Search

―会えない日々を過ごして改めて感じた8号車への想い。―超特急インタビュー



8時間超特急尽くしで贈る生中継!8月8日の“8号車の日”に、WOWOW限定特番【BULLET TRAIN 8th Anniversary Special「超フェス2020」】の開催&配信限定曲「Dear Myグッバイ」をリリースしたばかりの【超特急】に独占インタビュー!

4月から2ヵ月間、活動はほぼ各自宅からの発信に。そんな難しい状況下の中でも、朝8:08~オフ感満載のメンバーがインスタライブ配信をする【#朝特急】、古坂大魔王とのコラボ企画【PPAP -2020 BTver.】など、8号車を笑顔にさせるべく走り続ける彼らに、今回はこの2ヵ月間をメインテーマにインタビューを実施。各メンバーのおうち時間、リモートワークならではのハプニング、会えない日々を経て思う超特急の決意と8号車への想い、さらに配信限定の新曲「Dear Myグッバイ」の制作秘話、「超フェス2020」の見どころなど今年の8月8日にちなんだ質問にもたっぷり伺いました。

思わずドキッとする<ピンク×超特急>のふんわり甘いインタビューカットも必見です!♡



毎日のスタートはお米研きから。<タカシのおうち時間>

■【#朝特急】企画など、今ならではのファンとの交流の場を作ったり、普段は見られない寝ぐせ姿や部屋着姿などおうち時間を公開したり、8号車の皆さんにとっては超特急を近くに感じられた期間だったのではないかと思うのですが、みなさんがこの2ヵ月間にプライベートで初めてことや、どんなおうち時間を過ごされていたのか教えていただきたいです。



タカシ 外食ができなかったので、ほぼ毎日自炊はしていました。朝起きて一発目にまずお米を研いだり、豆苗を育てたり。出かけるとしても、スーパーに食料品を買いに行くくらいで、基本的には外に出ない2ヵ月間でしたね。

あとはアンケートを書いたり、動画を撮ったり、なんだかんだ家でやる仕事も多くて、家の中での撮影やらで1日終わる日もありました。

■具体的にお家でのお仕事とは?

タカシ ファンクラブの動画撮影やYouTubeで公開した「Stand up」の手話の練習をしたり、ブログやアンケートを書いたり、PPAPの振り付けを練習したり、他にも色々あったんですけど、意外とやることが多かったです。自宅待機が決まった時は、この2ヵ月間暇すぎて大変なんじゃないかなって思ったんですけど、有難いことに忙しく過ごさせてもらえました。



■ちなみにどんな料理を作られたんですか?

タカシ 基本的に簡単なものしか作ってないですよ。何作ったけな(笑)。あ、鶏肉とトマトとかナスとか夏野菜系を何種類か入れたものにニンニクと調理酒を混ぜ入れて、煮込んで食べたんですけど、それが特に美味しかったですね。とにかくちゃんと食べないと、野菜を摂取しないとっていう使命感があったので自炊はよくしていました。

■凄く健康的な生活ですね。

タカシ 多分みんなもそうだと思うんですけど、最初はめちゃくちゃ昼夜逆転しましたよ。何の用もないのに、ただただテレビを観て気付いたら深夜の3時・4時って日もありましたし(笑)。でもこのままじゃダメだなと思って、1ヵ月経った折り返し地点あたりで、12時に寝て、7時に起きるようにして、生活のリズムを戻しました。

中国語レッスンがオンラインゲームで活かされた!?<ユーキのおうち時間>



■偉い!ユーキさんはいかがですか?

ユーキ 自粛期間中にオンラインで中国語を勉強し始めました。本当に基礎部分だけなんですけどね。でも普段やらなかったことを始めるきっかけにはなりました。

カイ 最近授業ないよね。

ユーキ うん。

■カイさんも中国語の授業を受けていたんですね!

カイ はい。

タクヤ 喋れるの?

(中国語を喋るユーキさん)

一同 凄い!

ユーキ 全然。本当に単語くらいなので。



■家ではどんな風に過ごされていましたか?

ユーキ ゲームをしていましたね。CoD(Call of Dutyの略)というタクヤもやっているゲームがあるんですけど、そのシリーズのMW (CoD:MW/コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア)とWarzone(CoD: Warzone/コール オブ デューティ ウォーゾーン)というバトルロワイアル系のゲームをよくやっていました。そしたら、期間中にオンラインゲーム友達が6人できました。中国の方3人と、日本の方3人。

■凄い!中国語が活かされていますね!

ユーキ 活かされましたね。たまたま留学中の中国人の方がいて。

■今後、8号車の皆さんにも中国語を披露する日がくるかもしれないですね!

ユーキ そうできるように頑張ります!まだ全然なので。

断捨離すればよかった。<タクヤのおうち時間>



■タクヤさんはいかがですか?

タクヤ 僕は凄くダラダラしていました。この2ヵ月間、朝ちゃんと起きれた日がないと言っていいくらい朝は起きてないですね。

カイ 逆に朝寝てたでしょ(笑)。

タカシ 夜行性ってことやな。ハムちゃんと一緒。

一同 (笑)。

タクヤ でもみんなと一緒でその期間中に仕事したり、さすがにやばいなと思って、ちょっとランニングに行ってみたりとか。僕、つまらない人でしたよ・・・。

■でも、今まで忙しかった分、しばしの休息にはなったのかもしれないですね。

タクヤ そうですね。気分転換にはなったかな。

あと、僕元々アウトドアだったんですけど、この2ヵ月間で意外と家にいることが苦じゃないことに気が付きました。長期休みがあっても順応できるタイプです。



■新しく始めたことなどありましたか?

タクヤ 服入れる引き出し付きのクローゼットを新調しました。ネットで注文したんですけど、家に届いたものを見たら想像していたよりめちゃくちゃ解体してあって、板何枚みたいな状態でした(笑)。

一同 (笑)。

リョウガ IKEA状態(笑)。

タクヤ 頑張って、1日かけて組み立ててやりました。

■沢山お洋服持ってますもんね!整理されたんですね。

タクヤ そうですね。でもそこの部分だけ(笑)。家の掃除もすればよかったのに、やれてないんですよね。断捨離もやればよかったな。今更掃除や断捨離をしたいと思っています。

カイ 自粛期間明けてから(笑)。

一同 (笑)。

タクヤ すみません(笑)。

リョウガ 謝っちゃったよ(笑)!

一同 (笑)。

タカシ 断捨離気持ちいいからね。

自撮りで葛藤&ゲームし過ぎで・・・<リョウガのおうち時間>



■リョウガさんはいかがですか?

リョウガ すみません。僕は、何の変哲もないいつも通りの日常を送っている感じでした・・・。

タカシ ゴリゴリのインドアやもんな。

リョウガ 本当に人生ステイホームなので。

一同 (笑)。

リョウガ 何の苦もなく、何のストレスもなく、今まで通りに過ごしていましたね。

でも強いて言えば、おうちでできる仕事に変わったので、必然的に自撮りをしなきゃいけない場面が増えたんですよ。今までは自撮りをできるだけ避けて生きてきたんですけど、自撮りを余儀なくされたので、それが1番の苦でしたね。

一同 (笑)。

■自撮りも回数を重ねれば、次第になれてくるものじゃないですか?

リョウガ いやぁ、なかなか慣れないですね。とりあえず光で飛ばしておけばいいと学びました。なんか自撮り用の目がピカピカするライトがあって。

タカシ リングライトやな。

リョウガ そうそう。あれを買って。買ったというより母が勝手に買ってきてくれていて、気が付いたら家にあったんですよね。

一同 優しい!

リョウガ ねぇーー本当にね。ありがとう!ありがとうママ!ね!(カイさんのスマホに向かって話す)

一同 (笑)。

カイ え、これ俺のスマホだからね(笑)。それやるなら録音中のEmo!miuさんのスマホに向かって!

リョウガ いや紛らわしい!

一同 (笑)。



■いつものおうち時間だったかもしれませんが、おうちではどんな風に過ごされたんですか?

リョウガ アニメをちょっと観て、ちょっと飽きたら漫画を読んで、またちょっと飽きたらゲームをしての繰り返しですね。

■凄く幸せそうですね。

リョウガ そうですね。いつも以上に趣味に費やす時間は増えたので、幸せっちゃ幸せでしたね。でも必然的に、出費がやばいんですよ。ゲームにハマると、もっとやりたいって気持ちが増大して、課金をどんどんしちゃうんですよ。ちょっと本当にその金額がやばいんです。怒られちゃうな。

■自粛期間は家からでない分出費が減って、お金が貯まったって人もいるみたいですが、リョウガさんは逆だったんですね(笑)。

リョウガ そうなんですよ。自粛期間は、意識的にもお金を使わないようにする方が多い中、我慢しないといけないタイミングなのに、僕は逆に使ってしまいました。これからは抑えていきたいですね。

■課金防止のためにも早く外でのお仕事ができる環境になってほしいですね。

リョウガ そうですね。2度とこういう休みは来ないでほしいです。これ以上僕を落とさないでほしい。

一同 (笑)。

中国語レッスンで世界進出!?&ランニング<カイのおうち時間>



■カイさんはいかがでしたか?

カイ 自粛期間の方が規則正しい生活をしていました。規則正しくしようと思ってそうなった訳じゃなくて、本当にすることがなくて寝るしかなかったからってだけなんですけど(笑)。逆によかったです。

■健康的ですね。何か始めたことはありましたか?

カイ さっきユーキが言っていた中国語を習っています。

■手ごたえ的にどうですか?

カイ ムズイ!

一同 (笑)。

タクヤ カイが難しかったら俺絶対ダメだな。

ユーキ 発音、イントネーション、あと数字の数え方も違うし。

リョウガ イー(一)、ァー(二)、サン(三)、スー(四)、ウー(五)・・・ロンチャー!

一同 (笑)。

ユーキ リィゥ(六)、チー(七)、バー(八)、ジゥ(九)、シー(十)ね。

■凄い!グループに1人でも中国語が話せる方いると活動の幅も広がりそうですし、他のメンバーさんに教えてあげることもできますよね。いいですね。

カイ 僕たちがコーチングできるレベルじゃないので、難しいです(笑)。でも、僕とユーキだけ中国にいって、お金を稼いできます。

一同 (笑)。

リョウガ ちょっと待て。



■おうちではどんな風に過ごされたんですか?

カイ 中国語の勉強以外は、ゲームをしたり、夜な夜な走ったり。今までずっと体を動かしていたので、運動をしっかりしないと気持ちが悪いんですよね。なので運動は欠かさなかったです。体を動かして、風呂に入って寝るみたいな生活でした。

■その間に仕事をして。

カイ そうですね。12時締め切りのものをやって、15時締め切りのものをやって、18時に締め切りのものをやって、20時締め切りのものをやって(笑)。

リョウガ 凄い締め切りに追われてるじゃん(笑)。

カイ 締め切りめちゃくちゃ重なった時あったよね。

リョウガ あったね。

タクヤ おかげさまで何回も延期しましたからね。

一同 (笑)。

カイ 「タクヤさんお戻しお願いします」ってきてたね(笑)。

タクヤ 時間内に送れたことないんじゃないかってくらい(笑)。

リョウガ マネージャーさんに迷惑をかけました。

タカシ あと1個に集中しすぎて、もう1個を忘れちゃったりするからね。

カイ そうだね。ちょうどリリースも重なったし。

タカシ 料理を作っている間に締め切りが過ぎちゃったとこもあったもん(笑)。

一同 (笑)。

カイ なんだかんだ言っても忙しなかったよね。

ライブ配信を寝坊!?リモートならではのハプニング



■自粛期間中はメンバーさん同士で連絡取り合ったりしたんですか?

タクヤ 取り合ってないですね。

カイ ここ(カイ・リョウガ・ユーキ・タカシ)は取り合ったけどね!

タクヤ 全然いいですけど!

リョウガ ちょっと~~!

カイ タクヤ来ないから、4人でグループ通話した時もあったよね。

タクヤ いいよ、別に!

カイ すみません。嘘です(笑)。

一同 (笑)。

カイ でも自粛期間中に「Dear Myグッバイ」を作っていった感じだったので、結構連絡は取っていましたね。あと、インスタライブもしていたので、オンライン上で顔を見たり、それぞれの動向は知っていた感じです。

ユーキ 俺はゲームで、タクヤとコラボ配信をしたり。

(リョウガさんとカイさんがタクヤさんを見つめる)

タクヤ なに!?何の視線!?

リョウガ 楽しかったよな、コラボしたりな・・・。こいつ1回寝坊したんですよ!

一同 (笑)。

リョウガ プレイリストを一緒に決めようっていう参加型のインスタライブをタクヤと一緒に配信する日があったんですけど、リクエスト欄を探してもいなんですよ(笑)。で、どうしようもないから、普通に視聴者として観にきてくれていたカイが代わりにコラボしてくれて。

タクヤ いやぁ、カイは本当にできる子だなって思いました。

リョウガ そう!しかも僕スマホで配信しているから誰とも連絡取れないんですよ。

ユーキ そうそう(笑)。配信中はLINEも見れないもんね(笑)。

リョウガ LINE通知はくるので、多分マネージャーさんからだなと思いつつも、開けられないからどうしよう!って思って、「1回切りま~す!」って一旦配信をやめました(笑)。



■タクヤさんはいつ起きられたんですか?

タクヤ その30分後くらいじゃないですかね(笑)。マネージャーさんから鬼電がきていて。

リョウガ 最悪の目覚めだな(笑)。

カイ ちょっと血の気引くやつね(笑)。リョウガママからタクヤママにも鬼電いったんだっけ?

タクヤ でも、母親も外に出ちゃっていたので起きられなかったですね。

■8号車のみんなもびっくりですよね。

リョウガ 心配してくれていましたね。

カイ マイパッド買ってもらったら?

リョウガ PlayStation 5 (PS5)を買ってもらおうかな!

タクヤ むりだよー。

リョウガ 配信を見てくれた7200人くらいにPlayStation 5 (PS5)を配るみたいですよ。

タクヤ 配りません!(笑)

一同 (笑)。

リョウガ 何がムカつくって、俺らがプレイリストを一緒に決めよう配信をした後にタクヤが謝罪ライブをしたんですけど、タクヤの謝罪ライブの方が視聴者数が多かったんですよ!

一同 (笑)。

リョウガ それで、謝罪ライブに「なんでお前の方が見られているんだよ!」ってコメントしました (笑)。

カイ でもメンバーの謝罪ライブってなったら観るでしょ!

リョウガ だってこっちはみんなでプレイリストを決めようってライブだったんだよ。

カイ 確かに(笑)。その前の俺らのライブを観ずに、何の謝罪かわからず謝罪ライブを観ている人がいたってことだもんね(笑)。

リョウガ さすがに傷つくわ!

一同 (笑)。

まずは歌詞から入ってほしい!配信限定曲「Dear Myグッバイ」



■自粛期間中に、配信限定の新曲「Dear Myグッバイ」の制作もされたということでしたが、どのように制作されたんですか?

ユーキ ざっくり言うと、テーマを決めて、曲調を決めて、次に歌詞に取り組んで、みんなで話し合ってこれにしようって完成した感じです。

■曲を聴かせていただいたんですが、まず曲を聴かずに歌詞を先に読ませていただいたんですよ。タイトルは、日本語でサヨナラの意味ですし、歌詞も少し切ない印象だったのでバラ―ドなのかなって思って聴いたら、その正反対の曲調だったので凄く衝撃で。

一同 (笑)。

リョウガ 理想の聴き方です(笑)。

タカシ 理想の順番で聴いてくれてる(笑)。

カイ もらった曲間違えたかなってなりますよね(笑)。

タクヤ 僕たちの思う壷になってる(笑)。

■本当に違う曲が流れたのかと思いました(笑)。

ユーキ 泣ける曲がくるって思いますよね(笑)。

カイ やっぱり先に歌詞を出した方がいいな(笑)。

リョウガ やっぱりそうしたほうがいいね。



■いや本当に歌詞から入ったら驚くと思います。歌詞と曲調の世界観を変えた理由などあったんですか?

タカシ メンバーみんなで決めたんですけど、何曲かデモを頂いた中で、この曲調が一番インパクトがあったんですよね。

歌詞は今と重なるような、ちょっと現実的な世界観で、結構真面目なことを言っているんですけど、それが上手い事曲調とハイブリッドされたなと思います。最初は、僕自身レコーディング中の歌い方を迷ったんですけど、曲が伝えたいメッセージと曲調が正反対の場所にあるからこそ、歌い方も全然正反対の方向を目指していこうって、あえて曲調に合わせた歌い方にしました。

ある意味、そこのアンバランスさっていうのが超特急っぽい曲になっていますね。

心にしみる歌詞にハイテンションなメロディ。アンバランスさが超特急らしい一曲

■そのアンバランスさが癖になりますよね。まだ外出を控えないといけない今聴くとより元気をもらえる曲だなと思いました。みなさんはこの曲を聴いて率直にどう思いましたか?



タクヤ 初めて聴いた時は歌詞が全く入ってこなかったですね。でも2回、3回と聴いていくとどんどん良さが出てきて、いい意味で裏切られるような、超特急らしい、超特急にしかできないような楽曲だなと。あと、歌詞が本当に素敵なので、色んな人に響くんじゃないかな。人間ってひとりじゃなくて、沢山の人に支えられて生きているってことに気付かされる一曲になったと思います。



■ユーキさんいかがでしたか?

ユーキ やっぱり最初はかなりインパクトが強い曲だなって思いましたね。あと中毒性のある曲調にエモい歌詞がのっかってきて、ある意味凄くギャップがある曲だなと。僕たちの武器でもあるギャップ、ライブを通して8号車のみんなが大好きなギャップを凄く感じられる曲だと思いますし、なんといっても合の手がいれやすい曲なので、そういう意味ではライブで一緒に盛り上がれる神曲になりそうですね。



■リョウガさんはいかがですか?

リョウガ 歌詞が凄く素敵なんですけど、メロディには何度も聴きたくなるフレーズが沢山あるんですよね。2人と被りますけど、それが超特急らしさに繋がっているので結果としてよかったです。それこそ歌詞の雰囲気や内容も、8号車じゃない人が聴いても、違うとらえ方をして、心にしみわたるような歌詞になっているので、8号車の日に配信リリースされる曲ではありますけど、8号車以外の人にも聴いてほしい楽曲になっていると思います。



■カイさんはいかがですか?

カイ 最初聴いた時は気持ち悪いなって思いました(笑)。心地よくはなかったですね。いい意味での違和感があって、曲と歌詞がめちゃくちゃ真反対じゃないですか。それが気持ちいい気持ち悪さをだしていて。嫌な気持ち悪さじゃなくて、なんか違和感があるけど、その違和感が癖になるみたいな。それが凄くよかったですね。これを歌っている時のタカシの顔がみたかったな。どういう感情で歌っているんだろう (笑)。

タカシ めっちゃニッコニッコだったと思うよ。

■この曲ももしかしたら8月8日の「超フェス 2020」で披露されるかもしれないですよね。

リョウガ それはどうかな!

カイ きっとされるでしょうね(笑)。

より会いたくなる8時間に。<超フェス 2020>



■今回の「超フェス 2020」は8時間超特急尽くしということで、配信ではありますが、8号車からしたらめちゃくちゃ嬉しいイベントだと思います。言える範囲で見所と意気込みをいだだきたいです!

ユーキ 見所は、生配信っていうのが大きなところですね。あと、今までのライブを僕たちが副音声をつけて解説したり、バラエティー企画があるよって感じですね。

6月に配信ライブをやらせていただいたんですけど、何段階もパワーアップさせたような映像を見せたいと思います!

超特急から8号車へ

■最後に、2ヵ月間の自粛期間を経て、感じたことや改めて気付かされたこともあったと思います。それを含めて8号車のみなさんへメッセージをお願いします。



タカシ 今回の自粛期間に初めて立ち止まって冷静に考えることができました。今までは、とにかく目の前のことを全力でやることばかりを考えていたので、当たり前のことかもしれませんが、1回立ち止まって、物事を考えて整理することをしてこなかったんですよね。結果、この2ヵ月間を通して、新しい自分に出会えた感覚です。

そうしてじっくり考えた上で思ったのが、やっぱり超特急はライブが1番ということ。そしてそのライブができない中で、どれだけ8号車のみんなを笑顔にして、満足させられるのか。今も含めなんですけど沢山考えました。それに関しての大きな答えは見つかってはいないんですけど、ただ、自粛前も自粛後も自分の中で変わっていないのは、8号車がいてくれるから僕たちがいれるということと、色んなコンテンツを通して8号車を笑顔にしたいということです。自粛しているから、ライブができないから、そんなことは関係なくて、どんな状況下でも何年経ってもみんなを大満足させていきたいという想いは変わらないので、これからも色んな形でみんなを笑顔にします。



ユーキ 今回のことで僕ら超特急も不安になりましたし、8号車のみんなもこれからどうなるんだろうって不安に感じたと思うんですが、距離的に離れていても今の世の中はSNSなどみんなと繋がれる術が溢れています。今後も少しでもその不安な気持ちが軽くなるように、SNSを通してみんなと繋がって、支え合って、この今大変な状況を乗り越えたいです。そして、まだいつになるかはわかりませんが、また一緒に目と目を合わせてライブをして、今まで溜まっていたストレスを全部そこにぶつけて、一緒に明るい未来に向かって走っていってくれたら嬉しいなって思うので、俺らについて来い!



タクヤ 今まで当たり前のように8号車と会えていた環境がなくなってしまったので、正直凄くしんどかったです。でもファンクラブでの色んな更新だったり、配信サイトに投稿したり、SNSの繋がりなどを通して、8号車との絆の深さを再確認することができたので、決してマイナスじゃない生活だったなと思います。これから先はまだどうなるかわからないですけど、僕たちと8号車ならきっと大丈夫だから、心配せず付いてきてほしいなって思います。



リョウガ それぞれ大変な時期に感じることはあると思うんですけど、8号車の想いがあれば、きっとこれからも走っていけると思います。たとえ僕たちが8号車のみんなに会えなくても、みなさんが超特急を好きで居続けてくれるように、みなさんの人生の一部で居られるような行動を沢山していきたいと思います。そして8月8日の【超フェス2020】は、会えない日が続いている今よりもどかしくなるような、今すぐ会いたくなるような8時間にしたいと思っているので、この日を楽しみにして頂ければと思います。



カイ 自粛期間に、SNSを通して色々なコンテンツを発信してきましたが、SNSでは8号車のみなさんからは僕たちの顔が見えても、僕たちからは8号車のみなさんの顔が見えないので、やっぱり今も寂しいです。いつ収まるかはわからないですけど、早く安心してライブができるようになって、みんなで集まれたら嬉しいですし、その日のためにお互い楽しみな気持ちをどんどん膨らませて、会った時に爆発させたいなって思います。

リョウガが言っていたように、もっと会いたくなってしまうような【超フェス】にできたらいいなと思っているので、楽しみにしていてください!

■ありがとうございました!


[サイン入りチェキプレゼントはコチラ]→超特急サイン入りチェキ / 2名様


▼メッセージ動画はコチラ



ーPROFILEー
超特急
史上初!メインダンサー&バックボーカルグループ。
ダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、 タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)とバックボーカルのタカシ(7号車)からなる5人組。
エンタテイメント性の高いパフォーマンスと、<8号車>と呼ばれるファンとの一体感ある参加型ライブで人気を集めている。
[HP] http://bullettrain.jp/
[Twitter] @sd_bt
[Instagram]@bullettrain8

カイ / 2号車
MAIN DANCER / 神秘担当
1994年9月27日生まれ。神奈川出身。

リョウガ / 3号車
MAIN DANCER / ガリガリ担当
1994年10月23日生まれ。神奈川出身。

タクヤ / 4号車
MAIN DANCER / 筋肉担当
1994年11月24日生まれ。東京出身。

ユーキ / 5号車
MAIN DANCER / ドジっ子担当
1995年1月2日生まれ。徳島出身。

タカシ / 7号車
BACK VOCAL / 末っ子担当
1996年9月23日生まれ。大阪出身。

―INFORMATION―
【超特急 BULLET TRAIN 8th Anniversary Special「超フェス 2020」】
中継時刻:2020年8月8日(土)午前11:00[WOWOWライブ]

<内容>
【メンバー解説付ライブタイトル】
『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019「EUPHORIA 〜Breakthrough,The Six Brave Stars〜」』
『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 「Revolución viva」~Pastel Shades Christmas~』
『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 「Revolución viva」~Shine Bright New Year~』
※横浜アリーナでのライブパフォーマンスは会場内、無観客で行われます。
※ファンの皆様には会場周辺にお越しにならず、ご自宅などの安全な場所でご参加頂けますよう注意喚起をお願いいたします。

【Twitter投稿企画実施】
WOWOWの放送をリアルタイムでご視聴いただきながら、以下のハッシュタグを付けてツイートすることでこちらの企画にご参加ください。「8号車の日」に向けて皆さんの思いをたくさん投稿。メンバーにとっても、そして「8号車」にとっても特別な1日をみんなで盛り上げましょう!

※詳細はWOWOW音楽公式アカウント(@wowow_mj)へ

#WOWOW超特急

【配信限定新曲「Dear Myグッバイ」】
リリース日:2020年8月8日(土)

新着ニュース

Present

more