Search

“80年代ソング×現代のJ-POP”を織り交ぜた、懐かしくも新しい音楽性がエモい!注目の女性シンガー武藤彩未インタビュー<インタビュアー/植村颯太>



彼女の歌の原点・80年代ソングと現代のJ-POP。この2つの良さを織り交ぜた【レトロPOP】な楽曲に、リアルな乙女の恋心をのせて歌う、Emo!注目の女性シンガー【武藤彩未】に、Emoメン・植村颯太がインタビュー!

本インタビューでは、彼女の音楽テーマでもある80年代音楽との出会いと魅力、11月25日(水)にリリースされるミニアルバム「あの頃、君に渡したプレイリストを今でも僕はくちずさむ。」の聴きどころや、自身が作詞を手掛けた表題曲「ベティ」の制作秘話・注目のMVについて、さらに休日の過ごし方や得意料理、美肌の秘訣、モチベーションを保つために行っていることなどプライベートな質問にもたっぷり答えていただきました!

タイムスリップしたかのような昭和レトロな雰囲気を味わえる<しぶや駄菓子バー>で撮影した、エモいインタビューカットも必見です♪



80年代音楽との出会い



■植村颯太です。よろしくお願いします!

武藤彩未 よろしくお願いします。

■ミニアルバム「あの頃、君に渡したプレイリストを今でも僕はくちずさむ。」リリース決定おめでとうございます!

武藤 ありがとうございます!

■では早速インタビューに入らせていただきます!
まずは、武藤さんの音楽のテーマでもある【80年代の音楽】についてお聞きしていきたいのですが、【80年代音楽】との出会いを教えていただきたいです。


武藤 きっかけは両親です。両親の影響で幼い頃から80年代音楽を聴いていて、特に(両親が)松田聖子さんの大ファンだったということもあって、私も自然と松田聖子さんに憧れるようになっていました。

■僕の親は嵐が大好きで、そこから僕も嵐が大好きになりました!

武藤 やっぱり親の影響って大きいですよね。家で流れている音楽とか、車で流れている音楽とか。幼少期から触れる音楽には影響を受けますよね。

■そうですよね!
ちなみに、いつ頃歌手の道を志されたんですか?


武藤 小学3年生頃からこの世界にいるんですけど、最初はキッズ洋服のモデルさんをやっていたんです。それも自分からというよりは、母親に「お小遣いあげるからやってほしい」って言われたのがきっかけで(笑)。でも、メイクをしてもらって、可愛いお洋服着せてもらえるキラキラした世界に自分もどんどんハマっていきました。

そんな風に色んなことをやらせてもらう中で、1年間限定のユニット「可憐Girl’s」のメンバーに選んでいただいて、その時初めて歌の仕事をさせていただくことになりました。



■凄い!人生何が起こるかわからないですよね。
続いて、80年代の音楽に影響を受けているということで、武藤さんが1番好きな曲を教えていただきたいです。


武藤 1番ってなると聖子さんの曲なんですけど、全曲大好きなので・・・1番を決めるのが本当に難しいんですよね(笑)。

でもしいて言うなら、そんなにメジャーな曲じゃないんですけど、「メディテーション」っていう曲が好きです。アルバム『ユートピア』の曲なんですけど、とにかく歌詞がとても素敵で、曲が自分に寄り添ってくれている感じがするんです!なので、落ち込んだ時などに聴くと凄く励まされます。ぜひ聴いてみて欲しいです。

■はい!聴いてみます!ありがとうございます。
80年代音楽のどんなところが好きですか?


武藤 歌詞がストレートに入ってくる感じが好きです。80年代音楽は聴くと情景が浮かぶようなストーリー性のある歌詞が多い印象で、そこがとても好きですね。

音楽的にも、今よりもっとシンプルな構成なので、余計にストレートに歌詞が入ってくるなって思います。

■80年代の曲をあまり聴かないので、まずは「メディテーション」を聴いてみたいと思います!

武藤 ぜひ!

何年経ってもこのプレイリスト(ミニアルバム)を口ずさんでほしい。



■続いて、ミニアルバム「あの頃、君に渡したプレイリストを今でも僕はくちずさむ。」について聞いていきたいんですが、このタイトルを見た時、甘酸っぱさもあって懐かしさもあって、なんだかエモいなと思ったのですが、どんな想いを込めてこのタイトルにされたんですか?

武藤 このプレイリスト(ミニアルバム)を皆さんが手にとって、何年経ってもこのプレイリスト(ミニアルバム)を口ずさんでいたら嬉しい、そういう願いが込められています。

タイトルが長いので言いにくいと思うんですけど、長いタイトルって、CDショップで陳列されていたり、WEBで出てきた時に目につきやすいじゃないですか。そうやってなんだろうって手に取ってもらえるようにインパクトのあるこの長いタイトルにしました。でも、私もたまに噛んじゃうんですけどね(笑)。

■「あの頃、君に渡したプレイリストを今でも僕はくちずさむ。」僕も噛みそうになりました。

武藤 ですよね(笑)。なので私も練習中です(笑)。

■ミニアルバムの表題曲「ベティ」のタイトルが気になりました!人の名前なのかなと思ったのですが、「ベティ」は何を指していますか?

武藤 人を指しているんですけど、そこにはエピソードがあって。

最初仮歌を頂いて、そこに私が歌詞をはめる作り方だったんですけど、楽曲を頂いた時点で、仮タイトル「ベティ」がついていたんです。キャラクターでベティちゃんっているじゃないですか。

■あのセクシーな!

武藤 そうです!あのキャラクターをイメージして、作曲してくれた御供さんは曲を作ったそうなんです。私はその意味に気づかず、ベティってどんな意味なんだろうって調べたら、英語で「魅力的な女性」を指す言葉だって出てきたので、魅力的な女性に成長していく女の子をイメージして歌詞を書いたんです。でも、最終的には、そのキャラクターみたいな魅力的な女性になりたい、こういう女性になりたいって意味では、共通していたので、そのままタイトルは「ベティ」になりました。

私の新しい一面が見られるMVに。表題曲「ベティ」



■「ベティ」のここを聴いてほしいというお気に入りポイントを教えていただきたいです。

武藤 自分で作詞をしたので、歌詞は全体的に注目をしてほしいんですけど、結構自分と共通するところがあるんです。

私自身、つい最近まで本当にボーイッシュな感じで、メイクにも興味ないし、洋服も別に着られればいいやってタイプで、本当に女子力に欠けていたんです。そんな自分に共通する部分がある曲だったので、歌詞は自分にあてはめながら書きました。特に、最初の部分は私だけじゃなくて多くの女の子に共感してもらえるんじゃないかなって思います。

■「リュックにスニーカーで一番早く走った」

武藤 はい。でも本当はスカートが似合う女の子に憧れていて、そんな気持ちをこれから取り戻していくんだっていう。

■素敵ですね。作詞されているって凄いですよね!難しいですか?

武藤 私も最近始めたので、凄く苦戦をしながらやっています。もっといい歌詞が書けるように頑張って続けていこうと思っています!

■頑張ってください!
「ベティ」のMVも歌詞に合わせて、おさげの女の子からウェーブヘアが素敵な大人の女性に変化する映像が素敵でした。ご自身で完成したものを見られていかがでしたか?


武藤 今までは大人っぽい姿を見せたことがあまりなかったんですけど、今回初めて、オールバックで前髪を後ろに持ってくるヘアスタイルに挑戦したり、私の新しい一面を皆さんに見せられるMVになったんじゃないかなと思います。結構いい出来になったなって手ごたえはあります。

■MVはもちろんなんですけど、中毒性があるサビで、リズムに乗りやすくて、覚えやすいメロディなので、頭の中にめちゃくちゃ残りました!

武藤 嬉しい!ありがとうございます!



■ありがとうございます!
続いて行きます。僕はまだ「ベティ」しか聴けていないのですが、ミニアルバム全体の聴きどころやオススメポイントを教えていただきたいです。(1.Flower 2.ベティ3.oshan 4.ミルクコーヒー 5.センチメンタルスカイ 6.マーマレード)


武藤 今回は、全体的にバンドサウンドなライブで盛り上がる曲をイメージして作らせてもらったので、結構ポップな曲が揃っています。なので、いっぱい聴きながらライブを楽しみに待ってもらって、ライブ当日はこの曲たちと一緒に盛り上がれたらいいなって思います。

■僕もリリースされたら全曲聴いてみます!

武藤 ぜひ!結構キャッチーな明るい曲ばかりになっているので、初めての人でも聴きやすいんじゃないかなって思います。

■ちなみに僕YouTubeチャンネル登録しました!

武藤 嬉しいです!ありがとうございます!

この曲たちで最高に盛り上がるライブにしたい!



■続いて、来年1月29日(金)に本ミニアルバムリリース記念ライブの開催も決定していますが、先日有観客ライブを開催されていましたよね!久しぶりのお客さんがいる前でのライブだったと思うのですが、いかがでしたか?

武藤 久しぶりにお客さんがいるライブだったので凄く感動しました。今までは当たり前だった光景が今ではなかなか見られないものになってしまって。しかもお客さんを入れてのライブが1年ぶりだったんです。ずっとこの日を待っていたので、やっとライブをやっているなって実感ができて本当に感動しました。もちろん無観客ライブの配信の良さもあるんですけど、やっぱり目の前にお客さんがいるとすごく楽しくって。

■ありがとうございます!
また、1月29日(金)のリリース記念ライブはどんなライブにしたいですか?


武藤 このライブは、これから発売されるアルバムのミニライブになるので、この曲たちで最高に盛り上がるライブにしたいなって思っています!

<オフトーク>休日は韓国ドラマにハマっています。



■ありがとうございます!
続いて、オフトークにいきたいと思います!お休みの日は何をされていますか?


武藤 最近は韓国ドラマにハマっていて、休みがあったらひたすら観ちゃいますね。もう止まらないです。

■僕も小学生の頃、よく観ていました!

武藤 小学生!?最先端いってたんですね(笑)

■おばあちゃんとおじいちゃんが観ていて。

武藤 確かに韓流スターブームありましたよね!

■そうです!その時です!

武藤 今も韓国ドラマのブームがきているじゃないですか。Netflixのランキングトップも韓国ドラマばかりなんですけど、私もそれを次から次って、睡眠を削ってまで、寝不足になりながら観ちゃいます(笑)。1回観始めちゃうと続きが気になって止まらないんですよね。

■今特に面白いと思うお気に入りの韓国ドラマはなんですか?

武藤 今ちょうどリアルタイムで観ているのは「キム秘書はいったい、なぜ?」。Netflixで1位の作品なんですけど、ランキングで出てくるのはとりあえず観ておこうって思っているので、「愛の不時着」と「梨泰院クラス」も観ました!

■キュンキュン系が好きですか?

武藤 やっぱり恋愛系はキュンキュンしていいですよね。

あと、歌詞を書く時の参考にもできるかなと思って。韓国ドラマのような恋愛を想像して膨らませて、歌詞のネタにもさせていただいています(笑)。

自粛期間に見つけた得意料理。



■ありがとうございます!
僕、大阪から上京をして最近1人暮らしを始めたんですけど、簡単に作れるお手軽料理があれば、教えていただきたいです!


武藤 それは私に聞いちゃいけないかもしれない(笑)。私本当に料理が苦手でして、私も勉強したいです! (笑)

■そうなんですね!

武藤 私も高校生の頃にこっちに出てきたんですけど、寮生活だったので寮母さんが作ってくれて…。作るきっかけを失ってしまい、いまだにサボっています(笑)。

でも、自粛期間は流石に何かしなきゃなって思って、ちょこちょこ料理したんですけど、ナポリタンは美味しく作れました!隠し味にバターを入れるとめちゃくちゃコクが出て、いいですよ。

■ナポリタンって赤いやつですよね。

武藤 そうそう!ナポリタンは割と簡単だと思います。そんなに材料も必要ないし。あとバターを入れてぜひ作ってほしいです!

■作ってみます!

武藤 あと、タコライスにハマっていました。サルサから自分で作ってみたり。

■凄いですね!

武藤 全然まだまだなんですけど。そんな感じで自粛期間はちょっと頑張っていましたね。継続しなくちゃなと思います。一緒に頑張りましょう!

■はい!頑張ります!
僕はカレーを作りますね!


武藤 今の流れでナポリタンじゃないんですね(笑)。

一同 (笑)。
武藤 でもカレーは何日も食べられるし、時間が経てばより美味しくなりますよね。どうしても1人暮らしって材料が余っちゃったり、作り過ぎちゃったりするから、カレーは凄くいいと思います!

■そういう難しさもあるんですね!

武藤 1人暮らしは量が難しいっていうのを言い訳にしてます (笑)。

美肌の秘訣は、韓国コスメ。



■(笑)。頑張ります!ありがとうございます!
突然なんですけど、武藤さんめちゃくちゃお肌が綺麗ですよね!


武藤 嬉しいです !

■今日もずっとお綺麗だなって思っていたんですけど、美肌の秘訣はあるんですか?教えていただきたいです!

武藤 最近、韓国コスメを使うようになったら凄く肌の調子が良くなってきて。

■みんな韓国コスメを使っていますよね。

武藤 韓国は美容系も凄いですよね。ちなみに、LAVIEN(ラヴィアン)の洗顔を使っているんですけど、それが自分の肌に凄く合っていて、そのおかげかなと。

あとは、洗顔をした後の放置はしないようには気を付けています。やっぱり1番は自分に合うコスメを見つけることが大事なのかなって思います。今までも色んなものを試しながら、合う合わないってやってきて、やっと自分に合うものに出会った感じなんですよね。

なので、人より凄く丁寧にやっているっていうよりは、自分に合うものを見つけた感じです。あとは、撮影前は、パックをするくらい。

■パックすると潤いますよね!

武藤 パック凄いですよね。それも韓国のパックがいいなって思います。美容系は本当に韓国凄いですよね。

■食事面は気を付けていますか?

武藤 夜は気を付けて、日中は割と好きなのを食べるようにしています。あとは運動をしたり。

■好きな食べ物はなんですか?

武藤 お肉が好きですね(笑)。

■ガッツリ系なんですね!

武藤 はい。ガッツリ食べます(笑)。

■僕も結構ガッツリ系です。

武藤 お肉って凄いですよね。なんでお肉を食べるとこんなに頑張れるんだろうって思うくらい力をもらえる。

■体には悪そうですよね。

武藤 なんでも取り過ぎはよくないけど、お肉はエネルギーになるから多少がっついてもいいと思います!

今冬に聴きたい1曲。



■食べます!ありがとうございます!
続いて、今冬に聴きたい1曲を教えていただきたいです!


武藤 冬ならちょっと切ない系もありですよね。となると、杏沙子さんの「見る目ないなぁ」って曲があるんですけど、歌詞も凄く共感しやすいし、メロディもシンプルで凄くいいんです。

■ジェケットも可愛いですね。

武藤 可愛いですよね!多分女の子はみんな共感すると思います。結構切ないバラードで。なぜか冬って切ない系の曲聴きたくなりますよね。寒い冬に、散歩しながらこの曲を聴いたら泣いちゃいそう。

■僕は、悲しい気持ちの時も嵐を聴きますよ!

一同 (笑)。

武藤 やっぱり嵐なんですね!(笑) じゃあ活動休止辛いですね…。

■そうなんですよ。めちゃくちゃ辛かったです。本当に!親と一緒に泣きました。

武藤 凄い!ご両親からしたら、息子も自分たちが好きなアーティストにハマってくれるって幸せですよね。

憧れの松本隆先生先生が―!エモい出来事。



■やっぱり親の影響は大きいです。僕も今年の冬は杏沙子さんの「見る目ないなぁ」を聴いてみたいと思います!
続いての質問にいきます。活動していく上でモチベーションを保つ方法はありますか?


武藤 ちゃんと自分へのご褒美をあげるようにしています。終わった後にこれがあるから頑張ろうって。

私の場合は、焼肉が大好きなので、終わった後に焼肉を食べるぞってご褒美を用意しておくとか。小さいことですけど、そういう楽しみがあると頑張れます。別にご飯じゃなくても、この仕事が落ち着いたら、ディズニー行こう!旅行行こう!とかそういう楽しみがあれば、誰でも頑張れそうだなって。

毎日ご褒美はよくないかもしれないですけど、やる時はやるっていうメリハリが大事だなって思うので、終わった後のご褒美はしっかりあげています。

■参考にさせていただきます!
武藤さんが最近心揺さぶられたエモい瞬間はありますか?


武藤 憧れの松本隆先生という作詞家さんがいるんですけど、その方が私のツイートをRTしてくださったんです。

■凄いですね!

武藤 もう一瞬夢かなって思ったくらい本当に嬉しくて。もしかしたら私のことを知ってくれたのかなとか。いつか会えるのかなとか。色々期待が膨らんで、夢が広がった瞬間でした。

■それはめちゃくちゃ嬉しいですね!

武藤 そうなんですよ。ツイートは松本隆先生の内容ではあったんですけど、それでも見つけてくださったことが嬉しいですし、RTまでしてくださって。

■モチベーションにも繋がりますよね。

武藤 本当にそうですよね。憧れの松本隆先生に歌詞を書いてもらうのが1つの夢なので、その夢に1歩近づけた瞬間だったなって思います。



■ありがとうございます!
最後に、今後の目標や夢を教えていただきたいです。


武藤 私は武道館に立つのが夢です。色んな方があのステージに立たれていますが、憧れの松田聖子さんは武道館で111回公演をされた、日本の女性アーティストの中で最多の方なんです。なので、松田聖子 さんといったら武道館というイメージが私の中であるので、憧れの同じステージにいつか1人で立ちたいなって思っています。

なので、今からどんどんこの輪を広げていって、みんなと一緒に武道館にいきたいなって思っています!

■応援しています!

武藤 その時はぜひ武道館にきてください。

■行きます!楽しみにしています!本日はありがとうございました。

武藤 楽しかったです。ありがとうございました。


インタビューを記念して
直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼント!





<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方から応募すると当選確率UP!!





[Twitter応募方法]
① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。


② 応募用ツイートをRTする。



[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。


②応募用投稿をいいねする。



応募締め切り:2020年12月12日(土)





―PROFILE―
武藤 彩未(むとう あやみ)
1996年4月29日生まれ。茨城県出身。
幼少期よりモデルとして活動を開始し、2008年からキッズグループ「可憐Girl’s」として活躍。
2010年からはアイドルグループ「さくら学院」の生徒会長(リーダー)としての活動を経て、ソロアイドルとしてデビュー。
抜群の歌唱力、表現力で人気を博す中、活動を休止し海外留学へ。多くのことを吸収し、シンガーとして活動を再開した。

父は元騎手で現調教師の武藤善則氏、弟にJRA騎手の武藤雅氏を持ち馬に囲まれて育ってきた。馬がいて物音を立てれない実家では、親が運転する車内でのみ音楽に触れることができ、その影響で80年代の曲を好むようになった。夢は「父が育てた馬に弟が乗り、プレゼンターとして歌唱すること」
[HP]http://ayamimuto.com/
[Twitter]@_mutoayami_
[Instagram]@_mutoayami_

―INFORMATION―
ミニアルバム「あの頃、君に渡したプレイリストを今でも僕はくちずさむ。」
リリース日:2020年11月25日(水)

<タイプ>
【通常版(CD)】
価格:2,500円(税別)

【タワーレコード限定版(CD+DVD)】
価格:3,300円(税別)
[DVD収録内容] LIVE「武藤彩未 New Release Live~オレンジ色の気持ち~」から厳選された4曲分のスペシャルライブ映像

[CD収録内容]※通常版・タワーレコード限定版共通。
1. Flower
2. ベティ
3. oshan
4. ミルクコーヒー
5. センチメンタルスカイ
6. マーマレード


<撮影協力>
【しぶや駄菓子バー】
住所:東京都渋谷区宇田川町26-5
営業時間:月曜~金曜 16:00~23:30、土曜・日曜・祝日 15:00~23:30
TEL:03-6416-9820

新着ニュース

Present

more