Search

高野洸×西銘駿でオリンピックイヤーを盛り上げる! 舞台「タンブリング」制作発表レポート



2020年春、5年ぶりに「男子新体操」をテーマにした舞台『タンブリング』が、帰ってくることがわかった。

「タンブリング」といえば2010年4月、TBS系土曜日8時に放送された青春ドラマ。知られざる “男子新体操”の魅力を描き、俳優陣が吹き替え一切なしで男子新体操に挑む姿も、多くの視聴者を感動させた。その後、同年9月にドラマの主要キャストだった大東駿介主演で舞台化。翌年のvol.2では若手実力俳優の菅田将暉を起用し話題になっている。またvol.3では柳下大、vol.4では中尾明慶、FAINAL では松下優也を主演に据え、千葉雄大や志尊淳など話題のキャストを起用するなど多くの人気俳優を輩出してきた話題作だ。




舞台ならではの男子新体操団体のダイナミックな動きと華麗なダンス、胸を熱くさせる青春ストーリーで観客を魅了する「タンブリング」が、オリンピックイヤーの2020年に復活! 今回主演を務める高野洸、西銘駿も最も注目されている若手俳優だ。制作発表に登場した二人が舞台への意気込みを語った。

そうそうたるメンバーだからこそ、僕らで超えていきたい



10周年を迎える「タンブリング」に出演することについて高野は「僕はドラマの第9話に出演させてもらっているんです。芸能をはじめてすぐの時にやらせてもらっていた作品でもあり、今までそうそうたる方々が出演してきた作品。それに出ることができ、絶対にがんばっていい舞台にしたいなと思いました」とオファーを受けた当時を振り返った。



また西銘は高野とW主演を務めるということについて「同い年で友だちでもあり、ライバルでもある(相手と)出ることが決まった。『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ』の時に共演したことがあるんですけど、そこから4年経って、お互いの成長した姿というのを届けることができるというのはありがたいことで、出演が決まったときは嬉しかったです」と話した。

人気俳優を数多く輩出してきた作品のため、プレッシャーもありそうだが、それを上回る意気込みを聞くことができた。



「ドラマもすごいけど、舞台もすごかったんだよと、作品への反響は舞台の出演が決まる前に聞いて知っていました」という高野が「その思いは受け継いで、でも僕なりにできることはやっていきたいと思っています。見劣りしないように自分もしっかりがんばらなくちゃと思っています」と話すと西銘も「そうそうたるメンバーだからこそ、僕らふたりで超えていきたいと思っています。思いも引き継いで……東京オリンピックもあるじゃないですか、僕らも盛り上げていきたいなと思っているので必ず成功させたいです」と力強く語った。

「タンブリング」の大きな特徴というと実際に新体操を俳優陣が披露するということだ。すでに稽古は始まっており、西銘は「バク転も(練習したら)一日とかでできるだろって思ってたんですよ。いけるだろうと思ってたけど、こんなに難しいんだって思いました」と新体操の難しさを実感しているという。

大きい劇場でよかったな。楽屋広いのできちんと休める(笑)



初日入っても安心できない、と話す高野。「お芝居だけでもすごく疲れるのに、そこに新体操が入ることでみんなで呼吸を合わせて集中していかなくてはいけない。でも大きい劇場でよかったなと思ってます。楽屋が広いのできちんと休める(笑)」。高野の意外なコメントに「そこの心配なの(笑)?」という西銘のツッコミが飛んでいた。

表現力がすごく求められる

新体操の演技以外にも見てほしい場面はあるかと問われると高野は「ふとした瞬間に「懐かしいな」と思うシーンがあり、僕はそこがいいなと思いました。合宿の夜、みたいなシーンがあるんですが、そういう学生の生活というのを取り戻せるんじゃないかな」と話し、実際に練習を通してカンパニーのチームワークが強くなっているように感じているという。



「まだ2回しか稽古していないけど、先生も怖くて……練習を終えた帰り道は行き道よりもみんな仲良くなってた。(稽古中に)部活っぽいノリも取り入れたいですよね。今日がんばったからアイス食おうな! みたいな(笑)」

「新体操はもちろん、歌もダンスもあるんで、僕らも表現力がすごく求められると思う」という西銘は、そこをきれいに見せていきたいなと思っていると決意を語った。

リラックスした表情の中でも、舞台について語るふたりの真剣な言葉が印象的だ。舞台「タンブリング」はオリンピックイヤーの2020年4月春に上演。今からぜひ注目していきたい。

■公演概要
脚本:渡辺啓
演出:中屋敷法仁

出演:高野洸 西銘駿
元木聖也 納谷 健 本田礼生 加藤 将 北乃颯希
野口 準 宇佐卓真 西野太盛 梶原 颯 バーンズ勇気 他

<東京公演>
劇場:TBS 赤坂 ACT シアター
日程:2020 年 4 月 19 日(日)~29 日(水)
<大阪公演>
劇場:COOL JAPAN PARK OSAKA WW ホール
日程:2020 年 5 月 9 日(土)~10日(日)

チケット価格:
マネージャーシート<非売品グッズ付き・前方エリア確約>15,000 円(税込・全席指定)
指定席 9,000 円(税込・全席指定)

HP: http://tumbling.jp

企画・製作・主催
舞台 『タンブリング』 2020 製作委員会

新着ニュース

Present

more