Search

佐藤大樹が橋本環奈は“例えるならネコ界のチャオちゅ〜る!”映画「小説の神様 君としか描けない物語」公開直前イベント実施



FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹が主演を務める映画【小説の神様 君としか描けない物語】の公開直前イベントが2020年9月28日(月)都内で開催された。

今回のイベントでは、橋本環奈、佐藤流司、杏花、莉子、坂口涼太郎、そして久保茂昭監督も出席した。



本作は、相沢沙呼緒の小説「小説の神様」を実写化したもので、佐藤大樹演じる自分を見失った売れない高校生小説家・千谷一也と、橋本環奈が演じるヒット作を連発するクラスメイトの高校生小説家・小余綾詩凪の2人が織りなす青春作品。



佐藤大樹は「はじめて会った時、コンビニ袋1枚くらいの荷物で来ていてこんなにサラッと本(台本)読みに来てサラッと帰っていく物腰の柔らかくて何も飾らずにフランクに話してくれる女優さんはいないな〜っと思って。会った瞬間、一ファンとして国民的に愛されている理由が分かりましたね」と明かした。



映画の中ではメガネをかけていた杏花は「オーディションの時に渡された原稿に劇中のシーンや秋乃のセリフが書いてあって、見る限りこの子ってメガネかけてるよな〜っとかちょっとオドオドしてるよな〜とか、そんなところから想像してそれを監督に採用していただきました」と語った。



本作で映画初出演となった莉子は「撮影当日すごく緊張していたんですが、お兄ちゃん役の佐藤さんが気さくに話しかけてくれて、一人っ子の私ですがお兄ちゃんがいたら佐藤さんが良いなって思うくらいコミュニケーションを大切にしてくださったのですごくありがたかったです」と完璧なコメントに対し佐藤大樹が株がだだ上がりしたと喜びを噛み締めていた。



佐藤大樹「最近ではいろんな番組で見ていて、今日もオネエじゃなくてよかったなと思いました(笑)。本当に、懐の広い人で、僕が何を話しても返してくれるし試写を見た時にこんなに表情だけで語る俳優さんって他にはいないだろうなって思いました。」と語っていた。



中盤では、映画のタイトルにちなみお互いを「○○の神様」と例えるとコーナーに移り、佐藤大樹は「“コミュ力の神様”です。橋本さんは冒頭でも話しましたが、とにかく誰とでも仲良くできるし、年齢関係なく懐に飛び込んでいくのが上手な方です。みんな環奈ちゃんに寄ってくるから、ネコ界でいう“チャオちゅ〜る”みたいな(笑)。もうみんな好きみたいな」とネコが夢中のおやつに例えて笑いを誘っていた。

橋本は「“令和のマルチ神様”です。ネーミング的には変なんですが、基本的に大樹君がボケる時に「俺は、令和の○○だ」ということをよく言うんですよ。なんか“令和”という言葉を使いたがる人ってイメージがあるのと、パフォーマーとしても、一也役のようにお芝居もできるし、お話も上手ですし全体的にマルチに活躍できる人だなっと思いました。」と語った。



<ストーリー>
「僕は小説の主人公になり得ない人間だ」
中学生で作家デビューしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない……自分を見失い思い悩むナイーブな売れない高校生小説家・千谷一也。一方、同じクラスの人気者でドSな性格でヒット作を連発する高校生小説家・小余綾詩凪。性格、クラスでの立ち位置、売れている、売れていない……すべてが真逆の男女2人に、編集者から下されたミッション――それは、2人で協力し、1つの物語を作り、世の中の人の心を大きく動かす大ベストセラーを生み出すことだった!

凸凹な全く真逆の2人が反発しあいながらも物語を一緒に作っていくうちに、やがて彼は彼女の抱える大きな秘密を知ってしまう……。

友情を超えて近づく2人の距離。悩み傷つきながらも、好きなことをあきらめずに挑戦し続けた先で、2人が生み出す<物語>の行方はー?

■詳細
【映画「小説の神様 君としか描けない物語」】
出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)、橋本環奈、佐藤流司、杏花、莉子、山本未來、片岡愛之助、和久井映見
主題歌:『Call Me Sick』伶(Sony Music Labels Inc.)
原作:相沢沙呼「小説の神様」(講談社タイガ刊)
脚本:鎌田哲生
監督:久保茂昭
音楽:中野雄太

©2020映画「小説の神様」製作委員会

新着ニュース

Present

more