Search

間宮祥太朗&桜井日奈子 映画『殺さない彼と死なない彼女』インタビュー



11月15日(金)に全国公開の映画『殺さない彼と死なない彼女』でW主演を務めた【間宮祥太朗&桜井日奈子】に2ショットインタビュー!

Twitterから誕生した、いま”最も泣ける四コマ”として世代を超えて圧倒的な共感を呼ぶ、漫画家・世紀末の激エモな漫画“殺カレ死カノ”が実写化。

「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野ななを熱演した主演2人に、全て自然光の中で撮影された美しい映像や、苦戦した感動シーンについて、心揺さぶられるエモい本作にちなんで、心揺さぶられた曲&瞬間など、たっぷり伺いました。



会話が凄く雑。だから現実味がある。

■原作と台本を初めて読んだ時の率直な感想は?
桜井日奈子(以下 桜井) 大号泣でした。四コマ漫画なので、テンポよく、小坂と鹿野のやり取りがいびつだけど可愛らしくもありつつ、最後はまさかの展開で…気が付いたら一気に読み終えていました。事前に泣けると聞いていたうえで読んでも、大号泣したくらい素敵な作品だなと思いました。

間宮祥太朗(以下 間宮) 泣けるって先にうたれるのが結構苦手なので、感動させに来るのかなと構えて読んでいたんですけど、読み進めていく中で、そういういやらしさを全く感じなかったので、いつの間にか“泣ける”の触れ込みを忘れて、スッと入ってくる感じも心地よかったです。あと、脚本を読んだ時は率直に、凄くセリフが喋りやすそうだなと思いました。

■原作と台本で、読んだ時に違う感想を持たれたりしましたか?

間宮 違いますね。漫画は漫画として読みますし、脚本は自分がやるものとして読むので、読みながら自分はどんな風にやろうかな、桜井さんはどんな風に演じていくのかなって想像したり。元々、小林監督の作品が好きだったので、小林監督のあの感じの世界観でやるんだろうなと思っていたので、そんなに漫画原作っぽくないだろうなとも思ってました。



■先ほどセリフが喋りやすそうと話されていましたが、それはどんな部分から?
間宮 演技をする上での台本は会話になりすぎているものが多いと思っていて、このことについて話していたら、そのことについて返して、パスして、戻して、パスして、戻してみたいな、凄く丁寧な会話なんです。でも今作の脚本の会話が凄く雑で、その雑さが割と日常生活で会話をしているものに近くて、現実味があるなと思っています。

■間宮さんが普段使っている言葉に近い?
間宮 そうですね。普段は、割と汚い言葉も使うので(笑)、そういう意味でもリアルですね。

一同(笑)

■例えばどんな?
間宮 放送コードに引っかかるような(笑)。テレビに出ている時は言わないですけど、一歩仕事から離れれば、普通に言ってます。

一同 (笑)

■桜井さんは?
桜井 今までがキラキラしている女子高生の役が多かったので、そういった意味では今回は対照的な役なんですけど、実は鹿野のほうが演じていてしっくりきたんですよ。無理しすぎないテンションというか、心地のいいやり取りで進んでいく、作り込みすぎずっていう点がよかったんだと思います。

間宮 ちょっと桜井さん変わってるもんね。



■撮影中にちょっと変わっているなと思う時があったんですか?
間宮 最初、緊張や人見知りもあるのかもしれないですけど、やけに会話が固いなって(笑)。

桜井 え~~!

間宮 ええっと、なんとか、で。みたいな。文節の切り方が特殊で。

桜井 え~~!!

間宮 なんか凄く固いなって。慣れてきたら慣れてきたでテンションの上り方が変なんですよ。最近は番宣で一緒にテレビに出る機会が多いんですけど、ある意味読めない部分があって、やっぱり変わっているなって思います(笑)。だから、無理せずに演じられたっていうのもなるほどなって思いました(笑)。

■そんな風に思われていたと知ってどうですか?
桜井 そんな風に思われていたとはつゆ知らず。共演させていただく前は、間宮さんに対して、無口であまり誰とも接しませんよっていう勝手なイメージを持っていたんですけど、ご一緒してからは凄く社交的で、楽しい方という、いいイメージしかないです。でも、間宮さんからそんな風に思われていたとは衝撃です(笑)。

間宮 俺あまり思ったこと言わないからね(笑)。今になって言うから面白いじゃん。

桜井 今でよかったです(笑)。

必ず受け止めてくれる小坂がいたからー心強くて、不安にならなかったー



■一緒に演じていく中で、どんな印象を持ちましたか?
間宮 やりやすかったですし、凄く生真面目だなと思いました。自分がやろうと思ったことができなかった時に、できなかったことに向き合い過ぎて、嚙み締める瞬間があるんですよ。その姿を外から見られているのにも気付かず、なんで今うまくできなかったのか、グッと入り込んで考える姿が凄く印象に残っています。

桜井 恥ずかしい(笑)。見られていたともつゆ知らず(笑)。でも本当に不安定な芝居だったと思います。色々やっていく中で、ここ集中しないといけないってシーンで、思うようにいかなかった部分もあったんですけど、どんな状態でも必ず受け止めてくれる小坂がいたから自分のことに集中できましたし、とにかく心強くて、不安にならなかったです。間宮さんと小林監督がディスカッションをしているのを遠目から見ていて、私ではきっと咀嚼しきれないことをディスカッションしてるんだろうなって羨ましいなって。

間宮 監督が何を言ってたかちょっと覚えていないですけど(笑)、桜井さんが演じている鹿野を動かすために、鹿野にこうしてくれというだけじゃなくて、俺にこうしてみてって話されたり。自分が変わったら、必然的に桜井さんも変わるとわかっていたので、俺だけに「ここを変えてみて、そしたら(桜井さんは)こう返してくるから」みたいなアドバイスをもらってました。

桜井 えー!知らなかった。そうだったんですね。

間宮 カメラ長回しが多かったんですよ。長回しだからこそ、監督はそこにこだわったんだと思います。

大先輩であり、お兄さんのような存在。



■先輩、お兄さん、共演者。桜井さんにとって間宮さんはどんな存在ですか?
桜井 全部です。やっぱり、お芝居で凄く引っ張っていただいて、心強かったので、そういった面では大先輩ですし、自販機でジュースを何度かおごってくださったんですね。でも私が飲みたい飲み物ってわけではなくて、不思議なチョイスをされて(笑)。そういう「なんでこれなんですか!?」っていうやり取りで楽しくさせてもらえたんですね。そういうプラスな雰囲気を作ってくださった面ではお兄さんですし。

間宮 俺は桜井日奈子だと思ってます(笑)。いくつ?

桜井 22歳になりました。

間宮 って感じなんですよ。年齢も何歳とか思ってないですし、事務所が違うから後輩でもないですし。間違いなく共演者ですけど、桜井日奈子という一人の女優として、同じ立ち位置で、同じ目線で見ています。

■現場ではどんな風に呼び合っていたんですか?
間宮 俺はたぶん本名で(笑)。なんでだっけ(笑)。

桜井 なんででしたっけ(笑)。

間宮 何て呼ぼうかって話になって、僕は人を呼ぶ時に下の名前が好きなんですよ。以前土屋太鳳ちゃんと共演した時に、下の名前で呼んでいるって言ったら、いろんなところでニュースになったこともありましたけど(笑)、桜井さんって桜井家の桜井じゃないですか。苗字はこの人だけの名前じゃないので、男の先輩に対しても、下の名前にさんをつけて呼ぶのが好きです。だから、俺も祥太朗の方で呼ばれる方がしっくりくるんですよね。

■桜井さんはいかがでしたか?
桜井 最初はあだ名っぽい感じで呼ぼうと努力していたんですけど、どうしても先輩ですし、上の名前で呼んだ方が失礼がないかなって思って、やはり間宮さんになっていましたね。

間宮 部活女子感出てるな(笑)。



■学校シーンが多く描かれる本作にちなんで、お二人の青春時代の思い出を教えていただきたいです。
間宮 キラキラした青春の思い出でしょ?

桜井 私はキラキラ汗を流したバスケの思い出しかないですね。

間宮 俺はキラキラしてなかったですね(笑)。くすんだ…くすんだ何色だろうな。くすんだ緑みたいな青春でした(笑)。

一同 (笑)

間宮 10代の時は(芸能活動を)やってないんだっけ?

桜井 高2から所属したので、青春は一通り謳歌し終わった後に、本格的に仕事をしてますね。

間宮 僕15歳から芸能活動を始めたんですけど、青春っていう青春はなくて。でも、学校とか地元じゃないところに友達が結構いたので、音楽系の人たちとライブハウスにたまったり、くすんでいましたね(笑)。

一同 (笑)

間宮 でも、そんな感じで、みんなバンドをやってたり、俺もバンドをやってたり、仲間でよく集まっていました。

監督のすすり泣く声が聞こえて…



■肉まんを食べるシーンや、手をつなぐシーンなど、お2人の自然なやり取りがとても素敵でした。そんな世界観を作るうえで心掛けたことや、エピソードがあれば教えていただきたいです。
間宮 セリフのやり取りだけじゃなくて、行動としてその場で生まれるものが結構あって。

■脚本にはない動きがあったってことですか?
間宮 はい。それは、シーンの撮影直前に監督がこうしてみてっていうこともあるし、何も言われてないけど、ちょっと触ってみようかとか。逆に目を合わせないでみようかとか。そういうのはその場で、テイク数が多かったのでいろいろと試しました。だからやっていくうちに、今凄くよかったっていう瞬間を探していった感じでした。

でもそれは打ち合わせしないでやるのがいいなと思っていて、撮影する中でグッと肩を寄せたりすると、えっ!って自然と驚くじゃないですか。それをすることによって、何テイク目でも、そのたびに新しい気持ちになる瞬間があったり、それがよかったですね。俺が起こしたアクションに、新鮮に反応した桜井さんをみて、こっちもまたそこの新鮮さに乗っかれる瞬間もあったり。

桜井 小坂が夢に出てくるシーンがまさにそれで。結構テイクを重ねると出したいものが出ないこともあるんですけど、間宮さんがアクションを起こしてくださると、一気に込み上げるものがありました。最後のシーンは何テイクくらいしたかな。13テイクくらいしたのかな。もうこれが撮れなかったら終わろうって言われた最後の最後にOKになったんですよね。



間宮 テストで桜井さんが感情を爆発させてしまって(笑)、いやいやいや!って(笑)。事前に監督からも「感情が出やすいシーンだから抑えて段取りだけでやってね」って言われていたんですよ。でも、もうぶわっーーーーってなって(笑)。そしたら案の定一発目のテイクがおやっていう感じに(笑)。監督も「テスト回しておけばよかった」って言ってました(笑)。

一同 (笑)。

間宮 でも、めちゃくちゃ大事なシーンだから、一日中そのシーンを撮り直したんですよ。しかも長回しで。自分は大丈夫だったんですけど、ずっと同じことをやっていたので、ノイローゼ気味になってくるというか。感情をガッと出さなきゃいけないけど、自分で盛り立てるには限界があったり、盛り立てるのもなんか違うとか。それだけ苦しんでいる時の「次がダメだったらもう…(撮り直しなし)」って言葉ほど、きついものってないじゃないですか。なので、俺も絶対に決めよう。一番を引き出そうと思って、今までのテイクとは違う感じでやったら凄いよかったので、「よっしゃー!」ってなりました(笑)。

桜井 本当にそれくらいやっていたら「おいおい、決めてくれよ」って思われる方もいらっしゃると思うんですけど、間宮さんがずっと同じように集中し続けてくださったので本当にありがたかったですし、それで私も集中できました。お芝居として、うまく表現するようにと思うと逆に感情が引っ込んでしまうので、本当に鹿野としてあの場にいた感じでした。

間宮 桜井さんは気が付いてたかわからないですけど、僕が個人的に嫌だったのは、隣の部屋から監督のすすり泣く声が聞こえてくるんですよ(笑)。こっちはめちゃくちゃ集中して、もう今しかないって状態でやってるのに、おじさんのすすり泣く声が入ってくると集中できないんですよ(笑)。結構、聞こえてるんだよなって思いながら必死にやってました(笑)。

一同 (笑)

間宮 それで、「カット!OK!」ってなった時に監督から「泣いちゃったよ」って、言われて(笑)、「いや、聞こえてましたから」って。あのシーンはそういう感じでした(笑)。

一発目のカットの光で「今から、いい映画を見始めるぞ」と分かった。



■照明なしの自然光ならではの温かい映像と、登場人物の自然な掛け合いに心がほっこりさせられました。先ほどの苦戦されたシーンなど素敵なシーンが沢山登場しますが、完成された本編を観て、お2人が素敵だなと思うシーンがあれば教えていただきたいです。

間宮 ここで胸打たれたなってシーンではないんですけど、「あ、この映画いいな」っていうのは、一発目のカットの光で分かりました。「今から、いい映画を見始めるぞ」っていう画でした。

■間宮さんの教室のシーン?
間宮 はい、確かそうですね。僕自身、凄く映画が好きなんですけど、一カット目でこれから先の2時間を期待できるかどうかってわかるじゃないですか。で、今作を観た時に、それがあったので「おーーー!」と思いましたね。

■桜井さんはいかがですか?
桜井 サッカー部とすれ違うシーンです。

夕日ギリッギリに撮影をしたあのシーンは、綺麗でしたね。やっぱり自然光を使ってるので、予測不能なところもあって「あ、入ってきてほしくない光が」みたいな時もあったんですけど、あのシーンの光と雰囲気が綺麗でしたね。

■自然光での撮影だからこその大変さもあったんですね。
桜井 ですね。ちょうど去年の11月頃に撮影をしていたんですけど、寒くて、日が落ちるのが早いという面では大変な部分もあったんですけど、スケジュール的には、ゆとりがあったので、よかったです。

間宮 この撮り方をしていてスケジュールの余裕がなかったら地獄ですね(笑)。

あ、小坂が髪の分け目を変えたとか話しながら、鹿野を家に送ってるシーンで光が入っちゃった映像って使われてるのかな?

俺の分け目が変わっていることに気が付けよって話しているシーンの時に、ハレーションを起こして日光の光がレンズにバッと入っちゃったんですよ。シーンをチェックで見た時に監督が「めちゃめちゃ良い!」って言ってたんですよね。

その後、何度か検証したんだけど二度とその光が入ることがなくて。そういう瞬間瞬間に映る光が印象的でした。

Emoミュージック(心揺さぶられる曲)



■奥華子さんが歌われている主題歌「はなびら」がとても心揺さぶられる曲で、物語とリンクしていて凄く感動しました。ちなみに、お2人が聴くと心揺さぶられる曲はありますか?
桜井 back number(バックナンバー)さんです。

back numberさんは、中学生の頃からずっともう聴かない日がないくらい大好きで毎日のように聴いてます。

応援ソングとか、本当にいい曲が沢山あるんですけど、私の中ではback numberさんの真骨頂は、失恋ソングだと思っていて。
直接的な表現ではないんですけど、イメージしやすいシチュエーションや物語が歌の中に感じられて、女性目線の歌が凄く素敵なんですよね。男性なのに、なんでそんなにも繊細なところまで描けるんだろうって。

「fish」って曲があるんですけど知ってますか?

■わかりますよ。いいですよね。
桜井 いいですよね!!(笑)

そんな失恋もしたことはないんけど、自然と歌の中に寄り添えるみたいな。やっぱりその清水さんの書く詩や曲が聴き手をそうさせるんですよ。正直エモいの意味を把握しきれてはいないんですけど、back numberdさんの「fish」を聴くと心揺さぶられるので、エモいです。

間宮 僕はThe Birthday(ザ・バースディ)の「涙がこぼれそう」です。

昔、全部がどうでもいいと思った時期があって、その時に聴いたら凄くグッときたんですよね。何事も突っぱねていた当時の自分には特に、「何が どうしたの わかんない 聞きたくない」のフレーズが胸に突き刺さりました。

心揺さぶられた瞬間―大雨の横浜スタジアムで。高校生との本気バスケで。―



■最近、お2人が日常で心揺さぶられた瞬間はありますか?
間宮 先日、Suchmos(サチモス)のライブを観に行ったんですけど、彼らのことは、もうどのくらいだろう。バンドを組んだばかりの頃から知っていて。最初はたぶん下北のライブハウスでまだお客さんが十何人とかしかいなかったんです。でも、あれから着実に大きくなっていって、この間横浜スタジアムのライブを観に行かせてもらったんですけど、なんかめちゃくちゃザワザワきましたね。

台風の日だったので、大雨が降る横浜スタジアムに立つ姿にもグッときましたし、ある曲の時に嘘のように雨がパタリと止んだり、いろんなことが相まって、めちゃくちゃよかったです。

■桜井さんはいかがですか?
桜井 先日、バラエティー番組で、高校生と4日間、私も普通の高校生のように一緒に過ごして、3年ぶりに本気でバスケをさせていただいたんですけど、その時が最近の中で一番エモい時間でした。高校生たちと混ざって、朝練も、放課後練習もして、最終日には、他校との練習試合にも参加させてもらえて、もうこんなに本気でバスケすることはないんだろうなってくらい本気で熱くなって、涙がでるくらい心揺さぶられました。


[プレゼントはコチラ]→間宮祥太朗&桜井日奈子 映画『殺さない彼と死なない彼女』サイン入りポスター / 1名様

ーPROFILEー
間宮祥太朗/SHOTARO MAMIYA
1993年6月11日生まれ。神奈川県出身。
中学時代に読者モデルとして芸能界入りを果たし、ドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」(08/NTV)で俳優デビュー。主な映画出演作に、2016年『帝一の國』、2017年『お前はまだグンマを知らない』『トリガール!』、2018年『不能犯』『食べる女』、2019年『翔んで埼玉』『ホットギミック ガールミーツボーイ』がある。映画、ドラマ、CMと多彩なジャンルで活躍している。

桜井日奈子/HINAKO SAKURAI
1997年4月2日生まれ。岡山県出身。
2014年「岡山美少女美人コンテスト」で美少女グランプリに輝く。15年に出演したLINE MUSICのティザームービーで「岡山の奇跡」と称され注目を浴びる。16年、舞台「それいゆ」で女優デビュー。主な出演作に、2018年『ママレード・ボーイ』『ういらぶ。』、2019年、ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」などがある。また、女優業の傍ら、NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」(~18)で初MCを務めるなど、活躍の場を広げ続けている。

ーINFORMATIONー
映画【殺さない彼と死なない彼女】
11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

<ストーリー>
何にも興味が持てず、退屈な高校生活を送っていた少年・小坂れい(間宮祥太朗)は、リストカット常習者で“死にたがり”の少女・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。それまで周囲から孤立していた二人は、<ハチの埋葬>をきっかけ同じ時間をともに過ごすようになる。不器用なやりとりを繰り返しながらも、自分を受け入れ、そばに寄り添ってくれるあたたかな存在――そんな相手との出会いは、互いの心の傷を癒し、二人は前を向いて歩み出していくのだが……。

出演:間宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、堀田真由、箭内夢菜、ゆうたろう、金子大地、中尾暢樹、佐藤玲 佐津川愛美、森口瑤子
監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)
[公式サイト] http://korokare-shikano.jp
公式twitter @korokareshikano
公式instagram @korokareshikano

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会

新着ニュース

Present

more