【長野凌大インタビュー】律子姿にげんじぶメンバーもメロメロ!? 「ターニングポイントにさせるべきだって、やるしかない!って、メラメラでした」心揺さぶられまくった撮影秘話。<ドラマ「シークレット同盟」>



読売テレビ・ドラマ DiVE枠にて放送中の連続ドラマ【シークレット同盟】。

韓国やアメリカなどで若者たちを中心にSNSで広まり人気を博している韓国発の衝撃的な人気コミックを実写ドラマ化した本作は、男性恐怖症の悩みを抱えるイケメン女子・詩杏(主演・松井愛莉)、彼女に急接近する容姿端麗で狂気のストーカー・律子(長野凌大)、詩杏がバイトするカフェの料理長で絶世のプレイボーイ・蓮見(長妻怜央)。それぞれ“ワケアリ”な秘密を抱えた3人が繰り広げる歪な三角ロマンスとなっている。

そんな話題作で、毎話その美貌で視聴者に衝撃をあたえ続けている律子役の【長野凌大(原因は自分にある。)】のインタビューをお届け。

初のメインキャストで、初の女装役、初めて尽くしだった本作への想いや撮影秘話、主題歌について、ドラマタイトルにかけて“シークレットにしたいこと”についてなどたっぷり答えていただきました。

※ドラマ撮影期間中に取材したインタビュー記事です。



長野凌大として一個のターニングポイントにさせるべき



■まず出演が決まったときと、台本を読んだときの感想を。

長野 まずマネージャーさんから「ドラマが決まったよ!」って、さらになんと「メインキャストだよ!」って言われて、初めてのことだったのですごく嬉しかったです。

そこから台本をいただいて読んでみたら、男の子の名前じゃなくて役名が“律子”って書いてあって。あれ?僕この役で合ってるよね?ってなって(笑)。さらに台本を読み進めていくと、女装?って、すごく驚きました。でもこういうのも一種の挑戦じゃないですけど、自分の中で何かが変わる出会いなんじゃないかなって。役者としてもそうですし、長野凌大として一個のターニングポイントにさせるべきだって、やるしかない!って、メラメラでしたね(笑)。

■役のビジュアルがでたときにEmo!miuでも記事を出させていただいたんですけど、最初どこに長野くんがいるかわからなくて(笑)。

長野 みんな言ってくださるんですよ(笑)。

■本当に数分探しました(笑)。女装姿に全く違和感を感じさせないってすごいですよね。

長野 いやいや、スタッフさんのおかげですよ。

■もちろんそれもあるとは思うんですけど、ポテンシャルがないとこんなにかわいくはなれないのでは。

長野 嬉しいです、そう言っていただけて(照笑)
なんでなんでしょうね。肩幅狭いからかな(笑)。最初衣装合わせのとき、デザイン的にレディースの洋服着れるかなって思っていたんですけど、すんなり入って(笑)。そこは安心しました(笑)。

「僕だったら彼女にできるわ」メンバーも律子にメロメロ!?



■着こなしも素敵でした。ちなみにご自身で律子になった姿を見たときいかがでしたか?

長野 初めて律子のメイクをしたときはすっごく不安だったんですよ。まずカラコンを入れるんですけど、大きすぎて少し痛くて、これを毎日できるかなって不安に思ったり。
メイク中なので、前髪を挙げた状態でピッてカラコンを入れるから、見た目も違和感があったんですけど、最後カツラをかぶった姿を見てみたら、「意外とかわいいかも」ってちょっと思っちゃって(笑)。
でも期待しすぎだなって思いながら、いざみんなの前に行ったら、スタッフさんもみんな「かわいい~(拍手)」みたいな(笑)。
それですごい安心しましたね。よかったって。

■長野くんしか演じられないんじゃないかなって思うくらいかわいかったです。

長野 そんなにですか!?嬉しいです!

■原作を知っていたので、よりびっくりしました。

長野 げんじぶの大倉(空人)もウェブ漫画が好きみたいで、「シークレット同盟に出る」って伝えたら、「知ってるー!どの役?」って聞かれて、「律子」って答えたらびっくりしていました(笑)。

■ほかにもげんじぶメンバーは律子のビジュアルを見て、どんな言葉をかけてくれましたか?

長野 みんなから「見せて」って言われて、みんなかわいいって言ってくれました。
「僕だったら彼女にできるわ」って言ってくれるから、「もういいよ(笑)」って返してました(笑)。

想像の500倍くらいみなさんが優しかった



■(笑)。律子姿にメンバーもメロメロだったんですね。
台本を読んだときに律子を演じると知って驚かれたとのことですが、最初は不安もありましたか?


長野 もう不安どころじゃなかったです。律子役じゃなかったとしても、僕、極度の人見知りじゃないですか。それでまず第一段階目の心配がきて。さらに初のメインキャストで第二段階の心配がきまして。律子を演じるということで第三段階っていう、とにかくすっごい不安でした。
もう眠れなくて。明日メイク合わせだ、衣装合わせだ、この方々とお会いするんだって思うと、緊張して眠れなかったです。でも想像の500倍くらいみなさんが優しくて、僕が思っているほど怖くないんだなって安心しました。

■怖いイメージを持たれていたんですか?

長野 怒られたりするのかなって。そういうことを沢山考えちゃって、無理かもしれないって思っていたんですけど、ずっとかわいいと言ってもらえて(笑)。あれ、僕かわいいんだって(笑)。
移動のエレベーターでも「かわいかったですね~」「ありがとうございます」ってやり取りがあったり。
キャストのみなさんに会ったときは、テレビの中の方々だって、本物だって思いました(笑)。

■そういう感覚なんですね。

長野 はい。僕そういう感覚になることが多くて(笑)。
EBiDANの先輩方にも、「あ、本物がいる」って最初思っていました(笑)。
「シークレット同盟」のみなさんは、素敵なお兄さんお姉さんみたいな感じで、いい意味で対等に接してくれてすごい嬉しいです。

香りを女性らしくしたいと思って香水を変えました。



■かわいいって言われるとどうですか?

長野 安心。かわいくなかったらまず企画倒れになっちゃうから(笑)。

■たしかに、容姿端麗なって説明ですもんね。

長野 最初“容姿端麗”と読んだときに、ドキッとしました(笑)。だからなおさらみなさんからかわいいって言われてよかったって一安心しました。
だけど、そのあと、よく考えたら、これ動きあるな。声とか大丈夫かなって。そこが次に心配要素できましたね。

■そうですよね。一応女の子を装わないといけないから。

長野 そう。誰にもバレてはいけない(笑)。

■そうですよね(笑)。

長野 なので、そこは演じる上ですごく意識していて。
目線、仕草まで気をつけないといけないので、女性の動きを研究するようになりました。街ゆく人だったり、こういうとき女性ってどうするんですか?ってスタッフさんに聞くようにしたり。
あと、香りを女性らしくしたいと思って香水を変えました。
他にも女子力をあげるために寝る前にハンドクリームを塗ったり、爪をのばしてみたり。そういうところで、できる限り女の子として生きてみるっていうことをしましたね。

新着ニュース

Present

more