Search

京都水族館、約1,500匹のミズクラゲが漂う360度パノラマ水槽「GURURI」登場



新展示エリア(イメージ)

京都水族館は、現在大規模リニューアル中。新たにクラゲ展示エリアが加わり、2020年4月29日(水・祝)にオープンする。

その名も「クラゲワンダー」エリアが誕生!

本リニューアルでは、広さ約350㎡、全長約40メートルのクラゲエリアが誕生。「クラゲワンダー」ではアカクラゲやパシフィックシーネットルなど西日本最多となる約20種、5,000匹のクラゲを展示。



ミズクラゲが姿を変化させて成長する過程を展示する約10個の水槽から始まり、直径約6.5メートル、約1,500匹のミズクラゲが漂う360度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」へ続く。



パノラマ水槽では、アーチ状の入り口を潜り抜けると360度水槽に囲まれたミズクラゲの空間を体験することができる。



水中に浮遊するクラゲ、水底に沈んで生活するクラゲ、毒をもつクラゲなど、形や色が特徴的な約20種5,000匹のクラゲを生態に合わせた水槽で展示。



また、飼育スタッフが日々行っているクラゲの繁殖や研究のようすを来場者が間近で観察できる「京都クラゲ研究部」を開設。



普段じっくり見ることができないバックヤードでの飼育のようすを、飼育スタッフとの会話を通じて楽しむことができる。そのほか、体験プログラムなども予定している。

■詳細
【京都水族館 新展示エリア「クラゲワンダー」】
オープン日:2020年4月29日(水・祝)
展示種一覧:アカクラゲ、アマクサクラゲ、エダアシクラゲ、エダクダクラゲ、エボシクラゲ、オワンクラゲ、カギノテクラゲ、カブトクラゲ、ギヤマンクラゲ、キタミズクラゲ、キタユウレイクラゲ、コブエイレネクラゲ、コモチカギノテクラゲ、サカサクラゲ、サムクラゲ、サルシアクラゲ、シロクラゲ、タコクラゲ、パシフィックシーネットル、ミズクラゲ
住所:京都市下京区観喜寺町 35-1(梅小路公園内)
営業時間:10:00〜18:00
※入場受付は閉館の1時間前まで。
※2020年4月1日より、営業時間は9:30~18:00に変更。
※気象状況および貸切営業等により営業時間を変更する場合あり。
休館日:なし(年中無休)
一般料金:大人 2,050円(1,850円)、大学・高校生 1,550円(1,400円)、中・小学生 1,000円(900円)、幼児(3歳以上) 600円(540円)
■4/29~以降は、下記の料金へ改定。
一般料金:大人 2,200円(2,000円)、大学生 1,550円(1,400円)、高校生 1,700円(1,500円)、中・小学生 1,100円(1,000円)、幼児(3歳以上) 700円(600円)

新着ニュース

Present

more