【草川拓弥インタビュー】「結婚しても恋人のような関係は憧れるし素敵だなと思います」理想の結婚生活や、ラストに働く女子へのエールも!<ドラマ「ビジネス婚―好きになったら離婚します―」>



ドラマ「みなと商事コインランドリー」(2022)、「デブとラブと過ちと!」(2022)で立て続けに主演を務め、近年はドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(2020)、「サブスク不倫」(2023)に出演。立て続けにドラマ作品に出演しながらメインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のメンバーとしても大活躍中!Emo!注目のイケメン俳優【草川拓弥】にインタビュー!

今回は、MBSドラマフィル「ビジネス婚―好きになったら離婚します―」で13頭身のハイスペ社長・堂ノ瀬司を演じ、菅井友香さんとW主演で「お互い恋愛感情を持たないこと」を条件とした“ビジネス婚”のマリッジラブストーリーに挑む。

さらに本作のオープニング主題歌は、拓弥くんも在籍する超特急が歌う「MEMORIAる」に決定!拓弥くん自身が出演する作品で「超特急」が主題歌を担当するのは初とのことで、さらに期待が高まっている。

インタビューでは、13頭身というキャラ設定に戸惑いを見せたり、多数のラブシーンを「新たな挑戦」としつつも、しっかり鍛えて身体を作り上げるなど真摯に役と向き合う姿を見せてくれた。さらに、作品を観たメンバーの反応予想、30歳に向けて、今後挑戦していきたい役についても語っていただきました。
また、結婚相手に求める条件や、理想の結婚生活、ファンなら気になっちゃう恋愛に関するトークも展開。ラストには仕事を頑張る読者のみんなへの応援メッセージも!



話が進んでいくにつれて、より人間味を出せたらなと思ってやらせていただきました。




■はじめに、今回拓弥くんが「ビジネス婚―好きになったら離婚します―」で演じた堂ノ瀬司という役柄の印象を教えてください。

草川拓弥 恋愛経験が豊富でハイスペックな社長なんですけど、恋愛経験豊富っていうのは経験が豊富なだけであって、恋愛自体は多分あんまりうまくないんだろうなっていうのを読んでいて思いました。 あとは、彼は仕事に対しての執着が強く、その他のものへの優しさだったりとか、愛情を受けてこなかったからかちょっと偏ってしまっていて、不器用なところもあるなっていう印象ですかね。

■そんな司を演じるにあたり、意識したことはありますか?

草川 話が進んでいくにつれて、より人間味を出せたらなと思ってやらせていただきました。

■「13頭身」という設定についてはいかがですか?

草川 そこだけはちょっとごめんなさいなんですけど(笑)。原作ファンの方は「全然足らないじゃん」って思っているかもしれないですけど、そこは本当にごめんなさいって感じですね(笑)。



■以前取材させていただいた「サブスク不倫」では挑戦的な作品、役柄だったとお話されていましたが、今回もあまり聞きなれない「ビジネス婚」をテーマにしたドラマです。キャストコメントで「新たなチャレンジになる作品」とお話しされていましたが、今作では具体的にどういうところがチャレンジだったのか、お伺いできますか?

草川 まさに前回の「サブスク不倫」と同じく現実にはなさそうなテーマだったというのと、原作を読まれた方はわかると思うんですけど、今回ラブシーン的なものが多いんです。僕も初めての挑戦だったので、そう表現させていただきました。

■「サブスク不倫」の際は、役にあまり共感ができず苦労したというお話もありましたが、今回はいかがでしたか?

草川 (共感)できる部分はありましたね。「言いたくても言えない、 言えばいいのに!」っていうもどかしさは部分的にはありますけど、全体を通しては共感するところがありました。

■ちなみに、拓弥くんと司との間に共通点はありますか?

草川 人とかモノに対して嫉妬するとかは僕もありますね。そういう嫉妬心みたいなものは共通していると思います。

■具体的にどんなことで嫉妬するのでしょうか。

草川 仕事に対してもそうだし、司が持つ人に言うのは恥ずかしい部分みたいなものは、すごい共感できたなと思います。

僕がもうちょっと身長あればと思って。



■今回の司役は、みんなからどんな反響がありそうでしょうか。

草川 司はすごくかっこいい部分も可愛い部分も併せ持っている人だと思うから、わりとキュンキュンしてくれると思いますよ。

■司を演じる拓弥くんのどういうところに注目してドラマを観てほしいですか?

草川 伝えたいんだけど、なかなか言語化するのが難しいな。でも、言えるのはわりと原作に忠実です。
でもあんなにスタイルはよくないですけどね(笑)。

■いやいやいや。「顔小さい」とか言われますもんね?

草川 割と「顔小さい」とは言ってもらえるけど、あんなスタイル……(笑)。

■13頭身はそもそも現実世界にあまり存在しなさそうです。

草川 ですよね(笑)。

僕、原作を読んでるときに司と雅の身長差が可愛かったなと思っていたんです。僕はそこまで身長高くないですし、菅井さんはきっと女性のなかでは身長がある方だから、身長差があんまりないんですよ。そこがもうちょっとあればな〜っていう。僕がもうちょっと身長あればと思って。

みんなが「キャー!」って喜んでくれるんだったら自覚を持ってやるべきだなとも思うから、やりますよ(笑)。



■本作は絶対に相手を好きになってはいけない“ビジネス婚”をテーマにしたストーリーですが、ドラマの情報が初解禁された際には「これは司のこと好きになっちゃう」といったコメントがたくさん届いていました。拓弥くんは司を演じたり脚本を読んだりするうえで「これは司のこと好きになっちゃうよね」と思ったシーンはありますか?

草川 ナチュラルに自己肯定感が高いし、自分に自信があるので、雅のことをもてあそぶような、ちょっと Sっぽい感じがあるんです。そこはキュンキュンするし惚れそうになるけど、それだけではまだ100%の好きまでいかないと思うんです。

でも僕も読んでいて「好きになっちゃうよ」って思ったのが、後半にいくにつれて出てくるちょっと人間味があるような部分。嫉妬だったりとか、「なんで名前で呼んでくれないの」とか、ちょっと可愛い部分。「そういうこと言うんだ!」って、惚れちゃうなって思います。

■拓弥くんご自身は、恋愛に限らず、人を翻弄するタイプですか?

草川 いや、全然そんな人じゃないと思いますけどね。僕は相手を気遣って、相手のこと考えて行動したいタイプです(笑)。

■司は「あざとい」部分があるのかなと思うのですが、拓弥くんご自身は「あざとい」と言われることはありますか?

草川 あざといとは言われないけど、「自分がかっこいい・可愛いと思ってやってそう」とかって言われたりします…(笑)

「可愛い」はもう、やっぱりここまで言われると、 そういう部分を自分は持ち合わせてるのかなって思っちゃうし、それでみんなが「キャー!」って喜んでくれるんだったら自覚を持ってやるべきだなとも思うから、やりますよ!(笑)

雅はすごく可愛いなと思いますね。



■佐山雅(演・菅井友香)と司のビジネス婚という選択についてはどう思われますか?

草川 二人が納得する形でそうなっているし、二人が良かったらいいんですけど。「まあうまくいかないだろうな」と思う部分もやっぱりあったので、 そこの描き方が今回は面白いんじゃないかなと思います。

■男女の友情にも同じことが言えますが、元々はビジネスであっても徐々に好きな気持ちが芽生えてくるかもしれない……。そういった気持ちや関係性の変化は理解できますか?

草川 できます。この作品に限らず、人はそういう性質なんだなって、たぶんどういう形になっても変わらないんだなって再認識したというか。生きてくうえで大事なことだなって分かった感じですね。

■拓弥くんから見た、バリキャリ女子・雅の魅力を教えていただきたいです。

草川 雅を演じる菅井さんもそうだし、原作ももちろんそうだし、とにかく可愛らしいですよね。明るくて、何を言われても「はい!やります」精神で、常にポジティブというか。周りを明るくできるタイプなんだなっていうのは台本を読んでいても思いましたし。菅井さんもそれを彼女なりに表現されているので、雅はすごく可愛いなと思いますね。

■そんな菅井友香さんは今回が初共演でしたよね。どんな印象でしたか?

草川 元々グループで活動されていたというのはもちろん知っていましたし、 大きく括ったら近しい環境で育ってきているなと。

彼女は現場では常にいつもニコニコしているし、僕だったらできないなっていうぐらい明るくしてらっしゃるので、おかげで僕もすごくやりやすかったです。

コミュニケーションも取るようにしてくれて、 僕がツアーを並行しているからといろんな気遣いとかをしてくださったりもしていましたし、素敵な方だなって印象です。

リョウガにはよく『進撃の巨人』のエレンみたいな体だって言われます。



■台本を読ませていただくと、 “腹筋”や“上裸”といったワードが出てくるなど、今までにないシーンが目立っていたように思います。超特急では”筋肉担当”ということで、体作りなど事前に準備したことはありますか?

草川 さすがにやりましたね。僕は筋肉担当をずっとやらせてもらっていますけど、今はそんな言えるほどではないので、最近はずっと逃げてきたんです(笑)。でも上脱ぐので、さすがになと思って、ちょっとやりました(笑)。

■脱ぐシーンが多いということで、自信のあるパーツや「ここの筋肉見てほしい!」という部分があれば教えてください。

草川 腹筋は綺麗だと思います。この作品に向けてトレーニングをやっていた期間はあったんですけど、それより前は全くやってなかったんです。でもなぜか綺麗に割れているんですよね。何もしなくても。それはありがたいなと思っています。

■例えるならどんな腹筋?

草川 「超特急」のメンバーのリョウガ(船津稜雅)にはよく『進撃の巨人』のエレンみたいな体だって言われます。

■これからライブで露出が増える可能性も……?

草川 いや、それは全然ないです。あはははは(笑)。そんなキャラじゃないです(笑)。

リョウガとかユーキとか絶対観ないもん。僕は観てほしくない派です。



■リョウガくんからは『進撃の巨人』のエレンみたいな体と言われるとのことでしたが、他の「超特急」のメンバーはどんな感想をくれると予想しますか?

草川 タカシ(松尾太陽)は、(ドラマを)観れないんじゃないかな(笑)。

■それはどういう意味ですか(笑)?

草川 僕のことすごく好きだって言ってくれているじゃないですか(笑)。それはすごく嬉しいんですけど。
彼あんまり僕に作品のこととか言わないんですよ。でもきっと優しいから実は観てくれているようなタイプだと思うんです。だから今回もしれっと観てくれてるんだろうなと思っていますけど、(内容的に)多分観れない気がしますね(笑)。タカシには刺激が強すぎるから「大丈夫かな〜?」と思います(笑)。

■タカシくんはもう拓弥くんのファン目線ですね(笑)。

草川 そうそう!ファン目線でいてくれるからこそ「観れるかな?」って思う(笑)。



■「エレンみたいな体」的な感想をくれそうなメンバーはいませんか?

草川 いやでも他に(ドラマを)観る人がいないもん。彼らは観ない。リョウガとかユーキ(村田祐基)とか絶対観ないもん。カイ(小笠原海)は観てくれるのかな、ものによって……わかんないけど(笑)。

■普段からあまりお互いの作品を観ることはないですか?

草川 僕もですけど、観ないですね。僕自身が観ないので、人のこと偉そうに言えないんですけど(笑)。もちろん興味がないとかじゃなくて……なんでしょうね。

■恥ずかしさがあるのでしょうか。今回のようなラブストーリーだととくに恥ずかしさを感じてしまいそうです。

草川 うん。恥ずかしさはありますね、だから僕はメンバーには観てほしくない派ですね(笑)。

シンプルにお家で腕立てとか腹筋、背筋とか、 あとはけんすいとか



■年明けにEmo!miuにいただいたリョウガくんとのあけおめメッセージ動画では「計画的な筋トレ」が目標とおっしゃっていました。今回はまさしく鍛えた体を披露できる作品となりましたね。

草川 そうだ、確かに!

■その際は素敵なメッセージありがとうございました。あの動画でのリョウガくんは拓弥くんの腹筋をエレンではなく「カブトムシの裏柄」と表現されていましたね(笑)。

草川 はい(笑)。その表現、言われる言われる(笑)。リョウガに言われる。

大体は板チョコとかが多いけど、彼独特だから覚えているんですよ(笑)。

■ちなみに、今回は具体的にどんな筋トレをされましたか?

草川 別にジムに通うとかまではやってなくて、シンプルにお家で腕立てとか腹筋、背筋とか、 あとはけんすいとかぐらいしかやってないです。

■それでもしっかり身体が仕上がるのがすごいです。

草川 たぶん、元々(筋肉が)つきやすいんですかね。あとはちょっとやったらついた気になるじゃないですか、人間って(笑)。

結婚しても恋人のような関係は憧れるし素敵だなと思います。



■拓弥くんご自身が結婚相手に求める条件は?

草川 僕は料理ができないので、料理を作ってくれればいいなって思っています。

■「これを作ってくれたら簡単に落ちる」というメニューはありますか?

草川 落ちる(笑)!?

■(笑)。胃袋を掴まれてしまうお料理があればぜひ教えていただきたいです。

草川 僕はパッと思い浮かぶ一番好きなものが麺類なので、あまり家で作るようなイメージがないじゃないですか。

■確かに。家で食べる麺類といえばパスタとか……。

草川 はい。僕も昔から母親がパスタとかは作ってくれるけど、うどんとかってとくに体調を壊したときに「消化しやすいから」っていう理由で作ってもらっていたり。でも、麺類となるとやっぱり外食になっちゃうイメージ。
そうなってくると本当になんでもよくて……。しいたけがなければなんでも(笑)。



■しいたけが苦手なんですね(笑)。内面的な部分ではどんな方が好みですか?

草川 ラーメン?

■ラーメンじゃなくて、内面です(笑)。こういう性格の人が好きなどがあれば教えてください。

草川 あっ、内面(笑)。すみません、今食べ物の話しちゃったからラーメンだと思っちゃった(笑)。

難しいな〜。やっぱり他人ですから、絶対価値観とかいろんな考え方が違うとは思うので、コミュニケーションをしっかり取れる人、話し合いができる人がいいと思います。それができれば、性格は全然真逆でもいいです。

■拓弥くんが考える「理想の結婚生活」はありますか?
たとえば、司にとっては恋愛感情抜きのビジネス婚が理想の結婚生活でした。拓弥くんはいかがですか?


草川 僕は逆ですね。ちゃんと信頼と愛をお互いが持って成り立っていないと嫌。

仮に将来結婚して子供ができたとしても、子供だけじゃなくて奥さんに対しても愛があるというか、結婚しても恋人のような関係は憧れるし素敵だなと思います。

■結婚しても恋人のような関係性でいたいということなんですね。

草川 はい!

視聴者に嫌われるような役とかやってみたいんですよ。



■“ハイスペック社長” 司を演じられたということで、拓弥くんご自身の誰にも負けない“ハイスペック”な部分は?

草川 合っているかわからないですけど、いつもハイスペックなものを買います。

僕、ガジェットとか好きなんですよ。特にApple製品が好きで、新しく買い求めようってなった時はハイスペックで一番いいやつを求めちゃうところはありますね。

なにかに手を出すとか、なんか買おうってなった時はとりあえず一番いいもの買っておこう精神の人間なんです。「別にこの機能いらないから一個下のスペックでもいいよね」とかじゃなくて、結果一番いいのを買えば後悔がないじゃないですか。下のやつを買って「やっぱりハイスペックなものが欲しかった」ってなると後悔するけど、こっちは下のスペックにあるものも含めて全部入ってるから……っていうところかな。

答えになってます(笑)?

■“ハイスペック”なものを求める拓弥くんの“ハイスペック”なところもお聞きできると嬉しいです(笑)。「ここは負けたくない」というところや「ここはハイスペックを目指している」というところでも。

草川 やっぱり答えになってなかった(笑)。
細かくは違うけど、僕、ざっくり見たらスーツを着ている役が多いじゃないですか。
だから、これからそうなりたいっていう気持ちも踏まえて、芝居や役の幅みたいなもの、あとはそこに対してのどん欲な気持ちとかは負けたくないなと思います。



■今までにもいろんな役に幅広く挑戦されていると思いますが、今後はどんな役に挑戦したいですか?

草川 とりあえずスーツを着ない役。視聴者に嫌われるような役とかやってみたいんですよ。
あまりにも役と混在しちゃったらあれだけど、でも「毎話観るのが嫌になるけど、気になっちゃうから観ます」ぐらいの嫌われる役とかやりたいです。

■確かに、今までも、嫌われ役?かと思いきや実はいい人なパターンが多いイメージがあります。

草川 そうなんです。だから入りで「ん?」ってなっても、結果華やかに終わるパターンの役が多かったから。そうじゃなくて、(話を)かき乱しちゃうような役でもいいですし。

■今後、30歳に向けて拓弥くんの役の幅も広がっていくといいですね。

草川 はい。いろんな役に挑戦していきたいです。

あなたがやっている仕事も「華やかで素敵だよ」って伝えたい。



■本作はバリキャリ女子が主人公ということで、仕事を頑張っている女の子たちに拓弥くんなりのエールをお願いします!

草川 みんながみんなそうは思ってないかもしれないし、思ってない方からしたら失礼になってしまうのかもしれないけど、僕を応援してくれている人たちはきっと学校とか仕事とかそれぞれ頑張っていて。で、僕は表に立っているじゃないですか。だから僕の仕事が華やかに見えることもあると思うんですよね。でも、あなたの仕事も全部華やかなんだよっていうのを伝えたいなって思います。

僕のやっている仕事が表に立つ仕事だから「華やかで素敵だな」みたいに思われると思うんですけど、どんな仕事でも、あなたがやっている仕事も「華やかで素敵だよ」って伝えたい。

どの仕事も学校も「自分が将来こうなりたいから今やっている」のかもしれないけど、その過程の仕事もきっと誰かのためになっているし、すごく華やかなんだよっていうのを伝えてあげたいです。

■最後に、作品の見どころを含めメッセージをお願いします。

草川 きっとファンのみんなは、毎週雅と同じ気持ちになれると思うので、自分を雅に当てはめて楽しいキュンキュン生活を送ってほしいです。もちろんキュンキュンシーンもあるけど、「好きになったら離婚」っていう面白い設定があるが故のお互いの気持ちや、いろんな面白いお話が出てくるので、そこも楽しみに観てほしいなと思います。

■たくさんの素敵なお話をありがとうございました!





【Message Movie】
coming soon…


【Making Movie】
coming soon…



★草川拓弥 直筆サイン入りチェキを<1名様>にプレゼント★





\草川拓弥 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<1名様>に豪華プレゼント♡




応募締切:2024年7月29日(月)


<応募条件>
Emo!miu公式X(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRP!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※X&Instagram両方からの応募もOK!!



[X応募方法]

① Emo!miu公式X(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼント投稿をRPする。

③ インタビュー投稿をRPする。


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。


―PROFILE―




草川拓弥
1994年11月24日生まれ。東京都出身。

メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のメンバーとしても活躍中。
主な出演作品は、ドラマ『家売るオンナの逆襲』『美食探偵 明智五郎』『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています~』『クロステイル ~探偵教室~』『デブとラブと過ちと!』『サブスク不倫』『SHUT UP』『愛してるって、言いたい』、映画『兄に愛されすぎて困ってます』 『どすこい!すけひら』『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』などがある。
さらに、ドラマ『みなと商事コインランドリー』『みなと商事コインランドリー2』で主演をつとめるなど、近年数々の話題作に出演し注目を浴びている、人気急上昇中の俳優の一人。

[Instagram] @takunicochanman
[X] @takunico_staff

ヘアメイク:カスヤ ユウスケ、スタイリスト:SACHICO
<衣装クレジット>ジャケット、T シャツ、パンツ、ローファー/Losguapos For Stylist
問い合わせ先 東京都渋谷区道玄坂 1-17-9 ヴェラハイツ道玄坂 201 03-6427-8654


―INFORMATION―



MBSドラマフィル「ビジネス婚―好きになったら離婚します―」
MBSドラマフィル枠にて放送中
キャスト:菅井友香、草川拓弥、井上想良、岡本夏美/ 水崎綾女
原作:『ビジネス婚―好きになったら離婚します―』
監督:棚澤孝義、相羽めぐみ、三國陽平、尾本克宏
脚本:髙橋幹子、石上加奈子、桐乃さち

©「ビジネス婚」製作委員会・MBS

新着ニュース

Present

more