無料メンバー登録

【窪塚愛流×宇佐卓真インタビュー】好きな人に別れを告げるなんてきっとできない。2人が心惹かれた“少女”とは?<映画『少女は卒業しない』>



青春小説の名手、直木賞作家の朝井リョウの小説『少女は卒業しない』が待望の映画化!

卒業式まで残すところ2日となった少女4人たちがそれぞれ秘めた想いを形にしていくストーリーで、卒業を控えたリアルな学生たちはもちろん、“卒業”を経験したことのある人なら全員“あの頃”の感情を呼び起こされてしまう青春恋愛映画。

2月23日(木・祝)から全国公開された、同作に出演している窪塚愛流くんと宇佐卓真くんがEmo!miuに登場。映画のことからプライベートなことまで語ってもらいました!

無敵の高校生になろう!と演じました。



■今作に出演されることが決まったときの心境を教えてください。

窪塚愛流 高校を卒業して間もくして撮影だったので、自分が卒業した思いを踏まえて演じました。台本を読ませていただいたとき、正直僕の役どころは難しいなと思い、どうやって演じることが正解なのかな?と思ったこともありましたが、無敵の高校生になろう!と演じました。すべての瞬間が尊くて、誰が観ても「あぁ青春だな」と思う作品に
なるよう、全力で楽しんもうと挑みました。

宇佐卓真 僕は成人してから初めて制服を着た撮影だったので、学生服を着られることが嬉しかったですね。



■同世代の出演者が多い作品でしたが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

窪塚 実は撮影現場ではほかのみなさんとの共演シーンがなく、宇佐さんのクランクアップの日に少しすれ違ったくらいでしたよね?

宇佐 そうだったよね。僕たちのクランクアップが卒業ライブのシーンだったんですけど、そこでチラッと。

窪塚 佐藤緋美さんが演じた森崎の歌を生で聞いてみたいと思ってこっそり忍び込んでいました(笑)。もちろん劇中のあのシーンには僕は映っていませんが、実はいたんです(笑)。

宇佐 僕の場合、たくさんの生徒役の方との撮影は多かったんですけど、思いっきり人見知りが出てしまって…(笑)。でも4人の女の子たちはすごくワチャワチャしていて、本当の学校みたいだなと思っていました。現場には使い捨てのフィルムカメラが大量に置いてあって、それを撮ったり。あ、映画の公式SNSにエモい写真がたくさん上がっているのでぜひチェックしてみてください!

前向きな気持ちはありつつも、切なさも感じさせる。



■今作はTHE青春なシーンがたくさんありましたが、心に残っているシーンはありますか?

宇佐 僕はやっぱり花火のシーンですかね。僕が演じた寺田は卒業後に東京に進学する彼女(小野莉奈演じる後藤)に別れを告げられているなか、学校の屋上で後藤と花火をするんです。そのシーンが印象的です。

■花火=夏というイメージがありましたが、卒業シーズンの花火もアリだなと思いました。

宇佐 そうですよね。花火って明るい、楽しいイメージだと思うんですけど、あのシーンの花火は前向きな気持ちはありつつも、100%幸せな明るい気持ちではない、切なさも感じさせるところにすごい魅力を感じましたね。



窪塚 僕はやっぱり調理室のシーンですね。昼休みの調理室にこっそり入って、彼女(河合優実演じるまなみ)が作るお弁当をふたりで食べるなんて、憧れですよね!駿はなんて幸せ者なんだろうと。あと、小宮山莉渚さんと佐藤緋美さん演じる神田と森崎が自転車で下校しているシーン、それにも憧れましたね。田舎道を自転車で二人乗りして……。実際、僕が住んでいるところで二人乗りなんてしたらすぐに怒られるし、あんなきれいな桜が咲いている通学路なんてないです!(笑)。

宇佐 (笑)。

好きな人に別れを告げるなんて。2人が心惹かれた少女




■翌日に卒業をひかえ、心の内にそれぞれの思いを秘めた4人の少女が葛藤し、打ち明けていく姿が描かれていく作品ですが、どの少女に心惹かれますか?

宇佐 僕はやっぱり後藤ですかね。相手役ということもあると思うんですけど、高校3年生で卒業を機に遠距離恋愛をせずに別れを決断しているんです。もし僕がこの立場だったら、こんな決断はできないだろうなと。この年代の恋愛ってどこかすがってしまったり、依存してしまったりすると思うんですよ。だから後藤の決断はすごいなと。

窪塚 僕も後藤の決断ってすごいなと思いました。実際の僕は独占欲というか、独り占めしたくなるタイプで、だから進路が理由とはいえ、好きな人に別れを告げるなんてきっとできない。少し違うのかもしれないですが、例えば自分が好きな曲があっても、世間に広まってほしくないからあまりみんなに言いたくないという感情があるタイプなんです、僕。



宇佐 なるほど(笑)。

窪塚 洋服も自分が好きなブランドをあまり知られたくはない……というか。でも結局、こういう場で話してしまうんですが(笑)。今、好きなブランドがあってって(笑)。

宇佐 結局は共有しているという(笑)。

窪塚 はい(笑)。

通学前、毎朝のヘアセットがモチベーション



■おふたりはどんな高校生でしたか?

窪塚 学校の校則では髪の毛のセットのやりすぎはダメだったんですが、毎朝頑張ってセットしていました。それが学校に行くモチベーションのひとつだったと言ってもいいくらい(笑)。僕、自分で言うのもなんですけど、ヘアセットには自信があったんです!

宇佐 毎朝やっていたの?

窪塚 毎朝、お風呂に入ってヘアセットをしていて……。両親にも「なんでそんなに?」と言われたくらい(笑)。高校3年生のときは自転車通学をしていたので、学校に着く頃にはぐちゃぐちゃになっちゃうんですよ。家を出るときは完璧なのに、学校に着く頃には崩れてしまうので(笑)。最後の方はワックスまでは家でやって、学校についてからスプレーで整えるという技を生み出しました(笑)。

一同 (笑)。




宇佐 僕は2年からはインターナショナルスクールに通っていたので高校生らしい高校生をしていたのは1年生まででした。インターナショナルスクールって、いわゆる日本の高校みたいな文化祭や運動会がないんですよね。似たようなイベントはあるんですけど、そういうイベントは出来なかったので羨ましいなと思っていました(笑)。実際の僕はちょっと中二病感があったというか(笑)。本を読んでいるような子でした。あ、ちゃんと友達はいましたよ!!

窪塚 (笑)。僕の高校時代もいわゆる文化祭とか運動会がなくて……。

宇佐 え!?

窪塚 コロナ禍真っ只中だったので……。運動会は短縮という形で少したのですが、ほかのイベントごとは出来ずに卒業になっちゃいました。

何気ない学校生活の一日一日にエモさを感じる



■今作は同年代の方がたくさん観てくれると思うのですが、リアルに卒業を控えた高校生に、“卒業”を経験したおふたりからアドバイスを送るとしたらどんなことを伝えたいですか?

窪塚 とにかく楽しむことを忘れないで!ということですね。多分まわりの大人から「高校生は今しかないよ」と言われる機会もあると思うんですよ。僕も何度も言われて、「分かってるよ」と正直聞き流していたんです(笑)。でも卒業してみて、やっとその意味がわかりました(笑)。

宇佐 そう!学生ならではの行事はもちろん青春ですけど、振り返ってみれば何気ない学校生活の一日一日にエモさを感じるし、青春だなと思います。



窪塚 当時、クラス替えで仲の良かった子たちと別コースになってしまったのですが、相変わらず仲が良かったので、特に同じクラスの子との仲を深めなくてもいいかなと思っていたんです。でも卒業してから、やっぱり仲良くなっておきべきだったなーと思いました。きっと仲良くなっていたらその分、楽しい思い出もたくさん作れただろうなって。せっかく同じ高校、同じクラスになったのなら、仲良くなっておくべきです!

宇佐 僕も友達は作っておくべき!だと思います。今作でも卒業間近で距離を縮めるシーンがあったんですけど、映画のなかは2日間。でも今、これを読んでいる方はきっと1ヶ月くらいありますよね?だから勇気を出して話しかけてみて欲しいなと。話したことがない友だちでも、話しかけてみたら意外な共通点があったり、おもしろい部分を知れたりすると思いますし。高校時代の友達って大人になってからも繋がっていることが多いので、友達の輪を広げてね、と伝えたいですね。

エモい瞬間



■Emo!miuという名前にかけて、エモいなと思った瞬間や出来事をお聞きしたいです。

宇佐 僕は『ポケモン』の主人公のサトシが引退をするというニュースを読んだときですね。アニメを観ていたし、ゲームも買ったりしていたので……。サトシが引退!?ってなりました。漫画やアニメって終わりがあるものだから、いつか必ず終わりがくると思って観ているんですけど、なぜか『ポケモンのサトシ』は僕のなかでは違くて(笑)。サトシは永遠だと思っていました(笑)。



窪塚 僕はエモいと聞いて思い浮かんだのは“制服ユニバ”ですね。大阪に住んでいたので、学校の帰りに制服のまま、友達とユニバに行くのが本当に楽しかったです。短縮授業の日とか、カバンの中にユニバでつけるカチューシャを入れて、友達と遊びに行っていました。

■制服ディズニーの経験は?

窪塚 憧れはありました!僕たちは修学旅行などに行けなかったので、友達と4人で計画をして卒業ディズニーに行ってきました。親たちも「卒業旅行がないのはさすがにかわいそうだから」とチケットを買ってくれて。でも僕だけ、制服のジャケットを持っていくのを忘れてしまい思い出の写真はすべて白セーターになってしまったんですよ。友達はみんなブレザー姿なのに……。そこが心残りです(笑)。

卒業したいこと。卒業したくないこと。



■『少女は卒業しない』というタイトルにかけて、おふたりが卒業したいこと、もしくは卒業したくないことはありますか?

宇佐 僕はやっぱり人見知りを卒業したいです(笑)。小さい頃はクラスの中でも率先して前に出るタイプだったのにいつの間にか人見知りな性格になっていて。高校2年生まで中高一貫校に通っていたので新しい出会いの場がほとんどなかったんです。だからなのかな?新しい人との出会いの場で人見知りになってしまって……そんな性格から卒業したいです。

窪塚 僕は“学ぶこと”を卒業したくないです。学校の勉強は本当に苦手だったのですが、生きていくるうえで、俳優としてなど、自分が理想に近づくためには“学ぶ”ことをやめちゃダメだと思っています。いろんなことを学び続けていきたいですね。

新しい未来へ歩き出すキッカケに。幅広い世代の方が楽しめる作品。



■では最後に、読者へメッセージをお願いします。

窪塚 『少女は卒業しない』という作品は今、なにかを抱えていたり悩んでいる方にとって新しい未来へ歩き出すための背中を押してくれる、そんな作品だと思います。この作品の舞台は学校ですが、人間誰しも卒業しなければいけないこととか、卒業したいことがあると思うんです。だからこの作品が観てくださった方々にとって、少しでもいい方向へ向かうキッカケになれたらうれしいです。

宇佐  “卒業”を通して、大人にはなりたくないという気持ちとは裏腹に大人になっていく、そんな高校生の気持ちや姿が込められた作品だと思います。中高生の方にはぜひ観てもらいたいですし、舞台は学校ですけど、ストーリーがしっかりとしていて面白いので幅広い世代の方に楽しんでいただける作品になっていると思います。“卒業”を経験している大人の方々もあの頃の懐かしさ、甘酸っぱさを感じられる作品になっていると思いますのでぜひ劇場でご覧ください!

■インタビュー以上になります。ありがとうございました!





★窪塚愛流×宇佐卓真サイン入りチェキを<2名様>にプレゼント★





\窪塚愛流×宇佐卓真 インタビュー記念/


直筆サイン入りチェキ

Emo!miu読者<2名様>に豪華プレゼント♡


応募締切:2023年3月31日(金)


<応募条件>
Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォロー&応募用投稿をRT!
OR
Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォロー&応募用投稿をいいね!
※Twitter&Instagram両方からの応募もOK!!



[Twitter応募方法]

① Emo!miu公式Twitter(@emo_miu)をフォローする。

② プレゼントツイートをRTする。

③ インタビューツイートをRTする。


[Instagram応募方法]
① Emo!miu公式Instagram(@emomiu.jp)をフォローする。
@emomiu.jp をフォローする
②応募用投稿をいいねする。


ーPROFILEー



窪塚愛流
2003年10月3日生まれ。神奈川県出身。

2018年に豊田利晃監督の映画『泣き虫しょったんの奇跡』でスクリーンデビュー。2021年から本格的に俳優活動を開始、瑞々しくも躍動的な存在感を放ち、着実に出演作品を重ねている。その他の主な出演作は、『愛のゆくえ』(公開待機作品/宮嶋風花監督)、『麻希のいる世界』(22/塩田明彦監督)、「ネメシス」(NTV/21)、「あのときキスしておけば」(EX/21)、「この初恋はフィクションです」(TBS/21)、「ファイトソング」(TBS/22)、「神様のえこひいき」(Huluオリジナル/22)、「OTHELLO」(ABC/22)、「ばかやろうのキス」(NTV/22)、「差出人は、誰ですか?」(TBS/22)などがある。


宇佐卓真
2000年4月11日生まれ。福岡県出身。

幼少期より芸能活動を開始。18年より俳優として本格的に活動をスタート。同年にAbemaTVの人気リアリティーショー「オオカミくんには騙されない」に出演し脚光を浴びる。19年公開の映画『午前0時、キスしに来てよ』(新城毅彦監督)に出演して以降、映画・ドラマ・舞台・モデルなど幅広く活動している。その他の主な出演作は、『マンケン男子とケイオン女子』(21/益山貴司監督)、「鈍色の箱の中で」(EX/20)、「君の名前を好きって書いた」(Hulu/21)、「あざとくて何が悪いの?」番組内ドラマ(EX)、「仮面ライダーリバイス」ボン役(EX/22)、「連続ドラマW 鵜頭川村事件」(WOWOW/22)などがある。


―INFORMATION―
映画『少女は卒業しない』
全国公開中
出演:河合優実、小野莉奈、小宮山莉渚、中井友望、窪塚愛流、佐藤緋美、宇佐卓真/、藤原季節
監督・脚本:中川駿 原作:朝井リョウ『少女は卒業しない』(集英社文庫刊)
主題歌:みゆな「夢でも」(A.S.A.B)

[HP] http://shoujo-sotsugyo.com
[Twitter] @shoujo_sotsugyo
[Instagram] @shoujo_sotsugyo

© 朝井リョウ/集英社・2023 映画「少女は卒業しない」製作委員会

新着ニュース

Present

more