Search

動乱の幕末を生きた男たちも登場!“るろうに剣心”始まりの物語が描かれる「The Beginning」特報映像&本ポスター解禁!



累計観客動員数は980万人を突破する日本映画の歴史を変えたアクション感動大作「るろうに剣心」シリーズが、ついに完結!映画【るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning】は、それぞれ2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国ロードショーする。

今回、公開を直前に控え、特報映像&本ポスターが解禁された。解禁された特報映像では、黒い着物に身を包んだ緋村剣心(抜刀斎)が血しぶきも省みずに容赦なく人を斬り捨てていく衝撃の姿が初お披露目。そして、剣心に近づく巴の存在。のちに妻となる巴をなぜ斬殺することになるのか?十字傷に秘められた真実が描かれる。さらに、剣心を人斬りの任に就ける長州藩の志士・桂小五郎(高橋一生)や高杉晋作(安藤政信)、そして、剣心と敵対する幕府側の浪士隊・新選組の斎藤一(江口洋介)や沖田総司(村上虹郎)の姿などの動乱の幕末を生きた男たちの姿も収められ、これまでのシリーズとは全く違う世界が描かれていることが期待できる。



さらに追加して、場面写真が到着。特報映像同様に、これまで誰も観たことの無い、人斬り・緋村抜刀斎の危険な姿や、妻となり惨殺されると運命を辿る雪代巴、さらに桂小五郎、沖田総司、斎藤一らの姿が収められている。



巴にはじめて剣を向けたカットや、



敵である新選組の沖田との死闘などファンにはたまらない場面が目白押し!



また、同時解禁となったポスタービジュアルでは、白い着物の至る所から血が滲んで満身創痍な剣心が、降りしきる雪の中で静かに横たわる妻・巴を抱きよせるという、美しく、儚いビジュアルに仕上がっている。一体彼らに何が起こったのか?

「るろうに剣心」始まりの物語であり、10年続くシリーズの完結作となる本作のコピーは“これで終わる。ここから始まる。”。なぜ剣心は妻である巴を惨殺したのか?そしてなぜ不殺の誓いをたてたのか?剣心の過去、そして十字傷の謎が明らかとなる。

<佐藤健 コメント>

『The Beginning』では、剣心を語る上で欠かせないエピソードである、剣心が抱える十字傷の正体が明らかになります。

パート1から『The Final』で穏やかに微笑んできた剣心とは違い、闇の中で生きる人斬り時代の剣心の姿が描かれます。

剣心のこのエピソードをお客さんに知ってもらって初めて『るろうに剣心』が完結します。

完成した映画を見ましたが、僕が思い描いたものを遥かに超えたクオリティで大友監督が映画として完成させてくれました。嬉しいですし、悔いはありません。

僕自身絶対に演じたいエピソードでしたので、早く皆様に届けたいです。ぜひ、『The Final』と合わせてご覧頂けると嬉しいです。

<「The Final」ストーリー>
かつては“人斬り抜刀斎”として恐れられた緋村剣心だが、新時代の幕開けとともに、斬れない刀=逆刃刀<さかばとう>を持ち穏やかな生活を送っていた。最狂の敵・志々雄真実が企てた日本転覆の計画を阻止するため、かつてない死闘を繰り広げた剣心達は、神谷道場で平和に暮らしていた。しかし、突如何者かによって東京中心部へ相次ぎ攻撃が開始され、剣心とその仲間の命に危険が及ぶ。果たして誰の仕業なのか?何のために?それは、今まで明かされたことの無い剣心の過去に大きく関係し、決して消えることのない十字傷の謎へとつながっていく。

<「The Beginning」ストーリー>
動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダー桂小五郎のもと暗殺者として暗躍。血も涙もない最強の人斬り・緋村抜刀斎(ひむらばっとうさい)と恐れられていた。ある夜、緋村は助けた若い女・雪代巴(ゆきしろともえ)に人斬りの現場を見られ、口封じのため側に置くことに。その後、幕府の追手から逃れるため巴とともに農村へと身を隠すが、そこで、人を斬ることの正義に迷い、本当の幸せを見出していく。 しかし、ある日突然、巴は姿を消してしまう。<十字傷>に秘められた真実がついに明らかになる−

■詳細
【映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』】
公開日:2021年4月23日(金)、6月4日(金)より2作連続で全国ロードショー
出演:佐藤 健、武井 咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井 優、伊勢谷友介、土屋太鳳、三浦涼介、音尾琢真、鶴見辰吾、中原丈雄、北村一輝、有村架純、江口洋介
原作:和月伸宏「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:脚本:大友啓史
音楽:佐藤直紀
主題歌:ONE OK ROCK

© 和月伸宏/ 集英社 ©2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会

新着ニュース

Present

more