見られる。品種のプレートを見ながら散策したり、見つけると幸せになると言われているハート形のあじさいを探すのも楽しそう。

 

ありがとう

 

 

長崎の恋

 

 

歌合わせ

 

 

ハウステンボス

 

今回の「あじさい祭」では、ハウステンボスの名を冠した新品種が初登場。この品種は、ガクが薔薇の形に似て咲く「八重ボール咲き」がとてもキュート。いくつもの花弁がまとまって見えるから、まるで花束のようなときめきを感じさせてくれる。花の広場の王冠オブジェ内で展示される予定。

 

ショーやグルメ、グッズであじさいを楽しむ

 

さらに、あじさい祭と併せて、ショーやグルメ、グッズを通して季節の移り変わりを感じることができる「フラワーフェスティバル」も同時開催。



地元牧場の牛乳を使用したアイスと、あじさいをイメージした寒天で彩られた「紫陽花あんみつパフェ」は甘くも涼しげな和の味わい。



限定グッズには、あじさい祭だけの特別なベア「AMANE」が販売され、足裏のあじさいの刺繍がポイント。限定ベアは毎年人気で、愛らしい見た目からお土産にも最適。ウェルカムエリアにあるリンダでぜひ見つけてみて。



そのほか、高さ3~6mの「ジャイアントフラワーツリー」や、フォトジェニックな「フラワーバス」など、アトラクションタウンが花の街フラワータウンに大変身。カラフルなアートフラワーとヨーロッパの街並みのコラボをぜひ写真に収めてみて。フラワータウンは7月9日(金)まで開催予定だ。

■詳細
【あじさい祭】
開催期間:2021年5月29日(土)~6月27日(日)
場所:ハウステンボス

新着ニュース

Present

more