Search

苺と薔薇の楽園で開かれる甘美なお茶会へようこそ!ヒルトン東京で年に一度の苺の祭典『RSVP.アリスからの招待状』スイーツ&ランチビュッフェ開幕



ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」では、2020年12月26日(土)より毎年恒例のいちごのスイーツビュッフェを開催。例年フェア期間中、ホテル全体で23トン以上(約7万7千パック)の苺を使用する名物フェアの新テーマは【RSVP.アリスからの招待状】。

ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」から着想を得たヒルトン東京 エグゼクティブ・ペストリーシェフによる新作いちごデザート20種類以上とフレッシュ苺に加え、ローストビーフのカーヴィングなどを含む15種類のランチアイテムが揃う新ビュッフェは、アフタヌーンデザートとしてはもちろん、ランチとしても十分満足できるメニュー。



ビュフェ台がそのまま移動するかのようなフォトジェニックな「スイーツワゴン」が各テーブルを周る他、出来立てのスイーツをその場で用意し、一皿毎にサーブする「ライブステーション」、さらに各テーブルには愛らしい鳥かご風スタンドなどが配され、予め一口サイズの焼き菓子を用意。



ロマンティックな薔薇のゲートをくぐり抜けると甘酸っぱい苺の香りに包まれ、まるで楽園に迷い込んだかのよう。春を待ちわびるアリスが催すエピキュリアン的なお茶会をイメージした空間で優雅なスイーツ&ランチタイムが始まる。「アリスのローズハート 苺のタルト」は、爽やかな酸味のルバーブと共に焼きあげるアーモンドタルトに艶々の大粒苺とベルローズをトッピング。



ピスタチオのマジパンを乗せたココナッツ風味のスポンジケーキ「春を呼ぶフレジエ」、オーストリアの古典菓子をアレンジした「甘酸っぱい招待状」は、ふわふわのメレンゲに卵黄たっぷりのビスキュイを両サイドに、バニラのディプロマットクリームと敷き詰められた苺の相性が抜群。



その他にも、ダマスクローズのホイップクリームに苺とラズベリーをサンドしたショートケーキ「薔薇のリース」、ラズベリーのムースにバルサミコとグリーンアニスをほんのり効かせた苺のジュレを配した「ぐるぐる ずっ~っとお茶時間」など、苺の美味しさを引き出す播田シェフの技が光る新作ケーキが勢揃いする。



野性味あふれるセンガセンガナ種の苺とミルク、ヨーグルトで作るシェイク「お飲みなさい!」、出来立てをご用意するストロベリーパフェ「アリスが思い描く恋の味」、ラム酒でフランベしたパイナップル入りレアチーズケーキ「ピンクなのに苺じゃ無いの?」など、バラエティに富んだいちごスイーツを用意。

■詳細
【『RSVP.アリスからの招待状』スイーツ&ランチビュッフェ】
料金:お1人様 4,100円(土・日・祝日 4,500円)※税金、サービス料別途
開催期間:2020年12月26日(土)~2021年5月を予定 ※2021年1月1日~3日を除く
会場:ヒルトン東京1F「マーブルラウンジ」
営業時間:11:30〜17:00(予約は6部制)
ご予約:ウェブサイト

新着ニュース

Present

more