Search

神様は信じない。自分の実力でここまで来たと思いたい―。佐藤流司インタビュー<映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』>



印象的な力強く大きな瞳と中性的なビジュアル&身体能力の高さから、大人気2.5次元ミュージカルに多数出演し、その再現度の高さが話題に。近年ドラマ&映画と演技の場を広げ、さらにアーティストとしても注目を集めるなど、今最も目の離せないメンズの一人【佐藤流司】にEmo独占インタビュー。

大ヒット公開中の映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』では、自身も作家志望ながら才能がないという現実に葛藤しつつも、文芸部部長として一也たちを見守り、時には全力で背中を押す、自分より部員を第一に考えている強くて優しい心の持ち主【九ノ里正樹】を見事に演じています。

本インタビューでは、自身といくつかの共通項があるという【九ノ里正樹】の印象や演じる上で心掛けたこと、今作が初共演だったという佐藤大樹の印象や、撮影現場でのエピソード、さらに最近“エモい”と感じた瞬間や、学生時代の夢と芸能界入りのきっかけなど、パーソナルな部分までたっぷり伺いました。

真っ直ぐで鋭い瞳が魅力的なエモいインタビューカットも必見です♡



いい意味で予想を裏切られました。



■原作を読まれた感想を教えてください。

佐藤流司 この『小説の神様 君としか描けない物語』の出演のお話を頂いてから本を読ませていただいたんですけれど、読む前に思っていた話と違かったというか。読む前は、大樹くんと環奈ちゃんが主演を務められるということだったので、恋愛ものなんだろうなって思っていたんです。学園内で展開されるラブコメディーって感じなのかなって。でも、実際は違くて、いい意味で予想を裏切られましたし、本当に面白かったです。原作を読んで、この令和になかなかない映画になりそうだなってより楽しみに思いましたね。

■確かに、登場人物の心情をとても丁寧に描いた作品でもありましたね。

佐藤 それが凄く自分の中で好印象だったというかやりたいなってより思いました。



■ご自身が演じられた九ノ里正樹の印象は?

佐藤 原作とは全然違うんですよね。原作の(コミカライズの)画をみせていただいた時に、結構綺麗な見た目の役柄だったんですけど、撮影に入る前に久保監督に「場の雰囲気とか空気感を作るようなお芝居をしてほしい」とお話を頂いていたので、自分が脚本を読んで思った九ノ里正樹を演じました。結果として原作とは少し違う九ノ里正樹になった感じです。

■ちなみに大事な時に一也の背中を押すのが必ず九ノ里部長で。少しヘタレ要素のある一也とは対照的に男らしい役だなと思ったのですが、流司さんと九ノ里正樹との共通項はありますか?

佐藤 九ノ里正樹って凄く周りが見える役じゃないですか。似ているかはわからないんですけれど、ちゃんと気配りができたり、周りをしっかり見れる人間でいようとは心掛けています。実行できているかどうかは別として、意識している点では共通するところなのかなって思います。

今までの人生の中で一番うるさかったかもしれない(笑)。撮影現場



■先日、佐藤大樹さんにインタビューをさせていただいた時に流司さんが場を盛り上げてくれるっておっしゃっていたので実行できているのでは?

佐藤 今回は必死でしたね(笑)。初めて共演する方もいる中、自分に関しては文芸部4人でいるシーンが結構多かったので、なるべく早くみんなで仲良くなろうと。舞台と映像って結構違くて、舞台はひと月とかひと月半で関係性を作り上げて、いいものを完成させようって感じなんですが、映像作品はその仲良くなるまでの時間も限られているので、普通よりもテンション高めにして、なるべく早く仲良くできるように心掛けていました。



■カメラが回ってない時はどんなことをされていたんですか?

佐藤 カメラが回っていない時はひたすらみんなに話しかけていました。役柄的にも部長っていうポジションですし、俺が上手いこといい関係に素早く持っていけたらいいなって。いい関係になることはわかっていたんですけど、なるべく早く持っていきたいなっていう風に思っていたので、朝から晩までひたすら喋っていましたね。

■普段から喋る方ですか?

佐藤 割と人並みくらいなんですけれど、この撮影期間は今までの人生の中で一番うるさかったかもしれないです(笑)。

大樹くんは、俺のギャグを全部笑ってくれる明るい人。



■佐藤大樹さんとは、初共演だったんですよね?

佐藤 一応そうですね。『HiGH&LOW』っていうコンテンツでは一緒だったんですけれど、面と向かってお芝居をするのは初めてでしたね。

■大樹さんに流司さんの印象を聞いたところ、2.5次元の創始者的存在で自分が舞台をやる時一番最初に観て、参考にしていたとおっしゃっていて、共演できて嬉しかったとおっしゃっていたのですが、共演が決まった時いかがでしたか?

佐藤 俺も大樹くんと共演できるって凄く光栄なことだなって思っていました。『HiGH&LOW』に出るにあたって少し前のドラマや映画を観させてもらって、そこで大樹くんのお芝居も見させてもらって、凄く魅力的な方だなって思いましたし、同い年なんですけれど、ちょっと俺にはない爽やかさだったりだとか、ポップで明るい魅力を感じる方だなって思っていたので、共演はとても楽しみでした。



■実際に共演されていかがでしたか?

佐藤 最初、初めましての段階で少しだけ一緒に本読みをした時に、物凄く暗くて驚いたんですけれど、それは役柄として演じていたからで、本当の大樹くんは今言ったように明るくて、俺が何を言っても笑ってくれる。多分俺が「あっ!」て、言っても爆笑してくれる。そのくらい俺のギャグを全部笑ってくれて、一緒にいて気分が高揚するというか凄くハッピーにしてくれる人だなって思いました。お芝居も俺なんかが言うのはおこがましいんですけれど、本当に達者で凄くお芝居ができる人なんだなって印象がありますね。

学生時代の夢は“役者”と“弁護士”。



■今回、友達も多く、勉強も得意でスポーツも万能で頼れる存在の九ノ里部長を演じられましたが、ご自身が学生の時はどんな学生でしたか?

佐藤 勉強もできて運動もできました。

■凄い!

佐藤 でも友達はちょっと少なかったかもしれないです(笑)。

役者を目指しながらも、現実的に将来を考えて、小中学生あたりまでは弁護士にもなりたかったくらい本当に勉強が好きだったので。




■じゃあ学生の時の夢は弁護士?

佐藤 漠然とこういう芸能界っていう世界に入りたいとか、バンドもやっていたのでアーティストにもなりたいと思っていたんですけれど、そういう夢ってあまり現実的じゃないって思っていました。芸能人は偶像に近い夢で、弁護士の方が現実的な夢だったというか。だからまさかこっち側(芸能界)に来れるとは思っていなかったです。

ある日父親が応募して、芸能の世界へ。



■芸能界に入られたきっかけって何だったんですか?

佐藤 何にもしていなくて家にばかりいた時期に、おやじに「昔お前役者になりたいって言っていただろ」って言われて、「言っていたね」って答えたら、「応募したから」って言われて、芸能界に入ったのがきっかけですね。

■唐突に!?でもお父さんカッコいいですね。

佐藤 そうですね。カッコいいですよね。

■応募したからって言われた時、嬉しかったですか?

佐藤 その時は正直今じゃないなって(笑)。

そういえばそんなこと言っていたなって今思い出しました。懐かしい。でもその時自分の中で、程遠いと思っていた芸能界がただ夢見るだけの世界じゃなくなった瞬間になりましたね。



■今やミュージカル『刀剣乱舞』など、数多くの大人気の2.5次元作品に出演されている流司さんですが、今回は映画作品ということで、映画と舞台で役を演じる上での違いやそれぞれで意識していることはありますか?

佐藤 個人的に舞台は持久走。映像は短距離走って言い方をしています。

舞台は2時間半その役で居続けて、その役としての生涯というか。2時間半の人生を全うするというイメージなので持久走。

それに対して、映像はその場の瞬発力が凄く必要になってくる。大体この映画でいうと一番長いシーンでワンカット3分~4分くらいだと思うんですけれど、そこに全神経を集中させるっていう意味で短距離走かなと。そのアプローチが違うと思いますね。

「完全に『HiGH&LOW』出てるわ。キレすぎ、キレすぎ」って言われて(笑)。




■九ノ里出演シーンの中で、ふさぎ込んでいる一也の家に行って、感情を振るいたてながらも、気持ちが爆発しないようにかみしめているような九ノ里部長の演技がとても印象的だったのですが、どんな想いで演じられたのでしょうか?

佐藤 最初に(自分の中でシーンをイメージして)持っていったお芝居をやった時に、『HiGH&LOW』でお世話になっている久保監督から「ヤンキーだよ、それ」「完全に『HiGH&LOW』出てるわ。キレすぎ、キレすぎ」って言われて(笑)。そこからなるほどって思って、九ノ里正樹の怒り方をやり直したシーンだったんですけれど、でも確かに今おっしゃられた通りだなって思いますね。この一連の『小説の神様』って映画に対して、割とハッピーに明るく九ノ里正樹を演じているので、あのシーンは怒り過ぎないくらいにしました。しかもセリフも人を下にするような怒り方じゃないというか。自分が下にいって、相手を持ちあげるような言い方をするので、怒るっていうよりは説得に近いのかなと思って、そこを意識して撮り直しました。

■九ノ里正樹の人の良さや大人な面がよく見えるシーンですよね。

佐藤 そうだと思います。友達が多いってこういうことなんだろうなって思いますよね。愛されるべき理由があるというか。

カーテンコールの拍手を久しぶりに聞いて心震えた。エモい出来事



■今作は観る人の心を揺さぶるような作品ですが、最近佐藤さんが心揺さぶられたエモい出来事はありますか?

佐藤 今はちょっとコロナの影響で東京公演が中止になっちゃったんですけれど、<ミュージカル『刀剣乱舞』 – 幕末天狼傳 2020>を東京は4公演やらせていただいて、それが今年初の舞台だったんですよ。これだけの期間、舞台があくことが今までなかったので、舞台上に立ってお芝居をして、お客さんの笑顔や感動していただいている表情だったり、最後の舞台が終わったカーテンコールの拍手だとかを久しぶりに聞いて心震えましたね。



■作品タイトルの『小説の神様』にちなんでお聞きしたいのですが、神様を信じますか?

佐藤 信じません!自分がここまで来られたのを神様のおかげだと思いたくないから。自分の実力でここまで来たって思いたいんですよね。

今はやっていないんですけれど、20代前半の頃には、同じ効果がある数珠をいくつかつけて、神様同士を喧嘩させるみたいな(笑)。それで俺の実力でやっているんだぞっていうアピールをするってことをやっていました。罰当たりですよね。

■ある種の気合い入れみたいな(笑)。

佐藤 そうですね。神様なしでやっていくぜみたいな(笑)。

こういう作品に今後も出たい。



■最後に、今作は、ご自身にとってどんな作品になりましたか?

佐藤 プロフィールに書きたい作品です(笑)。感情的な話で言うと、自分のお芝居の幅が広がりましたし、人間としてのコミュニケーションを頑張って取ろうと努力できたおかげで、人としても成長させてもらえたし、こういう作品に出たいなって今後も思える作品になりました。

浅い言い方になってしまうんですけれど、自分好みの作品でした。お世辞抜きで客観的に観ても、主観的に観ても本当にいい作品だなって思いますね。

■ありがとうございました!


[サイン入りチェキプレゼントはコチラ]→佐藤流司サイン入りチェキ / 1名様






ーPROFILEー
佐藤流司
1995年1月17日生まれ。宮城県出身。
『仮面ライダーフォーゼ』(EX)佐竹輝彦役で俳優デビュー。
主な出演作は、ミュージカル「忍たま乱太郎」、「テニスの王子様/2ndシーズン」、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」、ミュージカル『刀剣乱舞』。TVドラマは、『ファイブ』(CX)、『御茶ノ水ロック』(TX)、『日暮里チャーリーズ』(ABC)。映画作品は、『ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~』『HiGH&LOW THE WORST』などがある。

また、俳優業の他にもアーティスト“Ryuji”名義で、ロックバンド「The Brow Beat」を結成し、作詞・作曲も手掛けるなど、役者だけではなく、歌、作曲、作詞、プロデュース等、幅広いジャンルで活躍中。

―INFORMATION―
映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』
大ヒット上映中!
出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、橋本環奈、佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、山本未來、片岡愛之助、和久井映見
原作:相沢沙呼「小説の神様」(講談社タイガ刊)
監督:久保茂昭
脚本:鎌田哲生
主題歌:『Call Me Sick』 伶(Sony Music Labels Inc.)

<ストーリー>
中学生で作家デビューしたが、作品はSNSで酷評され、自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者でドSな性格の上、ヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。底辺作家と人気作家、性格もクラスでの立ち位置も、すべてが真逆の2人に、編集者から下されたミッション――それは、2人で協力し、大ベストセラー小説を生み出すことだった! ダメな男子とキラキラ女子、一見正反対な2人が、反発しながらも足りないものを補い合い、物語を一緒に作るうちに、一也は、詩凪の誰にも言えない大きな秘密を知ってしまう――。友情を超えて近付く2人の距離。悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方は――?ラスト、胸があつくなる。共感と感動No.1のファンタスティック青春ストーリー!

[HP] https://shokami.jp/

©2020映画「小説の神様」製作委員会

新着ニュース

Present

more